エンビーじゃなくてジェラシーを。

 今日は久々に「アンガーマネジメント」のカテゴリに記事をひとつ追加します。

 「怒り」の感情は非常にエネルギーとして強いもので、それに振り回されると、自分もまわりも不幸にしてしまいます。

 そんなことにならないようにするテクニックが「アンガーマネジメント」です。

 今日はテクニックよりも「怒り」そのものが何なのか?という視点で解説してくれる本を紹介します。

 和田先生といえば、ビジネス書コーナーではタイムマネジメントとか思考法とか仕事術とかとか。最近では映画撮影にチャレンジしたり。幅広い活躍をしている方ですが、実は精神科医が本業なんですね。

 というわけで先生の専門分野の著作です。

フォトリーNo.206

「怒り」の正体「怒り」の正体
(2010/03/11)
和田 秀樹

商品詳細を見る


  • Scheme198:エンビーは相手を陥れる負の感情。ジェラシーは自分を奮い立たせる正の感情。

  • テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス