ようやく見えてきたFaceBookの面白さ

 こんにちは、新習慣クリエイターの多ぁ望です。

 みなさんは、すでにFaceBookを活用されているでしょうか。

 私も使っているんですが、なかなか奥が深いです。

 ツイッターは140文字だけのやり取り。とてもシンプルです。それでも使い始めたときは、戸惑いました。

「何が面白いんだろうか・・・。」

 こういう疑問は使い方を理解する前に生まれます。

 そして使い方を理解したとき、そんな疑問はどこかへ消えてしまいます。

 さて、FaceBookの方は・・・。

「中国、インド、FaceBook」

 と呼ばれるように、FaceBookのユーザーは世界で6億人に達すると言われています。

 そんなに面白いのでしょうか。これも先ほどと同様です。面白くなかったら6億人もユーザーを確保できないはず。

 そんな私もようやく面白さが見えてきました。

フォトリーNo.335
プラネット・グーグルプラネット・グーグル
(2008/09)
ランダル ストロス

商品詳細を見る

 この本にはGoogleとFaceBookの攻防が紹介されています。Googleになく、FaceBookにあったもの。

 その面白さとは、この新しい感覚にありました。

  • Scheme299:FaceBookの「いいね!」は情報の質を評価できる指標である。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス