人脈構築はまずコントリビューションから

 こんにちは、新習慣クリエイターの多ぁ望です。最近はイベント続きだったため、ビジネス書の書評はひさびさになってしまいました。

 ということで、最近は本は読んでいるけど、アウトプットしてない状態が続いています。読書には3つのステップがあります。

STEP1:読む(インプット)
 フォトリーディングで読むと、一気にさらっと読むことができます。でもここで終えると、あっという間に記憶から消えていきます。

STEP2:マインドマップを描く(記憶の定着と思考の整理)
 読みながらマインドマップを描くのが一番効率が良いですが、なかなかできていません。気に入った本については、記憶に残しておくことも兼ねて後から描くようにしています。
 また、マインドマップを描きながら思考を整理するのもポイントです。描きながらいろんな気づきが出てきます。

STEP3:ブログに残す(アウトプット)
 そして3つ目がブログに書くこと。これはアウトプットとしての作業になりますが、私はアウトプットというよりも、気づいたことを記録しておくメモのような目的を兼ねています。そして記事には過去の内容を振り返って、関連したものを掘り起こすようにしています。そうすると、

「あ、そういえばこんなこと考えていたな。」

 というようなフィードバックがかかってきます。

 さて、今日紹介したい本は本田直之さんのレバレッジシリーズです。この本は書店の駐車場を利用したときに、駐車料金割引を利用したいという不純な動機で、さくっと選んで買ったものです。買ってから1ヶ月以上経っていましたが、読んでみると、とっても気に入りました。
 レバレッジシリーズの中でも一番のお気に入りです。

フォトリーNo.47
レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術レバレッジ・シンキング 無限大の成果を生み出す4つの自己投資術
(2007/06/29)
本田 直之

商品詳細を見る

テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス