最新コミットメント

プロのスピーチに学ぶ「間」

 先日、この本を紹介しました。そこで紹介してなかった3Sを重視せよという内容を説明します。

 Simple(シンプルな内容)
 Speed(適切なスピード感)
 Self confidence(自信をもったスピーチ)


 この3要素が良いスピーチを決めるとありました。特にスピード感は聞き手にとってかなり気になる要素だということがわかりました。早口ではなく、聴衆が感じるスピード、理解するスピード。

 さて、今日は後輩の結婚式に呼ばれて華やかな式、盛大な披露宴を楽しませてもらいました。教会の神父さん、披露宴のプロの司会者のスピーチから学ぶべきテクニックを紹介したいと思います。

仕事でそのまま使える実践CD付き 研修女王の最強3分スピーチ―アガリ癖、話しベタは、必ず治る!仕事でそのまま使える実践CD付き 研修女王の最強3分スピーチ―アガリ癖、話しベタは、必ず治る!
(2008/01/19)
大串 亜由美

商品詳細を見る

続きを読む...


theme : 自己啓発 genre : ビジネス

「対話の効用を再認識せよ」

 昨日に引き続き「コミュニケーション」の話題です。メールに代表されるテキスト・コミュニケーションでは、「相手の表情、ニュアンスが伝わらない」というデメリットがあって、それによってトラブルになるケースを紹介しました。
 やはり顔を直接合わせるダイレクト・コミュニケーションが重要です。そんな内容が現在発売されているAccosieにも載っていました。

「メール依存は一利もなし、対話の効用を再認識せよ」 by 牧野正幸

日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 12/2号 [雑誌]日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 12/2号 [雑誌]
(2008/11/18)
不明

商品詳細を見る

続きを読む...


theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

コミュニケーションの大切さ

 今日は、コミュニケーションについて改めて考えてみます。ちょっとした小さなトラブルが、予想以上に大きなトラブルに発展してしまいました。
 その「ちょっとした小さなトラブル」っていうのが、実はコミュニケーションなんです。

 もう一度、コミュニケーションって何だろうと考えてみました。

<コミュニケーションとは?>
 人と人をつなぐ、情報交換の手段といった意味でしょうか。それにはたくさんの種類があります。

1.ダイレクト・コミュニケーション
 直接顔を合わせて、言葉を交わすこと
2.ボイス・コミュニケーション
 電話など、顔はあわせないが、会話のみで行うコミュニケーション(同期)
 ボイスメールによるコミュニケーション(非同期)
3.テキスト・コミュニケーション
 Eメールなど、文字のやりとりだけのコミュニケーション(デジタル)
 手紙など、文字のやりとりだけのコミュニケーション(アナログ)
4.プレゼンテーション
 Face to Faceに近いが、1対多数という関係で、主に一方通行のコミュニケーション

 4つの種類をあげてみましたが、それぞれ長所と短所がありますよね。今回は「信頼」というキーワードでこの4種類を整理してみました。

続きを読む...


theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

Googleに学ぶ仕事術

 今日はGoogleの働き方に学ぶ新たなトライを紹介します。いつも拝見させてもらっている「続けるお気楽アウトプット」のテリーさんの記事”Googleを支える技術”がきっかけとなりました。
 現在、こんな本を読んでいます。実はこの中にも登場してくるんです。それがこれ。

「自分の業務時間の20%を新たな取り組みに費やす」

 おそらくGoogleにはこれが誰もが実践する「あたりまえ」の風土ができているのかもしれません。20%とは1週間に丸1日です。その1日の使い方は様々で、社外で過ごすひともいるそうです。社内に閉じこもっていてはアイデアもつきてしまいますよね。

PLANNING HACKSではこうアレンジしています。
「発想への投資20%、企画の組み立て80%」
 やはりアイデア発掘にしっかり時間を割くべきということです。

 20%は私の働き方にはさすがに厳しいので、自分レベルに合わせたトライを考えました。それは・・・。(え?そんだけ?なんて言わないでください)

PLANNING HACKS!PLANNING HACKS!
(2007/04/27)
原尻 淳一

商品詳細を見る

続きを読む...


theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

プレゼンの基本は3分スピーチ

 先日「実践CDってこれですか・・・。」というタイトルの記事で本書のCDを聞いた感想を書きましたが、今日はその書評を報告します。
 まず、CDのがっかり感が拭えたかというと、半分YES。残り半分は前回の感想のままでした。
 本書を選んだきっかけがAmazonのリストマニアと紹介しましたが、実はいろんなところで大串さんの名前を見かけていたので、読んでみたいと思っていました。それは次の2つ。

1.アサーティブセミナー
 「アサーティブ」というコミュニケーション技術のセミナーを社内で検討しているなかで、検索するとかならず出てくるのが大串さんの名前。
2.日経ビジネスAssocie11/18日号
 「上司を説得する」というタイトルで大串さんの交渉術が紹介されていました。

 さて、本書の内容ですが、簡単に言うと「3分スピーチ」のテクニック紹介。ただしそれだけでなく「3分スピーチの技術を活用すれば、1時間のプレゼンも応用可能。」というもの。いままでいろんなプレゼン技術ノウハウが3分スピーチに関連づけられて自分の理解が進んだような気がしました。トピックを簡単に紹介します。

仕事でそのまま使える実践CD付き 研修女王の最強3分スピーチ―アガリ癖、話しベタは、必ず治る!仕事でそのまま使える実践CD付き 研修女王の最強3分スピーチ―アガリ癖、話しベタは、必ず治る!
(2008/01/19)
大串 亜由美

商品詳細を見る

続きを読む...


theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

夢日記とは、潜在意識活用術である

 昨日に引き続き「夢日記」の話題です。今日は「夢日記」の有効性について考えてみました。

 昨日は夢日記の実践が難しいという感想を紹介しました。夢は2度寝したら、もう二度と思い出せません。「夢日記」とは何のために書くのか?ちょっと考察してみます。

<私の夢日記>
 「夢日記」と言いながら、日記を書くわけではありません。ほとんど「キーワード」くらいしかメモしていません。というか、日記のように詳細を記録できないからかもしれません。あっという間に記憶から消えていきます。

 今までのビジネス書の中でも「夢日記」の有効性を唱えていた本がいくつかあったのでもう一度振り返ってみました。

続きを読む...


theme : 自己啓発 genre : ビジネス

Try56:夢日記の実践結果報告

 先日紹介した「ダ・ヴィンチ転脳テクニック」の中で取り上げられていた「夢日記」。これを実践してみました。

アインシュタイン、エジソン、湯川博士も実践していたという夢日記。朝起きたら、夢の記憶をノートに残すこと。夢はアイデアの宝庫であり、その記録がおおいに役立つということです。私はほとんど夢を覚えていません。見たのかさえ、記憶に残っていません。明日からトライしてみたいと思います。

 あれから5日間の朝を迎えていますが、どれだけできたかというと・・・。

ダ・ヴィンチ転脳テクニック?1日5分で人生に奇跡を起こす 左右脳のスイッチングで“全脳思考”になれる!ダ・ヴィンチ転脳テクニック?1日5分で人生に奇跡を起こす 左右脳のスイッチングで“全脳思考”になれる!
(2008/07)
児玉 光雄

商品詳細を見る

続きを読む...


theme : 自己啓発 genre : ビジネス

紳士服のAOKIの戦略

 先週、久々にビジネススーツを購入しました。スーツを着る機会は非常に少ないので、購入は5年ぶりくらいかも。
 近所の紳士服専門店「AOKI」でJean Reno(ジャン・レノ)というブランドのスーツのラインがかっこよかったので決めました。フランスの映画俳優のジャン・レノをイメージしたブランドらしいです。

 さて、今日のタイトルが「紳士服のAOKIの戦略」とした理由は、「価格イメージ」戦略を目の当たりにしたからです。消費者にとっては良いのか、悪いのか・・・。

続きを読む...


theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

モチベーション向上を考える

 緊急の業務などに追われ、忙しい毎日を過ごす人にとって、モチベーションを上げることなんて考える余地もないかもしれません。
 私の現在の立場で、もっとも重要な業務は「グループ力の底上げ」と考えています。そのためには「メンバーのモチベーションの向上」これが必須と思っています。
 そんな中、緊急業務に押されてモチベーションが下がりつつある状況だからこそ、「モチベーション」について、考え直してみたいと思います。

 そんな話題から、上司が3年も前に作った「モチベーション向上の施策」という研究資料をベースに、我々部下にプレゼンしてくれました。これは私が強く意識している「グループ力の底上げ」のための行動がきっかけで3年ぶりに掘り出された資料です。
 今日は、そのプレゼンから「モチベーション向上」に有効な情報を記事にしてみたいと思います。

 まずは、「あなたのモチベーターとは、何ですか?」

続きを読む...


theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

実践CDってこれですか・・・。

 Amazonのリストマニアってご存じですか?私もいくつか作っています。ある本を検索したページに必ず下の方にリストマニアのリンクがあります。私のリストマニアは現在この4つ。

  • 仕事力を磨く本
  • コミュニケーション力を磨く本
  • 読書力を磨く本
  • 仕事力を磨くグッズ

  •  これの面白いところは、リンクをたどると、様々なひとの作ったリストにジャンプ出来るので本の出会いの場が広がります。
     そのリストマニアからひとつ選んだ本がこれ。届いたばかりなので、書評はまだ書きませんが、購入のきっかけに「仕事でそのまま使える実践CD付き」という文句がありました。オーディオブックとしてはリー・ミルティアの「成功のプログラミング『新しい自分を作る10の秘訣』」がけっこう良かったので、そんな雰囲気を期待してポチッと購入。
     さて、その「実践CD」とは・・・。

    仕事でそのまま使える実践CD付き 研修女王の最強3分スピーチ―アガリ癖、話しベタは、必ず治る!仕事でそのまま使える実践CD付き 研修女王の最強3分スピーチ―アガリ癖、話しベタは、必ず治る!
    (2008/01/19)
    大串 亜由美

    商品詳細を見る

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    重要で緊急の業務に流されないためには?

     11/6の「赤信号です・・・。」から2週間。現在、赤信号まっただ中です。
     この2週間を振り返ると、反省すべき自分の行動に気づきました。このブログで新たなトライを実践すると、宣言しておきながら・・・。
     現在、滞りぎみです。その理由は、当然ながら「それよりも重要で緊急の業務があるから」と私は心の中で答えています。
     これを同じ意味で言い換えてみると「優先度の高い業務に専念して、それ以外は忙しいから後回しにしよう。」と言っています。こんなんでいいんでしょうか。

     今日は久々に自転車通勤しました。22:00頃に真っ暗な中を帰る途中、きれいなオリオン座を見ながら、ふと我に返りました。クルマ通勤では気づかなかった夜空ですね。

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    空間認識能力を鍛える:ルービックキューブ

     半年くらい前に、ルービックキューブがちょっと話題になった時期がありました。確か、どこかの科学館でルービックキューブを解くロボットが展示されているとか。
     探したら出てきました。「カワサキワールドのキューブ君」でした。
     ついでにこんな海外のロボットもヒットしました。「rubot 2」です。なんかターミネータみたいな顔してて怖いですが。
     そんな話題につられて、購入したのがこれです。もちろんルービックキューブとセットで。実は私は当時のルービックキューブ時代には一度も6面を完成しとことがありませんでした。そこで、ガイドブックに頼ってみるかと購入したわけです。

     さて、前置きはこのくらいにして、なぜこの話題にしたかというと、先に紹介した「ダ・ヴィンチ転脳テクニック」の中で、人間の脳の発達は指先を使うことがきっかけで大きく発達したとありました。
     特にこのルービックキューブは「指先」を駆使し、右脳が得意とする「空間認識力」を駆使する遊びであり、「転脳トレーニング」のひとつでもあります。
     半年ぶりに引っ張り出してみました。その結果・・・。

    ルービックキューブ完全攻略公式ガイドブック 保存版ルービックキューブ完全攻略公式ガイドブック 保存版
    (2007/09)
    百田 郁夫

    商品詳細を見る

    続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    自分は両利きなのか?試してみよう。

     今日の話題は「脳」です。紹介するのは以前、「脳力開発」という鹿屋体育大学の児玉教授の講演会を聞いて読んでみようと思った一冊です。気づけば2ヶ月も経っていました。
     「脳」というと、脳科学者の茂木健一郎先生をイメージしますが彼の著作はかなり哲学的な要素が強く感じます。一方、スポーツ心理学者として活躍してきた児玉教授は、「脳」の機能を研究し、スポーツ選手が成功するためにはどうすればいいのかというアプローチでより実践的な内容が濃いものでした。こちらの方が「脳」の機能を理解するにはわかりやすいです。
     一般的に「右利き」、「左利き」とひとを2種類に大別しますが、本当にこんな単純な区別ができるのでしょうか?児玉先生に聞いてみましょう。

    ダ・ヴィンチ転脳テクニック?1日5分で人生に奇跡を起こす 左右脳のスイッチングで“全脳思考”になれる!ダ・ヴィンチ転脳テクニック?1日5分で人生に奇跡を起こす 左右脳のスイッチングで“全脳思考”になれる!
    (2008/07)
    児玉 光雄

    商品詳細を見る

     本書では、脳の機能を活性化するためには両脳使い(左脳と右脳を協調して使いこなすこと)を推奨しています。そのための「転脳トレーニング」がたくさん紹介されています。実際にやってみると、けっこう楽しいです。私の実践結果をちょっと紹介します。

    続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    ノンバーバル・コミュニケーションを考える

     今日は、Associeの「ビジネス会話術」の中から「説得」をテーマにしてみたいと思います。今号は、コミュニケーション術とプレゼンテーション術に関連した特集が組まれています。会話についても興味深い内容がありましたが、私が今回注目したのはプレゼンテーション技術のひとつ

     「ノンバーバル・コミュニケーション」

     です。これは誌面の「人を動かす達人のワザ」にて紹介されている村山さんの内容です。マーケティングプランナーの村山さんは顧客の戦略立案のプロフェッショナル。その彼による成功の秘訣がこの「ノンバーバル・コミュニケーション」だそうです。
     これはverbal=言語。つまり非言語のコミュニケーション方法ということで、ようはゼスチャーなどをいかにうまく使うかということです。それには5種類のパターンがあるそうです。それらを著名人のプレゼンと合わせてチェックしてみましょう。
     プレゼンで定評があるのはやっぱりAppleのスティーブ・ジョブスCEOですね。

    日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 11/18号 [雑誌]日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 11/18号 [雑誌]
    (2008/11/04)
    不明

    商品詳細を見る

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    読書は学問だったのか。

     「フォーカス・リーディング」を先日紹介しましたが、その中の参考文献にもなっている「本を読む本」を読んでみました。これは速読関連の記事を紹介したkendenさんのブログをきかっけに手に取った一冊です。これを読んだ感想は、

     「読書って、学問だったんだ。」

     という発見です。「速読」関連の書籍では、主に本をいかに速く読めるかという方法に着目した内容がほとんどだと思いますが、本書では方法ではなくて、「読書」をシステマチックに技術論として述べています。「読書とは本を読むことで、それは誰かに習うものではない」という私の先入観を大きく覆してくれました。その技術論について簡単に紹介します。

    本を読む本 (講談社学術文庫)本を読む本 (講談社学術文庫)
    (1997/10)
    モーティマー・J. アドラーC.V. ドーレン

    商品詳細を見る

    続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    あなたのリーダーシップとは?

     昨日に続き、マネジメントセミナーで得た話題提供です。今日のテーマは2つです。

    1.あなたのイメージするリーダーシップとは?

     リーダーシップというと、「おれについてこい!」とグイグイ部下を牽引していく姿をイメージしていませんか?
     私もそう思っていました。でもそれはリーダーシップのほんの一握りなんです。いろんなリーダーシップがあることを理解しました。
     リーダーシップの本質的な意味は

    「ひとに影響を与える力」

     です。部下への影響力。上司への説得力。チームメンバーの牽引力などですね。

    2.対話から生み出すアイデアのレベル

     Discuss(討議)とDialog(対話)の紹介をしましたが、対話から生み出すアイデアにはいろんなレベルがあります。高いレベルを目指した対話ができるようにしたいですね。そのレベルとは・・・。

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    マネジメントセミナー体験談

     この3日間、缶詰状態でマネジメントセミナーを受けてきました。マネジメントに関して新米の私にはかなり新鮮な内容でした。ただし、3日間の連続ワークは相当な体力を消耗しました。

     セミナーの教材とは、参加者全員が同じような「気づき」を持ってもらえるような構成となっています。参加者の中に、するどい方がいて、それを教えてくれました。彼がいなかったらこのセミナーで得る物が少なかったかもしれません。

     今回のセミナーにおける私のモチベーションの変化とトピックを紹介します。おそらく参加者のみなさんも同じような状況だったと思います。また、それがセミナーのねらいだとも感じました。

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    未来のPC アナログへの挑戦

     今日は、ちょっと話題を変えて、アイデアを絵にしてみようという試みです。先日、「IT時代の究極の情報共有ツールはこれだ」というタイトルで、A1サイズの紙の有効性について紹介しました。そんなアナログに対抗できるPCはこんな感じかなと趣味のCGを使って形にしてみました。
     11/7の記事のコメントをヒントに考えてみたアイデアです。

    未来のPC

     このモバイルPCのポイントはこんな感じです。ディスプレイはフィルム上のもので巻き取り可能な技術を前提にイメージしています。みなさん、欲しくなってきましたか?

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    脳の入力と出力のサイクルを回そう

     最近、いろんな分野で活躍している脳科学者の茂木先生。ついに100万部を突破したベストセラーがこれです。(脳を活かす勉強法とあわせて)
     この本を読むと、茂木先生の仕事のテクニックがわかります。そして、先生が学生の頃に苦労して、どうやって現在の地位にたどり着いたのか垣間見ることができました。

    茂木健一郎の極意:「脳の入力と出力のサイクルを回す」

    茂木健一郎のポリシー:「ダイナミックレンジの広い人間になる」


    脳を活かす仕事術脳を活かす仕事術
    (2008/09/10)
    茂木 健一郎

    商品詳細を見る

     もはや茂木先生は「脳科学者」という肩書きを越えていますね。本書からたくさんの学ぶべき仕事術が紹介されています。そんな中で私が注目したものは。

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    フォーカス・リーディング実践結果

     さて、さきほど紹介した「フォーカス・リーディング」を読み終えて、実際にやってみようと、読んでなかった本を引っ張り出しました。まずはこれ。
     
    脳を活かす仕事術脳を活かす仕事術
    (2008/09/10)
    茂木 健一郎

    商品詳細を見る

     この本を次のTPOにならって、パラっと15分で読んでみますか・・・。

    <TPOを設定した読書の勧め>
    Time(時間):1冊30分(下読み15分+本読み15分)
    Purpose(目的):その本の概要とポイントをつかみ、誰かに語って聞かせる
    Occasion(状況):流れと雰囲気をつかむ下読み+ポイントを的確につかむ本ちゃん読み


     ビジネス書評のブログを日々参考にさせてもらっています。その中でも毎日1冊の書評を継続的に紹介しているブログがたくさんあります。そんな方々が身につけているのが速読術。フォト・リーディングとかが有名ですね。

     半年前の私は読書にほとんど興味のない人間でした。速読術なんて遠い存在のような気がしていました。でも最近、いろんな本を読むようになって、速読術にも興味が出てきました。そんな中、手にしてみた一冊がこれです。現在書店でも平積みで置いてある「フォーカス・リーディング」です。

     いろいろ速読術の本がありますが、前書きにSRR速読教室の講師である寺田先生が「ちまたにある驚異的な速読術はほんの一握りのひとの特殊な能力。フォーカス・リーディングとは誰もが身につけられる現実的な方法かつ、スピードだけでなく本から成果を得る技術」とあり、なんか自分にもできそうな気がして選びました。

    フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
    (2008/08/01)
    寺田 昌嗣

    商品詳細を見る

     さて、実践結果は・・・。

    続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    tag : 書評

    フォーカスリーディングが変える本の読み方

     ビジネス書評のブログを日々参考にさせてもらっています。その中でも毎日1冊の書評を継続的に紹介しているブログがたくさんあります。そんな方々が身につけているのが速読術。フォト・リーディングとかが有名ですね。

     半年前の私は読書にほとんど興味のない人間でした。速読術なんて遠い存在のような気がしていました。でも最近、いろんな本を読むようになって、速読術にも興味が出てきました。そんな中、手にしてみた一冊がこれです。現在書店でも平積みで置いてある「フォーカス・リーディング」です。

     いろいろ速読術の本がありますが、前書きにSRR速読教室の講師である寺田先生が「ちまたにある驚異的な速読術はほんの一握りのひとの特殊な能力。フォーカス・リーディングとは誰もが身につけられる現実的な方法かつ、スピードだけでなく本から成果を得る技術」とあり、なんか自分にもできそうな気がして選びました。

    フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術フォーカス・リーディング 「1冊10分」のスピードで、10倍の効果を出す いいとこどり読書術
    (2008/08/01)
    寺田 昌嗣

    商品詳細を見る

     この一冊が私の本の読み方を変えてくれそうです。サブタイトルには「1冊10分」とありますが、10分ですべてを理解しろということではありません。1冊を最低3回は読めとあります。最初の1回を10分で速読し、2回目以降で、さらに理解を深めようという読み方を勧めています。みなさんは本を繰り返し読んでいますか? 私は・・・。

    続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    IT時代の究極の情報共有ツールはこれだ

     デジタル・オフィスが進むこのIT時代に、「情報共有」がスピード重視で実現できる方法を提案します。それはこれです。

     「A1サイズの紙」+「フリップボード」

    ミーティングボード

     みなさんの会社では、「フリップボード」を活用しているでしょうか。最近は会議の議事録もコピーボードで印刷すればすぐにPDFファイルにすることが可能です。
     そんな時代にこそ、必要な「情報共有ツール」がこれ「A1サイズの紙」であると宣言します。昨日紹介した「赤信号の問題」を一気に解決するために、この紙が大活躍する予定です。なぜかというと・・・。

     1.A4サイズを8枚一覧できる
     2.デジタルファイルのアナログ出力として利用
     3.複数人数での情報共有が容易
     4.その場で得られた見解、分析結果を手書き可能
     5.書き込んだ紙の閲覧性に優れる


    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    赤信号です・・・。

     今日は、かなりテンションが落ちています。小さな問題と思っていたものが、聞き出してみるとかなり大きな問題であることがわかってしまいました。

     どうしてもっと早く言ってくれないのだろうか・・・。こちらが聞かないと問題を言ってくれない。(聞いても、言ってくれない。何度も会話を重ねると、ようやく問題が大きいことがわかってくる。=それは隠しているってことだぞ!)

     明日から、身動きの取れない生活に突入しそうな予感です。普段なら、プツンと切れて、怒鳴り散らしているところですが、いろいろ勉強したおかげでなんとか我慢。
     おかげで、現在かなりイライラが残っています。落ち着くために、ちょっと復習してみます。

    続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    1ヶ月以内に自分の起こすインパクト。その後・・・。

     「すごい会議」の実践レポートを先月公開しましたが、その中にあった手順11というのがこんなものでした。

    手順11:今から1ヶ月以内に自分の起こす一番大きな,インパクトは何か?を紙に書き、発表する

     そして、会議終了後には自分のインパクトを書き込んだポストイットを机の上に張り出すということを実施しました。→すごい会議の分析結果参照

     さて、早いもので気づけばもう11月。「すごい会議」の実践からちょうど一ヶ月が経過しました。それぞれの「自分の起こす一番大きなインパクト」はどうなったでしょうか。

    すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!
    (2005/05/18)
    大橋 禅太郎

    商品詳細を見る

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    tag : すごい会議 セミナー

    やっぱり健康第一です。

     昨日の話題は「仕事を楽しもう」でした。仕事に限らず、何かを楽しむためには、やっぱり健康が第一です。今日は、健康維持のためのトライをここに宣言します。

     最近、わたしは腰痛に悩まされています。腰痛の原因は、腹筋、背筋の衰えと昔聞いたことがありました。確かに体力は低下しています。今年の夏には、初めて「整骨院」デビューしてしまいました。そこの先生曰く、「筋力よりも、柔軟性が大切です。」ということでした。

     そして、先日、年に1回の体力測定があり、対前屈はなんとー4cm。か、かたい・・・。かつてー20cmくらいの柔軟性があったのはもう15年以上も前。
     うちには、実はこんなものが設置されています。IKEYAで買った子供用の吊り輪。1本の耐荷重が100kgなので大人でも大丈夫。というわけでこんな使い方をしています。(これも情報のプルかも。)

    吊り輪

    続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    仕事を楽しむ方法、それを体感する方法

     今日は、「仕事を楽しむ方法」について書いてみたいと思います。この記事がどのカテゴリに入るかまず悩みました。思考術なのか・・・。いや、方法論なので、考え方ではない。コミュニケーションの要素もあるけど、ちょっと違う。というわけで、「仕事を楽しむ術=仕事楽術」というカテゴリを新設してみました。もうちょっとふさわしい名前があればいいんですが。なんと読むかは・・・。「シゴタノジュツ」とでも命名しておきましょう。

     まず、「楽しい仕事って何だろう」というのを考えさせると、答えに困るかもしれません。そこで、きつい、つらい、苦しい仕事=「楽しくない仕事」をイメージしてみましょう。

    <楽しくない仕事>
     1.締め切りに追われて、あたふた仕事をする
     2.結果的に間に合わず問題が大きくなる
     3.上から押し付けられた仕事
     4.自ら興味をもてない仕事
     5.達成感が得られない仕事
     6.自分で解決できない仕事


     これなら誰でも経験があって、心当たりがある人も多いと思います。
     では、これらをひっくり返して「楽しい仕事」とはどんなものか書き出してみます。

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    情報をプルできる人間になろう!

     93年の「超」整理法「分類するな、ひたすら並べよ」 → 08年の超「超」整理法:「分類するな ひたすら検索せよ」

     これが野口先生の15年経って、改めた新たな考えだそうです。

     もともと「超」整理法とは整理にムダな時間をかけるなというスタイルで分類せずに時間順に並べよという考えでした。今回はITの進化に伴って、分類せずに検索せよという考えを前面に出しています。前半は「検索」をいかに使いこなすかという方法論が紹介されています。
     私がとても共感を得た内容は後半の知的生産力をあげる方法論でした。私にとっては本書は整理の本ではなくこの知的生産力向上のノウハウ書と思えます。情報のプッシュを受け取るだけでは成長できない。情報をプルできる人間になるべき。非常にインパクトのある内容でした。

     そこで、自分の「情報をプルすること」について考えてみました。ただ、店頭に並んでいるものを買うのではなく、自ら情報を引き寄せて欲しい物にたどり着く。そんな行動によって得た物ってどんなものがありますか?

    超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー超「超」整理法 知的能力を飛躍的に拡大させるセオリー
    (2008/09/18)
    野口 悠紀雄

    商品詳細を見る

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    10月のTry項目の棚卸し

     さて、11月となりました。ブログスタート2ヶ月完了です。10月分の目標達成度をチェックしてみます。今回はTaskの実行状況も含めました。

    <ブログの目標設定>
    1.ターゲット:09年3月末
    2.新たなトライ:120個以上
    (20トライ/月を6ヶ月継続する。1トライ/実働日。)
    3.習慣化:80個以上
    (新たなトライを70%以上習慣化する。習慣化とは30日以上の継続とする)

    Try項目の実績 件数 割合
    目標(2ヶ月分) 40 100.0%
    継続中 28 70.0%
    習慣化 10 25.0%
    挫折 1 2.5%
    Task化 5 12.5%
    全体 44 110.0%


     というわけで、2ヶ月目の状況はTry件数としては44件。110%で目標達成です。
     習慣化は1ヶ月以上継続を判断基準にしてるので、まだ25%。Taskとある12.5%分はTryではありますが、継続する項目ではないのでTaskと表現しました。1件は自分に合わないので挫折としました。来月もがんばります。

     このようにMeasurable(測定可能)な目標を設定しておくと、Trackable(途中経過を把握する)に自分の成長、変化を把握することができるので、とても楽しくなります。このブログもそんな「楽しさ」を実感することを目的としています。みなさんも自分の成長や変化を数値で確認してみましょう。

     以下に、Try項目とTask項目のリストを掲載します。

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    10月 | 2008年11月 | 12月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)