Action for Japan から導かれたもの2

 こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。前回に続き、Action for Japanの2回目のレポートです。

 プログラムのない勉強会に引き寄せられた10名の有志が創りだしたストーリーからはいろんなアイデアが導き出されました。

  • Scheme291:小さなきっかけをひとりで見つける事は難しい。でも誰かと関わりを持つととても簡単になる。

  •  全脳思考チャートはストーリーを共有して、具体的なアクションを引き出すツールです。

     グループで実践すると、おなじストーリーを共有しても、そこから得られる気づきや、行動はそれぞれ特有のものになります。

     今回ファシリしてくれたキャンディが全体のストーリーを紹介してくれています。

  • Candy☆BOX:エコかっこいいをめざす!

  •  今日は、そのストーリーから私が得たものについて紹介したいと思います。

     久々にマインドマップにまとめてみました。当日描いたマインドマップや全脳思考チャートを振り返りながら、再度描き直してみると、いろいろ見えてきました。

    Action for Japanの行動モデル
    多ぁ望Map No.0210

     そう、ここから導かれたものはこれ。新たなコンセプト「チャンスを生み出す行動モデル」を紹介します。

  • Try325:誰かと関わりを持つという行動が、きっかけとチャンスをもたらす。チャンスを生み出す行動モデルを実践しよう。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス