ためしてガッテン!はプレゼンのお手本だ。

 プレゼンテーションではストーリーがとっても大切な要素となります。

 重要性、必要性、効果などをどれだけ訴えても、聞き手の感情に触れられない限り、プレゼンは成功できません。

 逆に、内容が不十分でも聞き手の感情に触れるストーリーがしっかりしていると、うまくいくものです。

 今日はそんなストーリーの重要性をこの番組を見ていて、気づきました。

  • NHK ためしてガッテン

  • Scheme205:聞き手が否定的な場合には、結論小出し型のストーリーが有効である。そうでない場合は結論先行型。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス