質問会議はコーチングの発展型だった

 先日紹介した「質問会議」ですが、コーチングのレポートを書いてから、気づいたことがあります。
 それは、「質問会議」の仕組みはコーチングの技術によって構築されたものであることに気づきました。その技術とは「オートクライン」です。
 コーチングにおける「オートクライン」とは、他人に質問されて、自分で答える。他問自答によって答える自分の言葉からどんどん新たな考えが生まれてくることでした。
 そして、質問会議では、他問自答から発展して、チーム問チーム答を実現する仕組みです。つまり、会議の参加者全員が「オートクライン」効果を得て、チームが動き出すということなのです。
 過去の書籍をひもといてみると、コーチング技術に関連した内容がいろいろ紹介されていることに気づきました。次にいくつか紹介したいと思います。

質問会議 なぜ質問だけの会議で生産性が上がるのか?質問会議 なぜ質問だけの会議で生産性が上がるのか?
(2008/09/20)
清宮 普美代

商品詳細を見る

テーマ: ビジネスブログ | ジャンル: ビジネス

ペーシングに気を配ろう

 「ペーシング」とは、コーチングで学んだテクニックのひとです。円滑なコミュニケーションを実現するためには、相手のペースに合わせる必要があります。
 ペースといっても、会話のテンポだけではありません。表情、態度、声のトーンなど、言葉だけでないノン・バーバルな要素も多く含まれます。

 さて、今日この話題を取り上げたのには理由があります。私の大きな課題を見つけてしまいました。というか、気づかされました。それが「ペーシング」です。
 私はCSIタイプではコントローラーです。私の上司も同じくコントローラー。そして同僚のサポーターとこの3名で会話をするとこうなります。

テーマ: ビジネスブログ | ジャンル: ビジネス