真摯なマネジメントを実践しよう

 昨日のピーター・F・ドラッガー氏の「マネジメント」に関連してこの本を紹介します。

 3つの理由からお勧めします。まずこの表紙で、読み手の心をガシッとつかまれてしまいますが。

①ドラッガーの「マネジメント」の実践手引きである

②高校の野球部をテーマにした感動小説である

③ドラッガー通が進める一冊である


 ③については私のブログ仲間が絶賛しています。

ユアンさん:「【P・F・ドラッカー】専門家の通訳となる本」

ゴードンさん:「ドラッカー勉強会終了!」

KIMCOさん:「年越し読書:高校野球部とマネジメント・・・」

フォトリーNo.124
もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだらもし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
(2009/12/04)
岩崎 夏海

商品詳細を見る

 新しい年を新しい感動でスタートする。とっても良い読書体験ができました。
マジ号泣です。

 野球部というわかりやすい身近な組織でのマネジメントの実践例がストーリーに組み込まれているので、実践の手引き書として役立ちます。というわけで、私も自分の部署で取り入れていきたいと思います。

  • Task93:基本と原則に従ったマネジメント7ステップを実践する

  • Scheme135:完璧なマネジメントはない。成果を求めるプロセスそのものが真摯なマネジメントである。

  • テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス