タイプ入力選手権!

 先日こんな記事を紹介しました。このタスク完了報告です。

 ブラインドタッチはひとつのビジネススキルです。その第一歩として、タイプ入力選手権を社内で開催してみました。

  • Task85:ブラインドタッチ力を身につけよう。NinjaTでタイプスピードを競う。 10.01.22

  •  実はこちらの記事で紹介したソフト”NinjaT”は使いませんでした。なぜなら、「漢字変換」が含まれていなかったから。

     今回、気づいたことがあります。私も学生時代にブラインドタッチの練習をしてきましたが、ほとんど英語を使っていました。だから

    abcdefghijklmnopqrstuvwxyz

     はめちゃめちゃ早かったんです。

     ところが・・・。日本語入力には「漢字変換」という難易度の高い技が必要です。

     というわけで、今回はこちらのソフト(Windows用のフリーソフト)を利用して「漢字変換」を含んだタイプ選手権を実施しました。

  • CROQUIS:シンプルで使いやすく、タッチタイプの基礎~ワープロ検定まであらゆるレベルの練習に対応

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス