仕事効率化の目的は?

 今年も梅雨があけましたね。爽快な青空とともに、一気に夏がやってきた感じがします。
 「仕事の効率化」について、自分だけでなく、周りのメンバーも含めて小さな改善を続けて1年が経ちました。
 今日紹介する本は、以前紹介した「知的生産力が劇的に高まる最強フレームワーク100」の永田豊志さんの新刊です。

  • Try167:SCAMPERの質問で、アイデアをスパイラルアップしよう。アイデアはひとりで出すよりも、チームで創出!

  •  このブログも8月で、一年になります。アウトプットを続けてきて、初めて「献本」という経験をさせていただきました。読書に対する新たな選択支ですね。大変光栄です。ソフトバンククリエイティブ様、ありがとうございました。

     前作ではフレームワーク100という名の通り、100個のビジネスで有効なフレームワークを見開きで解説したリファレンス本といった構成でした。
     今回は、「アイデア創出」にテーマを絞ったフレームワークに加えて、豊富なエピソード、豊富な書籍紹介を交えて、とても楽しい内容となっています。本書からたくさんの読みたい本に出会うことができました。

    フォトリーNo.36
    革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55革新的なアイデアがザクザク生まれる発想フレームワーク55
    (2009/06/27)
    永田 豊志

    商品詳細を見る

    テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス