人の感性を活用する全脳思考

 著者の神田正典さんが10年の経験とノウハウを集結したビジネス書。500Pにおよぶ本書には数多くのテクニック、フレームワーク、法則などが紹介されています。

 本書の中でも次のような観点から神田さんがたどり着いた「新たなフレームワーク」にフォーカスを当てています。

1.マーケティング
2.マネジメント
3.行動経済学
4.脳科学
5.NLP
6.結果思考
7.ストーリー構築


 一気に読むと、消化不良を起こしそうです。かみくだいて、私が消化できたポイントはこれ。

  • Scheme83:知識社会における成功は、物語から。
    曲線を含むストーリーが成功へと導く。

  •  神田さんが経営コンサルティングで活躍しながら、小説、脚本へ活躍の場を広げたきっかけがわかりました。
     従来の戦略フレームワークではたどりつけないレベルに向かうための「全脳思考モデル」。これが新たなフレームワークです。非常に突飛な印象もうけますが、興味深い考え方です。

     ひとは感動しないと、動かない生き物です。直線的な戦略では到達できるレベルに限界があります。そこに「物語」が含まれると、ブレークスルーが生まれる。

     そういえば、「成功者」の語りには、かならず困難を乗り越えたストーリーが存在しますよね。納得です。

    全脳思考全脳思考
    (2009/06/12)
    神田 昌典

    商品詳細を見る

    テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス