リンゲルマン効果と闘う宣言。

 昨日の話題につづき、「ひどい現実」について考えてみたいと思います。

  • Try277:現状に満足してしまう癖、変化を嫌う癖、改善点に目を向けない癖を直していこう。

  •  昨日の記事では「改善」という言葉を使って、そこに気づけない現実を紹介しました。

     今日はもう一つ言葉を分解してみたいと思います。

    改善と修繕

     どちらも善くするという漢字が含まれていますが、意味が違います。

    改善:現状の100%をさらによりよくする取り組み

    修繕:現状の100%が失われたときに、100%に戻す取り組み


     今日はこれに関連した心理学用語をひとつ紹介します。

  • Task122:リンゲルマン効果に打ち勝つ取り組みを行う。社会的手抜き効果に負けないアイデアを実践する。

  • テーマ: 仕事の現場 | ジャンル: ビジネス