最新コミットメント

原因と結果の法則は坂道上る型?

 今日も引き寄せの法則シリーズです。今回紹介する「原因と結果の法則」とは、100年前に書かれたジェームス・アレン氏の本です。

 本書を読むきっかけになったのは、私のフォトリー同期の友人が紹介していたこの記事でした。

  • 「フォトリーディングでワクワク読書」の体験記

  •  この本も「引き寄せの法則」と同じような考え方です。こちらが元祖といってもいいと思います。

     「結果」には必ず「原因」がある。例外はない。

    「人間は思いの主人であり、人格の制作者であり、環境と運命の設計者である」

     これを「引き寄せの法則」にあてはめてみると、

     望み=思い

     原因となる「思い」を改善しない限り、結果を変えることはできません。

     つまり、思考を気持ちよい「望み」にフォーカスすることが必要です。

     でも、ちょっと「引き寄せの法則」と異なる部分にも気づきました。

     きっと、「引き寄せの法則」を読むと、「そんなことあるわけない」とか受け入れられない人もいると思います。

     でも、こちらの本では、万人に受け入れられる考え方のような気がします。

     そこを書いていきたいと思います。

    フォトリーNo.58
    「原因」と「結果」の法則「原因」と「結果」の法則
    (2003/04)
    ジェームズ アレン

    商品詳細を見る

    続きを読む...


    theme : ビジネス書レビュー genre : ビジネス

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    08月 | 2009年09月 | 10月
    - - 1 2 3 4 5
    6 7 8 9 10 11 12
    13 14 15 16 17 18 19
    20 21 22 23 24 25 26
    27 28 29 30 - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)