原因と結果の法則は坂道上る型?

 今日も引き寄せの法則シリーズです。今回紹介する「原因と結果の法則」とは、100年前に書かれたジェームス・アレン氏の本です。

 本書を読むきっかけになったのは、私のフォトリー同期の友人が紹介していたこの記事でした。

  • 「フォトリーディングでワクワク読書」の体験記

  •  この本も「引き寄せの法則」と同じような考え方です。こちらが元祖といってもいいと思います。

     「結果」には必ず「原因」がある。例外はない。

    「人間は思いの主人であり、人格の制作者であり、環境と運命の設計者である」

     これを「引き寄せの法則」にあてはめてみると、

     望み=思い

     原因となる「思い」を改善しない限り、結果を変えることはできません。

     つまり、思考を気持ちよい「望み」にフォーカスすることが必要です。

     でも、ちょっと「引き寄せの法則」と異なる部分にも気づきました。

     きっと、「引き寄せの法則」を読むと、「そんなことあるわけない」とか受け入れられない人もいると思います。

     でも、こちらの本では、万人に受け入れられる考え方のような気がします。

     そこを書いていきたいと思います。

    フォトリーNo.58
    「原因」と「結果」の法則「原因」と「結果」の法則
    (2003/04)
    ジェームズ アレン

    商品詳細を見る

    テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス