最新コミットメント

オリジナルリフィルの使い方

 A5サイズオリジナルウィークリーリフィルの使い方について紹介したいと思います。先日公開したVer4.0を実際に印刷したときに、いろいろと印刷調整が必要だったので、それを含めて使い方について記事に取り上げたいと思います。

<今日のトピック>
 1.Ver4.0の変更点のねらい:時間の見える化とは?
 2.連続印刷の際の調整テクニック:綴じ代の設定
 3.カスタマイズの方法:サイズ変更など


リフィルの使い方サンプル

※10.05.04追記
オリジナルリフィル最新バージョンはこちらからチェックしてください。
  • オリジナルリフィルカテゴリ一覧

  • 続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    ロータスノーツ活用講座

     みなさんの会社ではノーツ使っていますか?すでに何度かノーツの記事を紹介していますが、今回は社内で実施したノーツ活用講座の話題提供です。今回の講習会開催のために習得した「技」をいくつか紹介します。講座のキーワードはこれです。

     「ノーツはメーラーなのか? いや、グループウェアである!」

    Lotus Notes6 クライアントガイドLotus Notes6 クライアントガイド
    (2003/06)
    加山 恵美

    商品詳細を見る

     この本はVer6用の書籍ですでに絶版です。そのせいか、プレミアがついて定価の5倍くらいで購入しました。その分を回収しないと!
     今回の講習会をきっかけに、かなりノーツの使い方が変わってきました。ようやくグループウェアとして利用をスタートすることができました。みなさんもこんな機能を使いこなしていますか?

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    家計簿を習慣づける その2

     10/19にトライをはじめた「家計簿をつける」一応続いています。一応というのは、先日、25日の給料日を過ぎて自分のお小遣いを「収入」として入力したところ、10月分の収入に入ってしまいました。ようは、締め日の設定が1日の設定になっていたのです。前回使いはじめたソフトでは、その切り替え機能がないようで、別のソフトを探してみたところなかなか良いソフトを見つけました。

    <やさしい家計簿 Ver 2.6.5>
    ※最新版はVer2.6.7です。Macintosh版とWindows版の両方をサポートしています。

  • やさしい家計簿 ホームページ(ダウンロードはこちらから)

  • <活用状況:収支入力画面>
    やさしい家計簿リスト

     このソフトは非常に使いやすいです。GUIがよく出来ています。例えば、科目などは個人の集計目的に応じてそれぞれに変わってくるので、編集する必要が出てきますが、このソフトでは、入力時に入れた内容がその場でリストとして保存することが可能です。これは便利。

    <活用状況:支出割合分析画面>
    やさしい家計簿グラフ

     せっかく記録をつけるなら、集計結果をグラフ化してみたくなりますよね。このソフトではいろんなグラフ表示が用意されています。上の画像は収支分析結果。青い部分は書籍の出費。ちょっと買いすぎかも。
     この他に、年間の棒グラフ表示や支出の月別変化なども可能です。

     というわけで、優秀なソフトのおかげで私の習慣もなんとか継続中です。

    復習 Try34:家計簿を継続的につける
    やさしい家計簿 Ver 2.6.5のおかげで継続中


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    システム手帳リフィルのバージョンアップ4

     先日、「PRESIDENT」の手帳特集を紹介しましたが、同じ時期に「Associe」でも「どれを選ぶ?どう使う?最強の手帳2009」というタイトルで特集が組まれていました。
     というわけで、こちらもチェックしてみたくなり、即購入。私が購入する目的は、自分のオリジナルリフィルをもっと改善できないか?という観点です。

    日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 11/4号 [雑誌]日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 11/4号 [雑誌]
    (2008/10/21)
    不明

    商品詳細を見る

     「Associe」では手帳関連の書籍を出している著名な方のインタビューや、活用例の紹介がたくさんあり、以前のPRESIDENT(こちらは主にビジネスで成功している管理職を特集)とは切り口がちょっと異なっており、読者としては今回の「Associe」の記事の方が興味をそそられました。手帳関連グッズ紹介などもおもしろいです。

     さて、そんな中から私が気に入ったトピックを紹介します。で、それらを自分のリフィルに反映してみました。

    <お気に入りトピック>
    1.クオバディス アジェンダプランニングダイアリー

     左半分がバーティカルウイークリータイプ。右半分がメモ。そして3ヶ月のミニカレンダー付き。中期計画は3ヶ月単位で考えます。これがあると便利。(オリジナルリフィル反映済み)

    2.勝間和代手帳(といってもワークライフ・バランス手帳と今まで呼ばれていたもの)
     バーティカルウイークリータイプ。1日のスケジュールが縦に2分割で色分けされており、左側にビジネス、右側をプライベートと使い分けようというのが勝間流だそうです。

     →この縦割りは便利。さっそくオリジナルリフィルへ反映します。多ぁ忙流としては左側を自分のスケジュール。右側をチームメンバーのスケジュール(自分が参加せず、依頼した内容や部下のスケジュール等)を入れています。

    3.水口さんのオリジナルリフィル
     いつも「時間管理研究所」の水口さんのブログは拝見させてもらっています。その水口さんの実際に普段使っているオリジナルリフィルの手帳が掲載されています。チェックリストがトップに配置されたオリジナリティの高いバーティカルウイークリータイプです。(ブログ記事の掲載チェック欄なんてのもある)この中で、水口さんが推奨する使える時間の「見える化」のための色分けが気に入りました。水口さんもA5のシステム手帳を使っているんですね。心強く思います。(A5サイズってけっこう少数派ですよね。)
     →さっそくオリジナルリフィルへ反映します。

     「時間管理研究所」の水口さんのブログで掲載記事関連の内容が紹介されています。手帳の使い方に興味ある方はとても参考になります。

     というわけで、1は既に実施済みなので2と3を加えたバージョン3を公開します。今回は、別の目的もあってエクセルマクロいじってみました。それは私のマックでマクロが動作しなかったので、マックでも動く仕様にするということです。(実は大したことはなく、拡張メタファイルコピーがマックで動作しないため、通常のピクチャーコピーに変更することで解決しました。)

    <システム手帳リフィルのバージョンアップ4>
    クリックすると大きな画像が確認できます。
    ウィークリーリフィルマック版

    <オリジナルウィークリーリフィル V4.0の改善点>
    ・マック版で動作できるようになりました(Excel.Xで動作確認済み)
    ・勝間和代手帳を参考に、縦の2分割点線を追加
    ・水口さんリフィルを参考に、時間の見える化の色分けを採用

     水色エリア  9:00~12:30 プライムタイム
      (集中できる時間です。重要な仕事を持ってこよう。)
     黄色エリア 13:30~18:00 セカンドタイム
      (集中力を維持しよう。)
     赤色エリア 19:00~21:00 オーバータイム
      (残業時間です。なるべくここにはスケジュールをいれないようにしよう。)
    ・色分けを時間表示枠だけに付けています。そのため今までの時間表示フォーマットと若干変更。
    (実際に書き込むエリアに色をつけると印刷のインクで書きづらくなるため今回のデザインとしました。)

    ※10.05.04追記
    オリジナルリフィル最新バージョンはこちらからチェックしてください。
  • オリジナルリフィルカテゴリ一覧

  • Try42:時間の見える化を実践する。
    手帳のレイアウトにプライムタイムの色分けをしよう。

  • 続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    人づきあいが楽になる。ポジティブシンキングの技術。

     コミュニケーション術と聞くと、「人づきあいが苦手」とか考えてしまうひとは多いと思います。私も得意な方ではありません。でも最近は、そう思わないことにしています。
     「非常識な成功法則」でも紹介されているように、「苦手」と思うこと=潜在意識がそういう自分を作り上げることになります。そこで「自分は人づきあいが得意である」というイメージを持つことが、おのずと潜在意識が新たな自分を作り上げてくれるようです。

     さて、潜在意識には期待するとして、具体的なイメージを描くためにも、人づきあいに対して、ポジティブな考えを持つ必要があります。そこでこの一冊が多いに役立ってくれました。

     「わくわく伝染ツアー」というコミュニケーション術のセミナーイベントを主催する和田裕美さんの本です。このイベントの内容を見る限り、本当に人づきあいが好きなんだなと実感させてくれます。
     
    人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法
    (2008/06/13)
    和田 裕美

    商品詳細を見る

     ところが、本を読んでみると、そんな和田さんは実は「人見知りが激しかった」と告白しています。でも現在はやっぱり「人が好き」。そうなるまでの経験談、ポジティブに考えるテクニックがたくさん紹介されています。

    <この本の効果>
    1.自分を許せます
    2.人を好きになれます
    3.人間関係で悩むことが少なくなります
    4.イライラしたりすることがばからしくなります
    5.人が協力してくれるようになります
    6.会社で評価があがります(仕事も楽しくなります)
    7.苦手な人とも仲良くなれます


     まず、最初にこんな文章が出てきました。自分にとって、3,4,5が得られたらいいなと思いました。

    <私が特に気に入ったことば>
    「話すことは理解のスタート、話さないことは誤解のスタート」


    誤解を生む前に、ちょっとしたことでも話をしよう。人間関係がうまくいかない原因は90%が「話さないこと」だそうです。

    「感情は目の前の事実が変わってもさっきと同じ。自分が感情をひきずったせいで、自分の世界をイライラに変えてしまっている」

    なるほど。イライラしたときって、周りのちょっとしたことも感に触るんですよね。それってただの自分の世界。相手にまで自分の感情を押し付けないようにしよう。

    「失敗したら怒られるかもしれません。けど、それを隠していたら、怒られるどころか一番大事な信用を失ってしまいます。」

    これは部下に言いたいです。今、怒られることを避けたら、このあとどうなるか、考えて欲しいのです。だからなんでも隠さず話して欲しい。失う信用は本人の信用にあらず、組織全体の信用なのです。

    「相手の成功を認めないことは「成功そのもの」を認めないこと」

    自分より成功している人に対して嫉妬を持つこともあると思います。でもそれって成功を認めないってことなんですね。素直に相手の成功を認めよう。

    「面白いから笑うのではなく、楽しくなって良い空気を出したいから笑う」

    これも目から鱗が落ちました。「笑う」って面白いからするのが当然と思っていました。そうか、いい雰囲気作りにも「笑う」が使えるんだ。

    「多くのひととつきあって、より多くのツキと出会いたい」

    ツキはひとが運んでくれるそうです。だから多くのひととつきあうことがツキと出会う秘訣ということです。そういえば茂木健一郎さんの本に「セレンディピティ(偶然に出会う能力)」という言葉が出てきました。ツキを出会う能力をあげるためには多くのひととコミュニケーションを取ることですね。

     コミュニケーションを円滑に行うテクニックは、心理学者の本などが技術的で納得がいくと思います。本書の場合は、それとは異なり、和田さん自身が努力して、身につけた「人づきあい」を好きになる方法が紹介されており、実績が語る説得力のある内容でした。女性ならではの視点もありますが、ギスギスした人間関係に悩んでいるひとには参考になります。気持ちを楽にしてくれる一冊です。

     これからは積極的に「笑う」姿勢を身につけたいと思っています。「良い空気」作っていきたいです。身近にニコッと笑顔で挨拶してくれるひとっていますよね。とても感じが良いです。これが笑顔が作る「良い空気」なんですよね。

    Try41:積極的に「笑う」姿勢を身につけよう
    「笑う」はよい空気を創り出してくれる.けっこう簡単なことだ.


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    史上最強の人生戦略のSMART目標設定術

     先週紹介した、「SMARTな目標設定ってどんだけあるの?」の続編として、昨日紹介した「史上最強の人生戦略マニュアル」にもSMARTな目標設定が出てきたので、記事にします。

    多ぁ忙の決めたSMARTはこれ! 08.10.17
     1.Specific:具体的な
     2.Measurable:測定可能な
     3.Action-oriented:行動に結びつく
     4.Relevant:自分の価値観と一致する
     5.Time-bound:刈り取る期限がついている

     本書で出てくる目標設定についてはSMARTとは紹介されていません。しかし、この上記5項目については網羅されています。それに加えた要素もあるので、ここで、SMARTをちょっと拡張したバージョンを考えてみました。

    史上最強の人生戦略マニュアル史上最強の人生戦略マニュアル
    (2008/09/27)
    フィリップ・マグロー

    商品詳細を見る


    <目標設定の7つのSTEP>
    1.具体的な出来事(Specific)や行動(Action-Oriented)のかたちで自分の目標を表現する
    2.達成度を測れるようなかたち(Measurable)で目標を表現する
    3.目標に期限を設ける(Time-bounded)
    4.コントロールできる目標を選ぶ(Controlable)=(Specific)
    5.目標達成につながる戦略を立てる(Strategies)
    やる気がないときでも続けられる戦略が重要。→環境を設定する。(Environment Improved)
    6.段階的な目標を設定する(Gradual)
    7.目標達成までの進捗状況に責任をもつ(Responsible)


     以上7項目が、本書に出てきた内容です。()は多ぁ忙が勝手に考えた英単語を書いています。では、これらを整理して、頭文字を並べ直してみます。

    <多ぁ忙の拡張型SMARTはこれだ!>
    1.Gradual:段階的な
    2.Environment Improved:環境を設定する
    3.Time bounded:刈り取る期限がついている
    4.Specific:具体的な、(コントロールできる)
    5.Measurable:測定可能な
    6.Action-orianted:行動に結びつく
    7.Responsible:自ら責任をもつ
    8.Trackable:自己成長を把握する
    9.Strategies:戦略を立てた


     というわけで、新たな拡張型SMARTとは、こうなりました。

     GET SMARTS

     です。7つのSTEPのはずでしたが、無理矢理語、語呂合わせしたので、9語になっています。でも7つの要素はすべて網羅しています。
     STEP1は具体的(Specific)と、行動のかたちで(Action-oriented)を分けて並べました。
     STEP4はコントロールできる範囲で目標設定すること、とあり、これは具体的な目標設定をしろという意味と同じと捉え、Controlableは省略。
     STEP5は戦略を立てる(Strategies)と、環境を設定する(Environment improved)をわけてそれぞれを並べました。
     以上により、覚えやすい語呂になりました。これを広めていきましょう!

    Try40:拡張型SMARTな目標設定を実行する=GET SMARTS
    史上最強の人生戦略に基づくGET SMARTSを実践しよう!
    参考 Task8:SMARTな目標設定を実施する。


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    これは確かに史上最強の人生戦略マニュアルだ。

     しばらく書籍紹介を出していませんでした。なぜなら、この本に時間をかけていた(いや、かかっていた)からです。今までもいろんな成功法則、成功方法論などを読んできましたが、この本にはかないません。あの勝間さん(本書の訳者)が「最も私が影響受けた本」と宣言している一冊です。

     まずフィリップ・マグローという著書の経歴からしてインパクトを受けました。それは・・・。

     1.行動科学の博士
     2.心理学者
     3.20年以上にわたる戦略的人生設計の研究者
     4.米国訴訟コンサルタント会社の社長


     ここまでの経験から語られる人生戦略とは、頼りになること間違いなし!

     著者は行動科学で博士号を取得し、米国で訴訟コンサルタントで実績をあげた人物。多数の人生戦略を構築してきた経験と実績が語る方法論です。これに勝る方法は出てこないんじゃないでしょうか。具体的なエピソードを交えて説明してくれているので、非常にわかりやすく、説得力のある内容でした。
     私は本書の特徴である著者の経験に基づく具体例に非常に惹かれました。それぞれの人生の挫折からどうやって脱出できたのか、全14名の人生戦略について概略を紹介します。詳細は本書を手にとって読んでみてください。

    史上最強の人生戦略マニュアル史上最強の人生戦略マニュアル
    (2008/09/27)
    フィリップ・マグロー

    商品詳細を見る

    <人生の10の法則と全14名の人生戦略エピソード>
    人生の法則1 「ものがわかっているか、いないか」


    ☆1 オプラ・ウィンフリー:トーク番組のスターが悲劇のどん底に
     ある狂牛病に関連した訴訟で牛肉業界から大きな非難をあびる。彼女は「こんなはずはない。そのうち解決するはず。」と自ら行動を起こさなかった。それではダメ。自ら立ち上がる必要があると著者が戦略家として力を貸す。
     彼女は自分が行動しなければならないことを理解し、本来の自分の力を発揮し、勝訴を勝ち取った。


    人生の法則2  人生の責任は自分にある「あなたの人生体験を作るのは、あなた自身である」

    ☆2 ジェニー 祖父にレイプされた経験
     自分は汚れていると苦しめるのはなくなった祖父のせいだと考える。これでは立ち直ることはできない。 → 自分自身のせいであることを自覚させる。これによって彼女は立ち直ることができた。

    人生の法則3 「人はうまくいくことをする」
    ☆3 カレンの「見返り」
     標準体重の+45キロ。減量に挑戦しても、あるところで元に戻ってしまう。これを繰り返す女性。子供のころの性的いたずらがトラウマとなっていた。減量することで、男性から性的対象にみられることに恐怖、不安を感じていた。つまり、この不安を感じはじめると、再びもとの体重にもどり、安心感を得る。見返りは「安心感」だった。
     なかなかやめられないマイナス指向の行動には見返りがある。それを見つけることで解決策が出てくる。


    ☆4 ビルとデニーズを襲った突然の不幸

    人生の法則4 「自分が認めていないことは変えられない」
    

☆5 パイロットの致命的な否認
    方角のずれ(航路がずれているわけはない) → 計器の故障と誤認 →50秒後に墜落
    最初の思いこみが、大きな悲劇を生んだ例。自分が認めない限り、解決はできない。


    人生の法則5 「人生は行動に報いる」
    


☆6 自分の父の最後の言葉。
    最後にお互いに気持ちを伝えきったことが自信につながった。心理学の博士号を取得したのち、30年後の71歳で神学の修士号をとる。父の人生は彼にとっての行動の教訓だった。

    


☆7 ジェイソン・ドハーティー博士の人生を変えた事件
     精神医学専門の才能ある精神科医、銀行強盗に出くわす。目の前で女性行員が射殺される。心的外傷後ストレス障害(PTSD)を発症。しかし、それは人生の落伍者になる口実にはならない。

    人生の法則6 「事実なんてない。あるのは認識だけ」
    



☆8 ヴィクトール・フランクル博士が捕虜生活を耐え抜けた理由
     日々の生活の中で起きる出来事はあなたが与える意味しかない。良いも悪いもない。あなたがいかなる環境におかれようと、どう受け止めるかはあなた次第。それは極限状態であっても同じ。これをフランクル博士は証明しようと耐えた。
     危険を圧倒的に手に負えない物と受け止めるフィルターをもった人と、私が輝く良いチャンスと受け止めるフィルターをもつ人がいる。


    


☆9 リチャードはなぜおかしな行動をとったのか
     復員軍人で日光浴で恐怖におののく行動にでる。背中の熱を熱線銃と思い、かくれた。
    否定的信念 自分自身の限界、欠点について抱いている信念
    自分についての本当であり、正確だと思いこんでいるマイナス思考
    事実なんてない。あるのは認識だけだ。


    人生の法則7 「人生は管理するもの。癒すものではない」

    人生の法則8 「私たちは自分の扱い方を人に教えている」

    



☆10 ジョンとケイのすれ違いの原因
    


☆11 ドロレスはなぜ夫に殴られ続けたのか?
     耳が切れ、下の歯が見え、鼻が骨折し、クルマの事故に見えたが、実は夫の暴力。3年続いていた。自分自身を危険から救えるのは自分しかいない。相手の望ましくない行動に見返りを与えない。
     罪悪感は対人関係において、強力で破壊的な武器となる。


    人生の法則9 「許しには力がある」
    


☆12 父親への憎しみにとらわれ続けたデヴィッド
     厳格な父に育てられ、父に認めてもらうことがなかった。父に一人前の男であることを証明するのが彼の人生目標となった。
     ある日、父がトラクターに巻き込まれて亡くなる。彼には証明する術がなくなった。父への怒り。自分の息子へも同様の仕打ち。
     デヴィッドが理解すべきこと:許すのに相手の協力は必要ない
     父を許した結果、自由に世の中での態度を選ぶことができた。


    人生の法則10 「自分が求めているものを明確に知る」

    


☆12 リンダが人生に本当に望んだこと
     44歳の既婚女性。都市部に住み、3人の息子の進路におびえていた。ロサンゼルスから引っ越したい。ロジャーと家庭内離婚状態。本当に望むものが何かを引き出し、ロジャーとの関係を修復した。
     何が望みか?
     そのために、何をしなければいけないか?
     望みがかなったらどんな気分か?
     ということは本当の望みはなにか?
     繰り返し。
     自分の望むものを要求しようとする意欲、勇気を持つことは人生の法則のカギ。


    


☆13 世界チャンピオン(妻)ロビン
     母として妻としての役割を情熱とビジョンをもってこなしている。人生の勝者。
    


☆14 タクシードライバー アンディーが人生の勝者となれた理由

     概略紹介だけでもこんなに長くなってしまいました。本当に充実した一冊でした。自分の弱点を克服したいと考えているひと、いろんな苦悩を持っているひとに多いに力になってくれると思います。潜在意識活用術のカテゴリとしましたが、潜在意識か、顕在意識か区別なく、意識改革できる内容です。

    Try39:否定的信念を洗い出そう。それを壊せば自分の限界を広げてくれる。
    事実なんてない。あるのは認識だけだ。


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    ストレスは借金。あなたには支払える収入がありますか?

     メンタルヘルスという言葉を最近よく耳にします。多くの企業で問題視している社員の精神的なトラブルのことです。現在はこんな状況らしいです。

     企業の平均的な現状
      精神的苦痛により休職している人数 1%
      その予備軍 10%


     つまり、10人にひとりは、精神的に問題を抱えている状態。さらに、100人にひとりは、職場に出て来れない状況に陥っているのが現在の企業の平均ということです。みなさんの会社でもこんな状態でしょうか?

     確かに、長時間労働、成果主義、板挟みの中間管理職などなど、ストレスを抱えやすい体質が拡大しているのは事実です。
     そうはいっても、やりがいのある仕事を見つけ、楽しんで仕事ができたらいいですよね。

     私はそんな職場にしたいと思って、日々努力しています。このブログもそれを実現する手段のひとつとも考えています。

     実は、そんな私にも「予備軍10%」の仲間入りをした時期がありました。このような精神的な異常って、実は本人にはなかなか気づかないことが多いです。
     このころの私は、自分の仕事と部下の仕事の管理を両立する術を持っていませんでした。それに苦悩し、日々苦しい思いをしていました。

     職場では、すぐにキレる。怒鳴る。それも瞬間的に。
     自宅でも、すぐにキレる。特に会社の話に触れるとプツン。


     これって異常ですよね。第3者には明瞭です。でも上司に「おまえ、最近おかしいぞ」と直接言われるまで気づきませんでした。これが「予備軍10%」の状態です。
     当然、その態度の出方は、個人差があります。私のように、イライラが表に出る場合や、勤務態度に表れる場合(遅くきたり、突発で休んだり)。あるいは、話をしなくなったり。

     ・部下を持っている方は、普段と違った態度を取るひとには注意してあげてください。
     ・「予備軍10%」に入っていそうな場合は、本人に自覚させてあげてください。
     ・楽しい雰囲気作りをめざしてください。
     ・コミュニケーションの密度を増やしてください。


     私は、面倒見の良い上司に恵まれたことと、ビジネス書へ解決策を頼ることで、無事に「予備軍10%」から脱出することができました。今は、忙しくても、全く不安がありません。むしろ忙しさを楽しめるようになってきました。
     もうひとつ学んだことは、ストレスを感じられるようになったこと。そしてコントロールできるようになったことです。

     ストレスは借金と表現されます。しっかりとした収入を得ているひとは、問題なく借金を支払う(対抗する)ことが可能です。ただし、収入が不十分なひとは、借金地獄に堕ちてしまいます。

     こちらのブログでは、ストレスと人の心をゴムボールに見立てて表現しています。参考にしてください。弾力性のある人はストレスを跳ね返せる。弾力性の低いひとはストレスを吸収してしまうということです。

  • ストレスに強い体質になろう!

  • Try38:ストレスに強い体質になろう
    ストレスは無くならない.ならばストレスに負けない体質が必要.


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    第599回「手帳はもっていますか?」

     こんなテーマがあったんですね。手帳術の話題には食いついておかないと。というわけで、私の手帳はA5サイズのシステム手帳。こだわりのコンビレザータイプです。当ブログでも一番多く書いているカテゴリが手帳術です。

    こんにちは!トラックバックテーマ担当本田です。
    今日のテーマは「手帳はもっていますか?」です。

    もうそろそろ、文具屋さんや、雑貨やさんでは来年の手帳が
    並び始めていますね!
    本田もさっそくお気に入りの手帳カバーに入れる用の
    中身だけを今年も買いました。

    スタッフのほうじょうちゃんも、毎年使っているこだわり手帳が
    あるらしく、来年用もすでに購入済みだそうです^-^

    みなさ...
    第599回「手帳はもっていますか?」



     手帳を持っているにもかかわらず、文具屋さんの手帳コーナーには足を止めてしまいます。特にシステム手帳を持っていると、なんかおもしろいリフィルないかなとか、便利なグッズないかなとか探してしまいます。

     最近はまっているのは自作リフィル。先日公開したこのエクセルマクロは、社内でも好評。ユーザーを増やしつつあります。

     再び私の手帳の画像を掲載しておきます。左がメインのバインダー、右がリフィル保管用のサブバインダーです。ブログで手帳術の話題を継続的に書き込むことで、自分のスタイルがほぼできあがりました。

    <多ぁ忙の手帳スタイル>
    1.A5サイズ(書き込みエリアが大きい。A4の半分サイズが便利)
    2.こだわりのコンビレザーのデザイン(見た目だけですが)
    3.バーティカルウィークリーリフィルは自作のエクセルマクロ
    4.マンスリースケジュールとウィークリーを併用
    5.マンスリーとウィークリーにブックマークを二つ設置
    6.リフィルの保管用にサブバインダーを併用
    7.カラーインデックスとカラーリフィルを活用


    詳細は以下のリンク先参照ください。

    サブバインダー


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    メモ帳を携帯しよう!

     みなさん、仕事で使っている手帳は家に持ち帰りますか?

     以前紹介した「仕事が10倍速くなる!スピード手帳術」という本では、ビジネスとプライベートを区別なく手帳で管理すべきとありました。確かに、プライベートも充実して、はじめてビジネスの成功がつかめる。そのためのスケジュールはひとつの手帳で管理すべきということだと思います。方法論としては賛成ですが、私は実践していません。

     わたしの場合、「仕事を家に持ち帰らない」をポリシーにしています。なので、ビジネスで使っている手帳も持ち帰りません。(たまにポリシーを守れないときもありますが)

     だからといって、自宅で全く仕事に対して頭をつかってないわけではありません。ちょっとしたアイデア等を自宅からメールで送っておくなどを実践しています。

     ここで、ちょっと「アイデア」の話題に移ります。「ちょっとしたことで、ひらめいたアイデア」って、いろんな場面で出てきます。こういう類のアイデアは「ちょっとしたこと」で、すぐに忘れます。こんなとき頭に残っているのは「なんか、いいこと思いついたはずなんだけど・・・。」というなんとも歯がゆい思いだけ。

     今日は、これを対策するトライをはじめました。いつも拝見させてもらっているドリームプランナーさん(成功哲学を語るブログ)の手法を参考にさせて頂きました。

    【成功ツール②】「デルフォニクス・ロルバーン」を使ったノート術

     ドリームプランナーさんは発想の道具として、A5サイズを使いこなしています。さらに電子文書化する工夫も実践。すごいです。

    DELFONICS/デルフォニックス ロルバーンポケット付きメモ【ダークグリーン】 NRP01 DGDELFONICS/デルフォニックス ロルバーンポケット付きメモ【ダークグリーン】 NRP01 DG
    ()
    不明

    商品詳細を見る

     私が購入したのはこれ。A5よりひとまわり小さいA6サイズ。
     今日、別の目的で買い物に行く途中で、妻と話していたところで「あ、それブログのネタにしよう。」となんかアイデアが浮かびました。
     そして、今・・・。思い出せないんですよね。悔しいです。二人とも思い出せません。

    ロルバーンメモ

     そんな思いをしないためにも、ちょっとしたことを記録できるメモを携帯することにしました。現在は手帳コーナーも充実している時期です。写真にあるように、リングの部分におさまる小さなシャープペンも手帳コーナーに並んでいました。これも購入し、どこでもメモができるセットのできあがり。

    <ロルバーンメモの特徴>
    1.いろんなサイズが選べる(A5,B6,A6,A7の4サイズ)
    2.いろんな色が選べる(12色)
    3.ポケット付(クリアポケット5枚)
    4.ゴムバンドつき
    5.方眼タイプなので、縦横気にせず使える
    6.ミシン目があって、カット可能


    Try37:メモ帳を携帯し,使いこなそう.
    アイデアは泡みたいなもの.消える前に記録しよう.
    復習 Try29:携帯電話の音声メモ機能を活用しよう


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    がんばれツーキニスト!

     あの勝間さんを真似るわけじゃないんですが、チャリ通はじめました。集中力を継続するためには、体力が必要。そのためには継続的な運動が必要です。
     実は、入社以来、何度となくチャリ通は実施してきました。これまた、なかなか続かないんですよね。忙しくなると、クルマ通勤に頼り、いつの間にかチャリ通を忘れてしまっている。そんなことを繰り返してきました。

     今年のチャリ通を振り返ってみると、夏前に何度か通ったくらい。というわけで、およそ3ヶ月ぶりくらいでしょうか。

     先日紙に書いた目標。ここにも書いちゃったんですね。「チャリ通で体力をつける」って。というわけで、このブログにも書いちゃいます。そうすると、なんかやらなきゃいけないような気になってくるし。潜在意識にもたたきこまれてくれればいいんですが。

     今日なぜ、3ヶ月ぶりのチャリ通に踏み切れたかというと、「紙に書いたこと」に加えて、自分へのご褒美もひとつ。この写真です。

    LEDライト

     ただのLEDライトなんですが、今まで、フロントタイヤのダイナモ(発電機)を使っていました。これだと、夜の走行がきついんです。そこで、このLEDライトを2週間ほど前に買っていました。ようやく本日デビューとなったわけです。ちょっと暗いけど、重たいダイナモよりは全然軽くて良いです。点滅にすれば、電池の持続時間も延ばせます。

     でも、3ヶ月ぶりのにわかツーキニストはきつかったです。今後は、2回/週を目標に継続して、体力維持をめざします。

    Try36:私はツーキニスト。チャリンコ通勤を2回/週、継続。
    集中力を継続するには、体力が必要。そのための運動をしよう。


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    コミットメントリストと論理基本構造の関連づけ

     「すごい会議」を実施してから、2週間が経ちました。「すごい会議」はすごい成果を出したのか?

     推進者の私から見て、やはりすごい成果が得られていると実感しています。例えば、

    1.部下からの意見が出るようになってきた
     普段、あまり意見を言わなかったメンバーから、「こうやってみたいんですけど」といった提案が出てくるようになりました。

    2.みんなが共通の目標を持っている意識が感じられる
     1泊2日をかけて、完成させた戦略的フォーカスは大きな目標として全員の共通のイメージが固まったようです。各分野のメインパイロットが率先して、動き始めています。

    3.他のグループへ、影響力が飛び火した!
     戦略的フォーカスは事務所に大きく貼りだしています。当然、いろんなひとの目に止まります。このおかげか、良い影響として、他のグループでもやってみようと企画がスタートしています。

     すばらしい成果です。でも成果はまだまだこれから。継続的にグループを動かしていきたいと思います。(当然、わたしの負荷も増えるんですが、これが楽しくて苦にならないんですよね。不思議です。)

     さて、続いての話題に行きましょう。最初の「すごい会議」では実は、予定の項目を実践しきれてない部分がありました。それが「コミットメントリスト」の作成です。当日はリストの項目の洗い出しで終わってしまい、それが完成していませんでした。その後、メインパイロットに主体的に動くよう指示をしていましたが、やはりなかなか動けていませんでした。そこで、今週、再度リストをしっかり作りはじめました。そこでの工夫を紹介します。

    <コミットメントリストとは?>
     まずコミットメントリストが何かというと、「戦略的フォーカス」を達成するために、具体的になにをすべきかをリストアップすることです。それには、推進担当者および期日が明確化されて、刈り取れるリストになっていることが重要です。

    <多ぁ忙のコミットメントリスト作成方法>
     では、多ぁ忙なりの工夫点を紹介します。リストをあげることは簡単ですが、それらの項目がつぶしこまれたとき、目標が達成できるのかを確認することが重要です。そこで、この項目の洗い出しにロジカル・シンキングで紹介されていた手法を応用してみました。
     「すごい会議」で紹介されているやり方については著者のホームページ(マネージメント・コーチ)でも説明が載っています。参考にしてください。



    1.ID番号を階層化する
     例えば、戦略的フォーカスを達成するための項目をID1~4とします。ここで、このIDに担当をつけて、動かせばいいのか?と考えてみると、なかなかそうは行きません。なぜなら、漠然としていて、何を具体的に実行すればいいのかわからないことが多く出てきます。
     そこで、ID番号を階層化して、1.1とか1.2とかナンバリングします。つまり、細かく分解して具体化します。

    2.階層化の意味は論理構造の縦の法則(So What? Why so?)


     ロジカル・シンキングに出てきたこの構造。縦の関係が成り立つように、ID1~4の項目について、細かく分解していきます。つまり、課題1を解決するために必要な項目、手段はA,B,Cである。そして、A,B,Cが達成されると、課題1が解決できる。と逆にたどってみるとそれが十分かどうかがわかりやすくなります。

    3.推進項目A,B,Cが十分かどうかのチェック:横の法則(MECE)
     縦の法則と同時に、横の法則をチェックします。課題1を解決するために、A,B,Cで十分なのか、ぬけもれがないかを確認します。

    <以下、すごい会議のやり方に従う>
    4.依存関係を明確化する
     例えば、1.1項目をつぶしこまないと、1.2に進めない場合、1.2の依存が1.1となる。

    5.担当と期日を設定する
     4が明らかになると、やるべき順序が見えてきます。期日を記入し、これをガントチャートに表現すれば達成すべき展開日程がわかりやすくなります。

    6.メジャーメントを明確化する
     「メジャーメント」とは、その項目を判断する基準です。どんな値をもって、その項目が達成されたのかをはっきりさせておきます。そうでないと、達成できたかどうかがわからなくなってしまいます。

     以上を踏まえたコミットメントリストが完成すれば、刈り取りは非常にやりやすくなります。また、ターゲットに近づいたとき、その達成度がすぐに判断できることになります。3月が楽しみになってきました。

    Try35:コミットメントリスト作成にオリジナルの工夫を追加
    定期的に、コミットメントリストをメンテしていこう。


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    家計簿を習慣づける

     今回は、極めて私的な話題で恐縮です。実は、私は家計簿をつけたことがありません。過去に何度もトライしたことはあるんですが・・・。続いたことがないんです。

     先日紹介した「紙に書くことで自動的に目標は達成できるのか?」の話題に関連するんですが、ここで書き出した目標のひとつに大きな買い物を掲げています。これを実現する手段のひとつとして「家計簿をつける!」という目標を書き込みました。10/12の記事なので、ちょうど1週間が経過。自分のお財布事情を把握せずに、お金を貯めることはできません。

     この週末に、旅行などでお金を使ったので、これを機会に行動に移してみました。「家計簿をつける!」です。当然ながら、デジタル化を考え、こんなツールでスタートしてみました。

     Mac OS X用の「かんたん家計簿2」というシェアウェアです。ベクターのソフト紹介をリンクしておきます。

    家計簿

     名前のとおり、操作は非常にシンプル。科目を選択し、金額を入力していくだけ。
     一番左の紫の棒グラフが収入。そして次の青い棒が支出の合計。これが収入の80%にくると、黄色に、収入の90%にくると、赤色に変化していきます。収支の状況が簡単にチェックできます。

     実はうちには家計簿のエキスパートがいます。家計簿ソフトにもいろんなタイプがあるので、うちのエキスパートにアドバイスをもらって、これを選びました。小難しいソフトを選んでしまうと、すぐに挫折しちゃいますからね。(経験済み)

     ついでに、もうひとつ報告があります。10/12のまとめでは、

    「目標を書き出すときは、周りに見えないように!でも自分には毎日見えるように!」

    と書きましたが、改めて書き直します。理由は、新しいテクニックを見つけたからです。

     隠れ家的な書斎を持ってない私にとって、「紙に書き出す」ことは家族に丸見え。そのためにバカにしたような「小言」をたくさん頂きます。ここで、イライラしては私の立場が失われます。(ここでカー!とならないようにただいま勉強中なので)
     実は、これをエネルギーに使いましょう。今日は目標を書き出してから1週間です。

    妻:「まだ、家計簿つけてないの? いったい、あんたは何の本を読んでるの?」

     ムカー!っときます。おっと、ここでイライラしてはいけません。

    そうだ。家計簿をつければいいんじゃないか。今すぐに。

     ということで、つけてみました。簡単なことです。
     実は、家族に見られるというのは悪い物では無いことに気づきました。家族の小言を利用して、行動に移そう。(あれ?潜在意識が実行に移すんじゃなかったっけ?? まあ、よしとしましょう。潜在でも、顕在でも。)

    Try34:家計簿を継続的につける
    目標を書き出すときは、家族にも見えるようにしておこう


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    SMARTな目標設定ってどんだけあるの?

     当ブログでも紹介しましたが、コンサルティングのテクニックとしてよく使われる目標設定のやり方「SMART」についての話題です。

     いろんな本でこの「SMARTな目標設定」という言葉を見かけます。いままで読んだ本にも出てきましたが、実は、毎回その構成された単語が異なることが気になっていました。

     およそ、意味はほとんど共通なんですが、英単語の解釈がまちまちなんですよね。というわけで、今日は自分なりに「これ!」という英単語の結論を出してみたいと思います。

    <SMARTの基本的な考え方>
     目標設定をする上で、重要なことは、それが達成できたのかどうかを判断できることです。そのために次に示す5つの要素を考慮すべきという内容です。

     1.Specific:具体的な
     2.Measurable:測定可能な
     3.Achievable:達成可能な
     4.Result-oriented:結果重視の
     5.Time-bound:期限付きの目標


     この5項目を満足する目標が設定できると、設定した期日に、目標が達成できたのか判断ができることになります。それが欠けると、せっかく立てた目標が刈り取れない=目標として機能しないことになります。達成できたかどうかの基準は非常に重要です。
     ここで「結果重視の」という言葉にひっかかりました。目標設定の際に、「結果」がどうであるか考慮するでしょうか。自分にあったSMARTを見直してみようと思います。
     では、今まで出会ったSMARTの意味を並べてみましょう。同じ場合は()で表現します。

    <それぞれのSMARTの意味>
    1.「ビジネスは手帳で変わる」の場合


    ビジネスは手帳で変わる フランクリン・プランナービジネス実践―一冊の手帳がビジネスを成功へ導く!ビジネスは手帳で変わる フランクリン・プランナービジネス実践―一冊の手帳がビジネスを成功へ導く!
    (2007/11)
    フランクリン・コヴィー・ジャパン

    商品詳細を見る

     1.(Specific:具体的な)
     2.(Measurable:測定可能な)
     3.Action-oriented:行動を促す
     4.Relevant:価値観と一致する
     5.Timely:タイムリー 今取り組むべき


     いきなり後半3つが違ってます。「行動」に結びつけることは重要ですよね。自分が納得する目標であることも重要。「価値観と一致する」いいですね。で、タイムリー?
     「今、取り組むべきか」というのは優先順位を決める判断基準だと思います。あるテーマの目標定めるときに、優先順位が関係してくるでしょうか。複数のテーマがあったときに、それらの優先順位を決める必要は出てくると思いますが、ちょっと「タイムリー」には賛成できません。

    2.「言いたいことが言えない人のための本」の場合
    「言いたいことが言えない人」のための本―ビジネスでは“アサーティブ”に話そう! (DO BOOKS)「言いたいことが言えない人」のための本―ビジネスでは“アサーティブ”に話そう! (DO BOOKS)
    (2007/09)
    畔柳 修

    商品詳細を見る

     1.(Specific:具体的な)
     2.(Measurable:測定可能な)
     3.Attainable:達成できる、到達できる
     4.(Relevant:価値観と一致する)
     5.Trackable:追跡可能な、取り組みの経過、自己成長を把握する


     ここでも2つ新たな単語が登場しました。ここで、「達成できる」という言葉はあまり気に入りません。「すごい会議」の読者としては、「達成できる」とわかっている目標は目標じゃないような気がします。Trackableはおもしろい解釈ですね。トレーサビリティーと似たような意味のようですが・・・。あまり重要性がわかりません。

    3.「非常識な成功法則」の場合
    非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
    (2002/06)
    神田 昌典

    商品詳細を見る

     1.(Specific:具体的な)
     2.(Measurable:測定可能な
     3.Agreed upon:同意している
     4.Realistic:現実的な
     5.(Timely:期日が明確)


     さらにまた2つ新たな単語が登場です。「現実的な」というのは「達成できる」という解釈と同じ。いまいち気に入りません。この他にもWEBでチェックしてみると、つぎからつぎへといろんな解釈が見つかります。今までの単語も並べてみましょう。

    <SMARTの英単語一覧>
     S Specific:具体的な
     M Measurable:測定可能な
     A Achievable:達成可能な
       Action-oriented:行動を促す
       Attainable:達成できる、到達できる
       Agreed upon:同意している
       Accountable:確認可能な
     R Result-oriented:結果重視の
       Relevant:価値観と一致する
       Realistic:現実的な
       Result-based :「成果」に基づいているか?
       Relation:価値のある
       Resonant:エネルギーが動いていること
     T Time-bound:期限付きの目標
       Timely:タイムリー 今取り組むべき
       Trackable:追跡可能な、取り組みの経過、自己成長を把握する
       Tangible:有形の
       Thrilling:ハラハラ・ドキドキと興奮する


    <多ぁ忙のSMARTはこれだ!>
     ということで、自分なりにひとつに絞ってみたいと思います。1,2は特に疑問なくこれでいいと思います。残りの3~5を検討してみます。まずは英単語が何かは考えずに目標達成するために何が必要なのかを考えてみると次のようになると思います。やっぱり行動に結びつくこと、そして、自分の納得できること。

     1.その目標は具体的に表現されているか?
     2.その目標は測定可能なものか?
     3.その目標は行動に結びつくか?
     4.その目標は自分の価値観と一致しているか?
     5.その目標を刈り取る期限がついているか?


     では、これに気に入った単語を当てはめてみると、こんな感じになりました。

     1.Specific:具体的な
     2.Measurable:測定可能な
     3.Action-oriented:行動に結びつく
     4.Relevant:自分の価値観と一致する
     5.Time-bound:刈り取る期限がついている


    Task8:SMARTな目標設定を実施する。(初期の目標設定を見直しました)
    1.ターゲット:09年3月末
    2.新たなトライ:120個以上
    (20トライ/月を6ヶ月継続する。1トライ/実働日。)
    3.習慣化:80個以上
    (新たなトライを70%以上習慣化する。習慣化とは30日以上の継続とする)


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    貴重なチャンス「第一回 Chabo!著者と読者の集い」

     このブログをスタートするきっかけを作ってくれた勝間さんのメルマガ情報でこんなイベントが企画されていることを知りました。

     「第一回 Chabo!著者と読者の集い」 12/4(木)

     ChaboとはCharity book programといって、著名な著者が集まって、その収益の一部を寄付しようという試みです。その活動報告がメインの趣旨のようですが、パネリストに注目です。

     勝間和代さんに加えて、ちょうど、先日読んだ「非常識な成功法則」の神田昌典さん、さらに和田裕美という3名です。ぜひ実際に声を聞いてみたいです。

     今、読んでみたい本の候補として和田裕美さんの「人づきあいのレッスン」があります。以前、勝間さんのブログで紹介されていたのを知り、イライラしないで、コミュニケーションを築くテクニックを身につけたいと思っています。

    人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法人づきあいのレッスン―自分と相手を受け入れる方法
    (2008/06/13)
    和田 裕美

    商品詳細を見る

     そう、私には「アグレッシブ」な特性が強く出ることがあります。その度に、反省するんですけど・・・。

     というわけで、さっそく申し込みました。3800円/1席というのもリーズナブルです。行けるかどうかは私の業務調整能力にかかっています。楽しみです。
     当日までに、和田さんの書籍読んでおこうと思います。さっそくAmazonでポチッとクリックしちゃいました。

    Task7:「第一回 Chabo!著者と読者の集い」に参加する
    Chabo!著者が教える「夢を叶える私の方法」を実際に聞いてこよう!


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    オーディオブックの体験談

     先日、ちょっと話題にあげたオーディオブックについての感想を報告します。今までiPodは音楽を聴くものという固定概念がありましたが、オーディオブックを入れて、使ってみました。あの勝間さんも推奨している勉強手法のひとつでもあります。

     といっても、きっかけは「無料プレゼント」というキーワード。ビジネスセミナーのCDが無料でもらえちゃうなんて、気になるじゃないですか。それは、

     リー・ミルティアの「成功のプログラミング『新しい自分を作る10の秘訣』」

     という3枚組のCDです。先日の出張の移動中に、聞いてみました。

    <トピック紹介>
    人生を変えるための非常に大きな力となる10のコンセプト
     1つ目のコンセプト「セルフイメージの改善」
     2つ目のコンセプト「ポジティブになる」
     3つ目のコンセプト「イメージ化」
     4つ目のコンセプト「自己肯定」
     5つ目のコンセプト「パターンの中断」
     6つ目のコンセプト「学習能力の強化」
     7つ目のコンセプト「第6感」
     8つ目のコンセプト「精神のテレパシー」
     9つ目のコンセプト「目標」
     最後のコンセプト「ユーモア」

    という内容が女性の声で語られています。この中で、気になったことは
     「セルフイメージの改善」:これはまさに先日紹介した「非常識の成功法則」に出てきた潜在意識活用術です。家族や身近な人に植え付けられたイメージでみなさんの行動が形成されています。これをちょっとでも自分のイメージを良くすることで、自分の行動が変わってくるというもの。実は現在読んでいる「史上最強の人生戦略マニュアル」にも同様の内容が出てきます。ということで、わたしは偶然にして、立て続けに「潜在意識活用術」の重要性をたたきつけられました。

     それ以外には・・・。うるおぼえなので、もう一度どこかで聴いてみます。

     ところで、「無料プレゼント」ってちょっと怖くないですか?うたい文句によると、9000円で販売しようと計画していたものと紹介されています。で、無料で配布することにより、他の商品の販売が促進されることがねらいだとあります。
     当然、個人情報を提供するわけで、メルマガ等には強制加入ということになります。まあ、配信停止もできるので、今のところ「タダより高い物はない」という印象はありません。正直、HPで配信されている動画などはうざいですが。
     興味ある方は、下の画像をクリックして無料CDをゲットしてみましょう。

    無料CD

    <オーディオブックのメリット、デメリット>
     ここで、初体験のオーディオブックについて感想です。
    メリット:夜間のバスでも利用出来る
     本は暗くては読めません。音楽を聴く感覚で、気軽に読書ができるといった感じ。

    デメリット:気づくと寝ている。どこまで聴いたかわからなくなる
     まあ、繰り返し聞くと、あ、こんなこと言ってたんだ。と再発見があります。「非常識の成功法則」でもオーディオブックを薦めています。一度聞いたあとに、再び聞いたとき、そのひとの理解度はさらに増すとありました。



    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    年収2000万の手帳術

     昨日、発売されたビジネス誌「プレジデント」に興味深い手帳術の記事が出ていました。表紙に大きく

     年収2000万の手帳術

     とあります。(写真のように。クリックするとプレジデント社のHPへジャンプします。)

     手帳術の話題が満載で、来年の手帳どうしようか迷っているひとがいたら、ぜひ一読してみましょう。主なトピックを紹介します。

    プレジデント

    1.日本一の多忙社長「能率10倍の手帳」初公開!
     著名な6社の社長に見る手帳術やマネジメントの工夫などが紹介されています。楽天の三木谷会長は手帳を持たないそうです。でもそれに代わるノートを活用しているようです。
     業種も異なる6社の社長のインタビューは興味深い内容でした。このようなトップマネジメントで活躍する人の手帳はスケジュール管理以上に、アイデアの保管箱のような使い方がキーポイントみたいですね。

    2.「年収2000万 vs 500万」500人分析!
     この2種類で分けるのはかなり大胆ですが、年収500万とは、一般的なサラリーマン、年収2000万とは、管理職または、個人ビジネスで成功しているひとという区別のようです。
     年収2000万の回答で顕著に高かったアンケート結果は次のとおり。

     ●前日に明日の予定を確認する習慣がある
     ●将来のための投資の時間を意識している
     ●長期目標を設定している
     ●趣味の時間を設け、ブロックする
     ●目標を行動計画に落とし込む
     ●過去のページを振り返って行動を見直す


     なるほど。人生手帳などで、推奨されている項目ばかりですね。成功者の実績ということでしょうか。

    3.「実物&活用術」これが高生産人間の武器だ
     ここでは5名の手帳術の達人の工夫点が写真とともに紹介されています。実際にどんなふうに活用しているのかがわかります。

    4.初・中・上級別「グンと差がつく」7のコツ
     ●目標のたて方はどうするか?
     ●優先順位のつけ方はどうするか?
     ●締め切りの決め方はどうするか?
     ●仮の予定はどうするか?
     ●時間の配分をどうするか?
     ●終わらなかった予定はどうするか?
     ●大きな夢を実現するにはどうするか?


     「手帳術の二大カリスマ」渡邉美樹さんと佐々木かをりさんによるアドバイスが紹介されています。非常にためになる内容でした。

    5.達人指南!「鈍行社員」が「急行社員」に大変身
     編集部で一番仕事が遅いひとを分析し、どう改善すべきかを検証しています。実例紹介として参考になります。

    コラム:「金持ち社員 vs 貧乏社員」人気手帳ランキング
     全26種類の手帳をランキングしてます。トップはやはり「能率手帳シリーズ」

    6.09年版「時間ない病」が完治する手帳ガイド
     手帳の歴史から、実際の09年手帳カタログみたいに写真付きでラインナップが紹介されています。自作リフィルを考えるのにも参考になります。09年手帳を探している方は、一度チェックしてみてください。

     雑誌ですが、永久保存版にしてもいいくらいの内容です。いろいろと手帳術の参考にしていきたいです。

    復習 Task6:自分のシステム手帳スタイルを構築する
    プレジデント11.3号を参考にしよう。


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    世界的日本人の力強いメッセージ

     先日ちょっと紹介した本のレビューです。カーデザイナー奥山さんの力強いメッセージが伝わる一冊です。著者はポルシェ、コルベット、フェラーリのデザインを手がけた世界で活躍するデザイナーです。

     そして、このインパクトのある赤い表紙とこのタイトル。しびれるほどかっこいいです。タイトルの由来は

     「10000点のイラストを描いた中の1点から必然的に、人生を決める15分が生まれる」

     ということで、あのエンツォフェラーリのデザインは、意志決定者から時間切れと宣告されたときに、15分だけもらって書き上げたデザインに決まったそうです。人生が凝縮された15分と表現されていました。このタイトルは他のビジネスにもあてはまる成功法則じゃないでしょうか。多作が成功を生む。やはり数をこなして、自分に自信をつけることが重要です。

    人生を決めた15分 創造の1/10000人生を決めた15分 創造の1/10000
    (2008/05/24)
    奥山 清行

    商品詳細を見る

     もちろん、中に出てくるイラストもかっこいいです。そして世界で活躍してきた奥山さんが伝えるメッセージが熱く伝わってきます。

     また、世界での仕事のやり方を経験してきた著者から見た、日本における問題点をずばっと切り込んでくれています。特に議論のやり方をこんな感じで指摘しています。

    日本式:感情を出さず、議論になったときには個人攻撃をする
      → 後の人間関係にも影響あり
    アメリカやイタリア式:感情を表に出しつつ、激しい議論になる。でもその対象は相手の仕事
      → 会議後は和やかに後腐れ無く負われる


     不満をため込んではいけません。感情はしっかり出していかないと。議論の対象はあくまで、良い結果を出すための仕事です。個人攻撃では何の解決策も出てきません。ぜひ見習いたいところです。

     これからKEN OKUYAMAブランドでスポーツカーを販売開始するという大きな夢を実現し、その活躍の場を広げ続ける著者の志や意気込みがひしひしと伝わってきました。

     KEN OKUYAMAブランドのホームページは9/16に開設されたばかりのようです。さすがデザイナーならではの、かっこいいホームページです。Ko.7, Ko.8のクルマも強烈な個性です。未来の映画に出てきそうなデザインです。チェックしてみてください。

    Try33:会議の姿勢を見直そう。感情を出しつつ、相手も気遣う。
    感情的になったときは、個人攻撃しない。議論の対象は仕事だ。


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    「紙に書く」ことで自動的に目標は達成できるのか?

     今日は、私のマックの画像を紹介します。こんな感じです。

    紙に書く

     で、今日の話題は「紙に書く」ことで自動的に目標は達成できるのか?という内容です。

     先日、神田さんの「非常識な成功法則」という本を紹介しましたが、そこで紹介されている非常識な方法論です。

     「非常識」に聞こえますが、実際読んでみると、自分の潜在意識をうまく利用する方法論であることがわかります。紙に書くことで、

    1.五感を利用して、潜在意識に書いた内容をたたきこむ
    2.紙に書いた物を毎日チェックすることで、潜在意識に焼き付ける
    3.焼き付いた潜在意識の内容を達成するように、脳が動き出す


     という効果が得られるそうです。この「潜在意識活用術」というのは実は、ビジネス書を読むと、いろんな本で紹介されていることに気づきました。よって、本日より、新たにこのカテゴリを追加しました。今後も関連の内容を紹介予定です。

     さて、今日から私も自分の目標を「紙に書く」ことを実践してみました。内容は秘密です。ここで、注意事項があります。私のように、自分の隠れ家的な書斎を持っていない方へのアドバイスです。

     妻に、さんざん、小馬鹿にされました。毎日見れるようにパソコンの前にずらっと並べた黄色いポストイット。「インテリアの雰囲気を損ねる」とか、「なんなの、この目標は?」とかとか・・・。いや、こんな小言にはくじけてはいけない。と自分に言い聞かせています。

     そう、こういう小言を言われたときには「そんなこと言うなんて、あなたらしくない」というのが良いようです。という話はまた後日紹介します。

    復習 Try32:目標を紙に書き出す。→潜在意識が自動的に目標達成へ動き出す
    ※目標を書き出すときは、周りに見えないように!でも自分には毎日見えるように!


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    システム手帳のクリアポケット買い直し

     ささいなことですが、教訓を得た内容をメモしておきます。
     以前、A5サイズシステム手帳を使いはじめてから、クリアポケットを同時に購入しました。特に気をつかわず買ったのがいけませんでした。それは通常のA5リフィルとおなじサイズのポケット。どういうことかというと、

     A4サイズの紙を二つ折りにしたものとポケットのサイズが一緒=パンチ穴をあけないと、A4サイズを折っても入らないんです!

     という失敗談です。クリアポケットにいれるのに、わざわざ穴なんてあけませんよね。

     というわけで、今日はリベンジ。当然ながら、A4二つ折りサイズを入れるためのクリアポケットというのが商品に並んでいました。ASHFORDの「ワイド幅タイプ」というものです。
     これなら、二つ折りのA4がそのまま入ります。
     みなさん知ってましたよね? いいです。私も今日知ったのですから。

    Ashford/アシュフォード スペシャルクリアーポケット A5サイズ 0428-000

    教訓6:A5サイズのクリアポケットには「幅広タイプ」がある.A4サイズを入れるなら,これじゃないと入りません!


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    システム手帳リフィルのバージョンアップ3

     また、エクセルマクロをいじってみました。今回のバージョンアップは、複数週間にまたがる印刷機能を追加しました。
     前回のバージョン(2.0としておきます。)では、マクロ側に複数週間の繰り返しループを追加しただけだったので、マクロを修正しないと表示週間を変更することはできませんでした。さらに印刷時には印刷範囲の指定をやりなおす必要がありました。
     ということで、今回Ver3.0では、この2つの課題を解決しました。

    ウィークリーリフィルVerUp 2week

    オリジナルリフィルダイアログ

    <オリジナルウィークリーリフィル 前回バージョンV2.0の問題点>
    ・5週間分の連続表示を可能としたが、表示週間変更にはマクロの修正が必要だった。
    ・印刷する際には、印刷範囲の変更が必要であった。


    <オリジナルウィークリーリフィル V3.1の改善点>
    ・ダイアログボックスに、表示週間の入力欄を追加
    ・入力値に応じた、複数週間の表示を可能とした
    ・マクロ実行後には改ページプレビュー画面になるように設定
    ・印刷範囲も指定した表示週間に合わせて自動設定
    ・印刷設定のボタンを追加 2008.10.12

    ※エクセルは256列の制限があるため、12週がMAXです。残念。

    ※10.05.04追記
    オリジナルリフィル最新バージョンはこちらからチェックしてください。
  • オリジナルリフィルカテゴリ一覧

  •  エクセルマクロは、スクリプトの記述方法やスクリプト自体がわからくても、マクロの記録を実行することで、エクセル側が教えてくれるのでなんとかなるものですね。さらに詳細はwebでチェックすればおよそ答えが見つかるし。けっこうはまると面白くなってきました。

    復習 Try27:オリジナルリフィルでシステム手帳をバージョンアップ
    表示数の設定欄を追加し、印刷範囲の自動設定に対応

    続きを読む...


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    非常識な成功法則は非常識なのか?

     本日、北海道から帰ってきました。昨日の記事の出張途中で購入した「非常識な成功法則」のレビューを紹介します。

     昨日次のように紹介しました。

     私がビジネス書を読み、成功者のアドバイスに耳を傾けている真っ最中に、「成功者の正論では凡人には成功できない」とあります。そのタイトルは「非常識な成功法則」。
     どんな非常識なのか、読んでみたくなるじゃないですか。


     読んだ感想としては、確かに「非常識っぽい」雰囲気もちょっとありますが、読み進めると、だんだんよくある成功者の正論に近づきつつあり、最後のまとめはやっぱりよくある成功者の法則だったという印象です。
     ということで、一見非常識っぽい表現ながら、きちんとした成功へ導く方法論が紹介されている極めてまともなビジネス書とも取ることができます。

    非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
    (2002/06)
    神田 昌典

    商品詳細を見る


    <目次とトピック紹介> ()は多ぁ忙の見解
    お金と自由をもたらす8つの習慣
    序章 成功は「悪の感情」から始まる
    (一見、非常識だけど常識)
     悪の感情は非常にエネルギーが高い。悪は善と極性が違うだけでエネルギーという観点では強い。悪の感情は戦争、殺人を起こすパワーを秘める。凡人には悪のエネルギーが充満している。人間の悪と言われる部分が根源的なエネルギーとなって成功をもたらす。

     まあ、ようは失敗や挫折などからはい上がるエネルギーを「悪」とあてはめた表現であり、著者独自の善、悪のとらえ方といったとこでしょうか。非常識っぽく表現した常識と理解しました。

    第1の習慣:やりたくないことを見つける(一見、非常識だけど常識)
     成功者が誰も教えないこと=目標を紙に書くこと
     紙に書くと実現する。簡単すぎて、誰も教えてくれない。
     悪い目標:やりたいこととやりたくないことが混在
     良い目標:やりたいことが明確化
     やりたくないことを紙に書き出す。次に、やりたいことを紙に書き出す。
     やりたくないことを明確化することにより、本当にやりたいことが見つかる。

     ひとから言われたことではなく、自分の潜在意識が思っている願望を引き出す方法として、紙に書き出すことを推奨してます。これは実践してみたいです。

    第2の習慣:自分にかける催眠術(常識)
     自己催眠:潜在意識をプログラミングする方法
     他人によって作られた記憶の回路をいったん遮断して、自分に都合のいいように再構築する。潜在意識は未知のことに抵抗するから。新しいことを始めようとすると「そりゃ不可能だ」とブロックする役割を持つ。

     ここは極めて常識的な内容です。潜在意識の重要性と説き、その利用方法を具体的に紹介しています。昨日も紹介したリー・ミルティアのCDと同じ内容が出てきています。こちらも後日紹介します。潜在意識をうまく活用することは非常に有効のようです。脳の検索能力を活用するためにも、紙に書き出した目標を繰り返し見ることで、潜在意識で行動が成功へ導くよう動き出すようです。

    第3の習慣:自分に都合の良い肩書きを持つ(常識)

     ここも常識的な内容。ようは自己暗示をうまく利用すること。自分は「世界トップのセールスマンだ」というようなセルフイメージを構築すると、うまくいくようになる。

    第4の習慣:非常識的情報獲得術(一見、非常識だけど常識)
    第5の習慣:殿様バッタのセールス(一見、非常識だけど常識)
    第6の習慣:お金を溺愛する(一見、非常識だけど常識)

     このあたりの内容は、「感情マーケティング」と呼ぶ手法の紹介で、興味ある顧客を売る側が選び、ビジネスを展開する手法の紹介です。一見非常識に見えますが、ビジネスの効率を追求すると、こういうモデルになるんじゃないでしょうか。

    第7の習慣:決断は、思い切らない(一見、非常識だけど常識)
     現在の良い面、悪い面、将来の良い面、悪い面を見極め、決断をくだせという内容。

     ここも常識的な内容。将来を熟慮して判断しろというシンプルな訴えです。

    第8の習慣:成功のダークサイドを知る(一見、非常識だけど常識)
     ここは成功者への戒め。著者が本文中で何度か出てくる文章です。最後に自分への戒めとしてコメントしたのでしょうか。成功はいつまでも続くとは限らない、成功したあとに限って、最悪の事態が待ち受けてることもある。これも一見、非常識だけど常識ですね。

    <総評>
     というわけで、一見、非常識な内容に見えて、実は極めて常識的なビジネス書の内容だったことがわかりました。どんな「非常識」なのか?という期待には応えてくれませんでしたが、自分にはためになる内容がたくさん紹介されており。価値ある内容でした。

    Try32:目標を紙に書き出す。→ 潜在意識が自動的に目標達成へ動き出す。
    やりたくないことを書き、その後、やりたいことを書き出す。


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    多ぁ忙の新たな行動

     今日は出張先の北海道からの書き込みです。出張中はブログをお休みしようと思っていましたが、ホテルでインターネットが使えたので、ちょっとした記事を紹介します。
     このブログをスタートしたことによる、「新たな行動」の発見です。ほとんど、本を読まなかった自分がここまで変わるとは思いませんでした。
     今回出張先に持っていった本は2冊。移動中に読もうと思っていたものです。出張の際は東京駅をよく利用します。そこで立ち寄る小さな本屋"Book Express"にはせまいエリアに目立つ場所にビジネス書がたくさん並んでいます。今回は「新しい知識がここにある」コーナーをチェックしてみました。(ここに並んでいる本はかなり厳選しているようです。)

    Book Express

     ちょっと覗くつもりだったんですが、挑戦的なタイトルの本を目にして、ついついまた買っちゃいました。(読みたい本を2冊もってきたはずなんですが)
     今、私がビジネス書を読み、成功者のアドバイスに耳を傾けている真っ最中に、「成功者の正論では凡人には成功できない」とあります。そのタイトルは「非常識な成功法則」。
     どんな非常識なのか、読んでみたくなるじゃないですか。

    非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
    (2002/06)
    神田 昌典

    商品詳細を見る

     さて、ここで本書の紹介に行く前に、私が発見した、「新たな行動」の話に戻ります。本屋で、本書を買った後、電車に乗ります。片手に本。しまうのが面倒だったので、手に持っていたら、気づいたら電車の中で読み始めました。そのまま、羽田空港に到着。フライトまでの時間で、読みきりました。

     うーん、非常に充実感あり。

     もうひとつ、新たな行動を紹介します。これは全く偶然なんですが、本書でビジネスセミナーの講演内容をテープで聞くべし!とあります。
     実は、いつも音楽を聴いているiPodには智香子さんのブログで紹介されていたリー・ミルティアの「成功のプログラミング『新しい自分を作る10の秘訣』」というCDをいれていました。移動中にこれを聴くというスタイルを実践。これもいままでやったことのない行動です。
     このリー・ミルティアが紹介している内容と、「非常識な成功法則」の中身が酷似していました。偶然だとは思いますが、どちらも私に潜在意識をいかにうまく利用するか。ということを教えてくれました。
     詳細は後日レポートしますが、まずはこれを実践してみたいと思います。

     「やりたいこと、達成したいことを書き出す。」
     「それを毎日チェックする。」


     たったこれだけです。これを実践すると、脳は自動的に目標を達成するように機能しはじめるそうです。これは自己暗示とか、セルフイメージを構築するとか、いろんな言葉で表現されますが、間違ってないと思います。ちょっと懐疑的な気持ちもぬぐえませんが、それは実践した後で考える事とします。

    Try31:スキマ時間を活用して、読書する。 読みたい本はためらわない。
    iPodの新たな活用方法を実践する。オーディオブックを利用しよう。


    theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

    多ぁ忙の読書術の問題点

     今日は私の読書術についての困り事を紹介します。

     まず、今日届いた書籍を紹介します。まだ読んでません。レビューは後ほど。

     この本は「時間管理術研究所」の水口さんのブログで紹介されていたものです。その中で、「自動車」「デザイン」が好きなひと、そして「ビジネス書」に興味あるひとにお勧めしていました。この3つのキーワードは私の大好きな言葉。さっそく飛びついてみました。オールカラーのデザイン画が超かっこいいです。(まだひと文字も読んでませんが・・・。)

    人生を決めた15分 創造の1/10000人生を決めた15分 創造の1/10000
    (2008/05/24)
    奥山 清行

    商品詳細を見る


     で、本題に戻りますが、私の困り事は「読みたい本が増え続ける」ことです。あ、いやそれは困り事じゃないですね。「買った本を読んでない」ことです。最近はWEBの進化で、Amazonのワンクリックボタンなんか利用すれば、ちょっとした勢いで、ポチッとクリックするだけで、数日後に本がポストに届いているなんて便利な世の中です。

     私の読書タイムは週末の時間と、隙間時間。読むスピードも速くないので、ビジネス書関連のブログで毎日書籍紹介しているような先輩方には到底及びません。
     にもかかわらず、新たな本を読みたがる欲求は一人前。

     さらに・・・。近所の町の図書館や、ちょっと離れた市の図書館もよく利用します。これのよくない循環に気づきました。

     本を借りる → 返却日までに読む →新しい本を買う → 図書館で本を返す → また借りる → 返却日までに読む →新しい本を買う ・・・・。(このサイクルだと「新しい本を読む」がない)

     このサイクルを繰り返していたら、買ったのに読んでない本がずらずらと本棚に並び始めました。現在7冊です。(本日この「創造の1/10000」が届いて7冊。)
     そうそう、勝間さんの本でも「ある程度、読みたい本を持っておく」というアドバイスがあって、本を買うことにためらいが無くなったことも要因のひとつかも。これは良い習慣であると理解しよう。

     というわけで、先週末に図書館の本は一段落。これから7冊を徐々に食いつぶしてみたいと思います。明日から週末まで出張です。出張先にこの本を持っていこうと思っています。

    教訓5:買った本と借りる本のバランスを考えよう.
    せっかく買った本をいつ読むのか? 反省しました.


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    すごい会議の実践方法と分析結果

     先日紹介したすごい会議の初実践結果から、私なりに工夫したその進め方の紹介とすごい会議は、なぜ「すごい」のか?を分析してみたいと思います。

    <多ぁ忙流 すごい会議実践方法の紹介>
    1.すごい会議の実践前に

     この「すごい会議」を実践する前に、参加メンバーには1ヶ月前に大橋禅太郎氏の「すごい会議」を回覧させました。本書は「すごい会議」がどんなすごい結果を生むのか?そのサクセスストーリーがとても面白く、回覧させるにしても大きな負担になりません。読むことによって、「すごい会議」への期待が高まります。

    2.用意するものと、その使い方
     ・コピーボード
     ・プロジェクタ
     ・大きな模造紙
     ・ポストイット100×150mm
     ・ペン(模造紙記入用と、参加者の記入用)
     ・チョコレート(集中力の継続のため)
    すごい会議の例

     用意するものは「秘伝・すごい会議」に紹介されているものがほとんどですが、すごい会議初心者の多ぁ忙流としては「プロジェクタ」を利用しました。上の画像のように、コピーボード左下に小さく投影し、推進項目と手順がわかるようにしました。(まあ、いわゆるカンペですね。前日のAM2時くらいまでかけて作ってました。)
     そして、縦型の大きなポストイットに名前と回答を記入してもらいました。

    3.メンバーと司会の位置と順番の工夫
    すごい会議の例2

     今回のすごい会議は全部で司会の私を含めて7名。司会である私は同時に参加者でもあります。リクエストの回答は自分も書き出し、発表します。これを司会進行しながら実施するのはかなりきつかったです。工夫点としては、司会&参加者は一番最後にしておくこと。そうすれば、模造紙を書くこと、回答を記入することなどにちょっと余裕が作れます。
     もうひとつのアドバイスとしては、トップバッターには4つのタイプで紹介した「プロモーター」を選出するのが効果的です。例えば、手順6の「言えない問題を言う」のをうまく切り出してくれるのは場の雰囲気を盛り上げてくれるプロモーターが適しています。

    4.手順1:自分自身のうまくいっていることを3つ書く
     ここでの工夫は仕事とプライベート含めて3つ書いてもらうようにお願いしました。仕事仲間同士ではなかなかプライベートな話題を共有してないことが多いと思います。この手順1の目的は会議のスタートのモチベーションをあげること。プライベートのうまくいっていることを発表することで、より仲間意識が生まれます。

    5.リクエストの意図を理解しない人への対応
     リクエストに対する回答をちょっと取り違えて回答する人が出てきます。この場合には、なるべく自分で気づかせることが重要です。第3者から「そうじゃなくて、こうでしょ!」と答えを教えてしまうのはよくありません。周りの答えと解釈がちょっと違うことに本人は多少なりとも気づくはずです。そこで、何が求められているか自分で理解することがポイントです。このような場合にはもう一週目で答えてもらうようにしました。

    リクエストの取り違えた例
    手順5:達成の障害となっている問題はなにか? →「どのようにすれば~」と書き換える
     言葉の書き換えだけのリクエストに対し、どのようにすれば解決するのか答えを書こうと必死に考えているひとがいました。
    手順6:言えない問題はなにか?
     「言えない」という意味を勘違いしてる人がいました。「普段の職場ではこんなこと言えないよ」ということを言ってもらいたいんですが、「答えがわからずに言えない問題」という内容を書く人がいました。
    手順11:今から1ヶ月以内に自分の起こす一番大きな,インパクトは何か?を紙に書き、発表する
     1ヶ月後に想定される出来事(自分が行動を起こさなくても出てくる予測結果)を書いたひとがいました。「それは自分が起こすことですか?」という問いかけに求められていることがなんなのか理解してくれたようです。


    6.戦略的フォーカスの各分野の担当者=パイロットと呼ぶ
     「すごい会議」の書籍では担当者を決めるとありますが、ハワード・ゴールドマンの「すごい考え方」ではパイロットと紹介されています。意味合いは同じですが、後者の「パイロット」という名前が非常に気に入ったので、今回はメインパイロットとサブパイロットという呼び名を使いました。各課題を解決するように操縦するのはパイロットという名にふさわしいと思いませんか?

    7.すごい会議終了後の対応
     すごい会議では、全員のモチベーションの共振現象によって、普段では思いつかないようなアグレッシブな回答が引き出されてきます。その結果がポストイットに残ります。模造紙に書き込んだ内容をコピーして、残し、原紙のポストイットは各参加者にはがしてまとめて配布しました。今後の戦略的フォーカス実現に向けて、机の前に貼っておくよう指示しました。(トップのポストイットには手順11の1ヶ月後の自分が起こすインパクトが書かれています。)



    「すごい会議」の効果分析結果
     以上、多ぁ忙なりの工夫を紹介しました。今後、初めて実践する人の参考になれば幸いです。ここで、私なりの「すごい会議」がなぜすごいのか?を考察してみます。

    1.参加メンバー全員のモチベーションの共振現象効果
     手順1をスタートに、参加者のモチベーションが向上していきます。それは普段のその人のモチベーションの限界をはるかに超える効果があるようです。全員が普段以上のモチベーションにあがると、まわりもそれに引っ張られます。それを実感できました。
     特にPMになると、AMでは発言しなかった消極的なメンバーから、どんどん意見が出てきます。

    2.熟慮された手順がチームワークを形成していく
     手順3により、望む成果を得るためには自分の責任が100%であることを理解させてくれる。この手順は非常に重要だと思いました。普通の会議にはない考え方です。まさにすごいOSです。順序だてて、チームワークが形成されていきます。

    3.「どのようにすれば~」の変換の効果
     手順5→6→7とこの書き換えを実施しますが、達成の障害となっている問題→解決への問いかけに変わる。さらに、「言えない問題」は愚痴から解決すべき課題であることがわかってきます。これもすごいOSの効果です。特にこの「言えない問題」を暴露することで、チームワークは一層変化します。なんでも言い合える仲間意識が生まれます。

    4.戦略的フォーカスの作成の所有者
     この手法で完成した戦略的フォーカスは誰の物でもなく、全員がそれぞれ100%の責任において、創ったものです。合意し、約束したもの。上司も部下も隔てなく共通の理解が生まれます。

     以上の要素から普通の会議にないすごさが誕生します。今週から、メンバーの姿勢がちょっと変わってきたように感じています。今後はコミットメントリストの推進を継続していきたいと思います。ビジネスに行き詰まっている方にはぜひこのすごい会議でブレークスルーしてもらいたいです。

    教訓4:すごい会議の秘密は参加メンバー全員のモチベーションの共振現象効果にあった


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    システム手帳リフィルのバージョンアップ

     今日は、電気屋さんでプリンターを物色してきました。最近は両面印刷をサポートするようになって、オフィスの複合機に近い物が2,3万円で入手できる時代になってきています。そろそろ買い換えたいと思いつつ、今日はCanonの新製品が登場したばかりということで、購入を思いとどまりました。
     さて、なんで両面印刷が欲しくなったかというと、以前紹介したオリジナルリフィルの印刷のためです。このときは、手差しでひっくり返して印刷というのを繰り返していましたが、やっぱり面倒です。じゃあ、両面印刷ができれば解決するのか?と考えたときに、大きな問題があることに気づきました。それは・・・。

     一枚のリフィルの表と裏を印刷するためには、以前のエクセルマクロではダメなんです。これを印刷すると、

     表 月~水
     裏 木~日


    つまり、見開き1週間にならないんです!

    ウィークリーリフィル2week

     そこで、いろいろと以前のファイルをいじってみました。今回はかなり難航しました。前回はほとんどレイアウトの修正だけでしたが、今回は複数の週を繰り返して、セルをうめるループを追加する必要があったのです。
     マクロに詳しいわけじゃないので、デバッグモードで、順に動作をチェックしながらようやくねらいの姿にすることができました。上の画像クリックしてみてください。大きな画像が確認できます(4ページ分を表示)。
     今回のバージョンでは、5週間分(10ページ分)を表示できるように改善しました。これならば、2ページ目から9ページ目の8ページ分を両面印刷すれば、

     表:木~日
     裏:翌週の月~水


     という順番に4枚分の両面印刷ができると思います。(プリンタ買ってないので、検証はしてません。)
     また、A4サイズに4週間分を印刷するという使い方も可能だと思います。

    <オリジナルウィークリーリフィル 5weekバージョン>
    ・5週間分の連続表示を可能としました
    ・"Daily To Do List", "Weekly To Do List"という文字を追加
    ・To Do Listのチェックマークを大きくしました
    ・トップのメモ欄の罫線を廃止


    ※10.05.04追記
    オリジナルリフィル最新バージョンはこちらからチェックしてください。
  • オリジナルリフィルカテゴリ一覧

  • 復習 Try27:オリジナルリフィルでシステム手帳をバージョンアップ
    複数の週にわたる連続印刷に対応しました


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    アサーティブな姿勢を身につけよう!

     昨日の「あなたの話はなぜ通じないのか」に続き、コミュニケーション術の書籍紹介です。これも読書の3点観測から選んだ一冊。「話が通じない」という観点よりも、さかのぼって、「話ができない」という切り口で書かれた本です。みなさんは「アサーティブ」という言葉をご存じですか?私は本書で知りました。

    「言いたいことが言えない人」のための本―ビジネスでは“アサーティブ”に話そう! (DO BOOKS)「言いたいことが言えない人」のための本―ビジネスでは“アサーティブ”に話そう! (DO BOOKS)
    (2007/09)
    畔柳 修

    商品詳細を見る

     本書で学んだことは、アサーティブな態度を身につければ、ストレス社会を乗り切れるということです。

     今、コミュニケーションスキルに興味があり、どうやって自分のスキルを磨くか、職場の仲間のスキルを磨くかを勉強中です。そんな中で「言いたいことが言えないひと」をどう育てるかという観点で本書を手に取ってみました。

     心理療法やメンタルヘルス等を専門とした著者がビジネスのコミュニケーションへ応用した内容であり、自己表現が苦手と思っているひと、そのようなひとを部下にもつひとへお勧めできる一冊です。

     あとがきの文章が本書の一番言いたかったことだと感じました。それは競争原理に強く支配されているビジネスの現場における姿勢には次の3つがあると。

     1.自分を大切にしながら相手も大切にする関わり(アサーティブ)
     2.いかに自分が優位に立つかという威圧的な言動(アグレッシブ)
     3.自分をどれだけ押し殺すかといった言動(ノン・アサーティブ)


     アサーティブな姿勢1を実践できているひとは少ない。ストレスを抱えながら毎日過ごしているビジネスマンはとかく、2や3の態度に支配されてしまうそうです。
     ここで注意したいのは、自分が1,2,3のどれに該当するのか?ということではないんです。本書でもこの3つのタイプの診断チェック表があって、自分のタイプがわかる方法が紹介されていますが、これはあくまで自分の傾向を理解するためのもの。それらの姿勢は相手の状況によって、いずれかが発揮されるものだと言っています。

     確かに自分も2に当てはまるような言動を思い出します。さらに部下を上手に褒める言葉の使い方にも、アサーティブな言葉使いが重要であることを学びました。本書のアドバイスをかみ砕いて、アサーティブな態度を身につければ、ストレス社会でもうまくやっていけると確信しました。

     本書で一番気に入った言葉を紹介します。

    アサーティブは主体的に生きる、かかわること。過去と他人は変えられない。変えられるのは自分、そして未来。

     そりゃそうなんです。でも文字で読むと、インパクトがありますね。自分を理解し、未来を変えていこう。

    ※うちにはキャバリヤのワンちゃんがいます。(プロフィールの写真)彼女はアサーティブに生きているように思いました。自分の嫌なことはやらない。そして私達と強調し、楽しいことを求める。犬はオオカミにない能力を持っています。それは人とコミュニケーションを取る能力です。取れない場所にある餌を犬は「キューン」って涙目に人に訴えてきます。オオカミには出来ない行為です。すばらしい生き物ですね。

    Try30:アサーティブな姿勢を身につけよう.そして自分を理解し,未来を変えていこう.


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    音声メモ使ってますか?

     みなさんは携帯電話活用できていますか?IT技術の進化のおかげで、現在の携帯電話はもはや「電話」ではありません。限りなくパソコンに近い存在に成長しています。「電話」としては当然活用できていると思いますが、それ以外にもたくさんの機能が満載です。今日はその中で、「音声メモ」を紹介します。

     昨日は、ちょっと友人宅に伺うついでに、大型ホームセンターに寄りました。手帳コーナーがあったので、覗いてみました。9/20の手帳購入レポートで紹介してきたように、私は現在の商品に並んでいるものはほとんどチェック済みと思っていました。
     そんな中で、今日立ち寄ったホームセンターでこんなシステム手帳を見つけました。



    ノーマディックというバッグメーカーが出しているA5版のシステム手帳です。

    メーカー:ノーマディック
    価格:¥3465
    特徴:A5システム手帳の6穴タイプ
    1.外側にファスナーポケットがあって、ペンなどを収納できる
    2.内側にも外側にもたくさんポケットがある
    3.ベルト部はマジックテープで開け閉め簡単
    4.リングサイズ 25mm
    5.リーズナブル


     こんな感じです。気軽にA5サイズのシステム手帳を始めたい人にはぴったりじゃないでしょうか。リングも大きめでサブバインダーにもいいかなと思いました。
    ※ポケットの入れすぎには注意しましょう。パンパンになっちゃいますよ。きっと。

     さて、今日の話題はシステム手帳紹介ではありません。本題に入ります。こんなブログネタに出会ったとき、とっさなメモが役に立ちます。

     わたしはこの「ノーマディック」というメーカーを知りませんでした。全く聞いたことのない名前をその場で記憶するのはわたしには無理。かといって、メモを書くものも持ってないし、写真を撮るのはお店ではいけません。でもその場でチェックした「ノーマディック」という短い単語なら、2,3分は頭に残すことができるでしょう。

     そこで、活躍するのが携帯の「音声メモ」です。今まで活用したことなかったんですが、以前紹介した勝間さんの「新・知的生産術」の中でもICレコーダーや携帯による音声メモの活用を勧めていました。帰りがけに、ちょと一言「ノーマディック」と記録したおかげで、このようにブログ記事にすることができました。これをやってなければ、もはや思い出せなかったでしょう。

     最近の私にも新たな「音声メモ」の習慣が身に付きつつあります。「あ、こんなこと記事にしてみよう。」そんなささいな記録が、生活にちょっとした変化をもたらしてくれます。

    Try29:携帯電話の音声メモ機能を活用しよう
    自分の記憶に頼らず、IT機器に頼ろう。それは日常生活をちょっと変えてくれる。


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    あなたの話はなぜ通じないのか?

     今日紹介する本はコミュニケーション術に関する1冊です。実は1年くらい前に読んだ本なんですが、コミュニケーションスキル向上のために、もう一度読んでみようと思い立ちました。Amazonの評価も高く、現在69件のレビューが集まっています。(私も1件書き込みました。)
     このブログをスタートしてから、読書の記録を残すようになりました。読んで「なるほど!」と思ったことや、全く知らなかった言葉、文章など、メモを残し、レビューを記録しています。この本はそれをやってなかったので、1年も前だと、どんな内容だったか思い出せないんです。でも、目次を見ると、あ、こんなことが書いてあったっけと記憶が戻ってきます。今後はこういうことがないと期待しています。

    あなたの話はなぜ「通じない」のかあなたの話はなぜ「通じない」のか
    (2003/10)
    山田 ズーニー

    商品詳細を見る


     さて、現在私がコミュニケーション術に興味を持っている理由のひとつに、職場の仲間のコミュニケーションスキルを向上したいという想いがあります。「質問に答える」こんな単純なことが、できない人がけっこういます。日頃の業務を進める上で、一番必要な能力が「コミュニケーション術」じゃないでしょうか。これがなくては、どんなに専門知識、技能があっても宝の持ち腐れです。

    <本書のトピック紹介>
    1.想いが通じる5つの基礎

     ・自分のメディア力を上げる
     ・相手にとっての意味を考える
     ・自分が一番言いたいことをはっきりさせる(頭にもってくる)
     ・意見の理由を説明する
     ・自分の根っこの想いにうそをつかない(根本思想)
     5番目の「根本思想」に従うことという部分で、著者の失敗談の紹介があり、自分の根っこの想いに反した行動をとった結果には、成功という文字はないと。なるほど、確かにこれではコミュニケーションのゴールではない。コミュニケーションのゴールは「自分の想い」でひとと通じ合うことを素直に理解させてくれました。

    2.メディア力とは?
     「あの、宇宙人が・・・。」という言葉が以下の3名から出てきたとします。
     ・NHKの7時のニュースのような信頼されているAさん
     ・東スポ的なBくん
     ・朝日号外的なCさん 何か言うときは一大事
     3名から受ける印象は、全く異なりますよね。Aさんからは「何か正当な根拠があるんじゃないか」と期待します。Bさんからは「またいつものね。」とあしらわれます。そしてCさんからは「あの、」と言った瞬間に、「大事件か?」と耳を傾けてしまいます。自分の聞いてもらいたいことを聞いてもらえるメディアになることが重要ということです。このメディア力という言葉がとても気に入りました。

    3.論理で通じ合う大原則 意見となぜ
     中年のおじさんが「女子高生とお話したいですね」と言いました。
     これを聞くと、なんかいやらしい雰囲気を想像してしまします。これは「意見」だけで物事を判断してしまっているからです。

     なぜなら女子大の理事長をしておりまして、志願者不足に悩んでおります。
     通じ合う大原則には「意見」と「なぜ」が必要です。いやらしい想像をしたことを後悔しました。そうか、このひとはビジネスの改善のための目的だったのかと。

    4.なぜ話が通じないのか? 論点と意見のずれ
     ・考える道具=「問い」
     ・相手の求める問いを逃さない
     ・考える力=問題発見力、多角的考察力、論理的思考力
     ・論理的に聞くことで、相手が一番言いたいことはなにか?を知る。
     ・論点→なぜ→意見 説得の筋道を作る
     ・主語が曖昧というのは責任の主体が曖昧
     質問に答えられないひとの要因がここにありますね。論点のずれです。これを回避するためには考える力をつける。そうすれば、相手の求める「問い」が見えてくるはずです。

    5.何を言うかよりもどんな目線で言うか?
     ・正論はひとを動かさない
     ・3年が1年に短縮できた経験 → いきなり1年では無理
     正論を言うとき、自分の目線は必ず相手よりも高くなっている
     これはちょっと勉強になりました。確かに、同僚へのアドバイスに書籍の引用などを使うことは目線を上げていることになります。目線を同等以下に置くことで、相手の受け方が大きく改善し、コミュニケーションの幅が広がります。

     本書はロジカルシンキングをコミュニケーション術として紹介しているものです。論点→なぜ→意見という説得の筋道を立てる基本的な考え方に加えて、いかに信頼を短時間で得ることが出来るかというノウハウを教えてくれます。その信頼の体系を「メディア力」と呼んでいます。この言葉が非常に気に入りました。
     また、コミュニケーションを取る上で、重要なのは何を言うかよりもどんな目線で言うか?だそうです。自分も高い目線で話してないか不安になりました。自分のメディア力をあげて、スムーズなコミュニケーションが出来ていくように本書の内容を活かしていきたいと思います。

    Try28:自分のメディア力を上げる.
    コミュニケーションで重要なのはどんな目線で言うかである.


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    すごい会議の実践が感動を与えてくれた

     このブログをスタートしようと思い立った背景には、6月の組織変更により自分のグループの人材が減り、業務多忙で押しつぶされそうになったことがありました。そこから抜け出すためのノウハウをビジネス書から得ることで、おかげさまで現在は、徐々に抜け出しつつあります。
     以前紹介した「すごい会議」からはワクワクするような会議手法が紹介されており、まさに今苦しんでいる我々に必要なやり方なんじゃないかと当時思いました。
     そこで8月のグループ会議の場で、この「すごい会議」をやってみようじゃないか。という提案をした結果、10月上旬に実施することになりました。この時の私の気持ちには「やってみたい」という期待だけで、「本当にできるのか?」とは考えることもしませんでした。これを考え始めたら、提案はしてなかったと思います。

     そして、気づけば10月。「本当に自分にすごい会議ができるのか?」という不安が増え続けていましたが、ついに「すごい会議」実践の日がやってきました。この2日間で無事達成することができました。今まで味わったことのない達成感と充実感です。さらにモチベーションの向上。これらは自分ひとりが感じたことではなく、メンバー全員が共有した感覚です。本当に感動しました。

     これに費やした私のエネルギーは相当な量だと思います。帰宅すると、強烈な睡魔に襲われ2時間ほど熟睡しました。この2日間、私はやったこともない「すごいコーチ」をメンバーには「できるかわからない不安」を隠し、演じ切りました。自分には「できる」イメージはありましたが、終わってみるとそのイメージよりも大きなものが得られたように感じています。私が実践できたのは、後述する「すごいOS」のおかげです。それまでの「普通のOS」を持っていた私にはできなかったでしょう。

    今回の「すごい会議」実践にあたって参考にした書籍を紹介します。

    1.すごい会議 大橋禅太郎著
    すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!すごい会議-短期間で会社が劇的に変わる!
    (2005/05/18)
    大橋 禅太郎

    商品詳細を見る

     グループメンバー全員に回覧し、「すごい会議」実践までに全員に読んでもらいました。

    2.すごい考え方 ハワード・ゴールドマン著
    すごい考え方すごい考え方
    (2005/12/01)
    ハワード・ゴールドマン

    商品詳細を見る

     「普通のOS」と「すごいOS」の違いを会議前に説明し、「言葉」の使い方次第で、ひとの考え方、行動は大きく変えられることを知ってもらいました。
    普通のOS:私はレンガを積んでいます。(現在語)
    すごいOS:私は大聖堂を作っています。(未来語)=ヴィジョンがある

    3.秘伝・すごい会議 大橋禅太郎 雨宮幸弘著
    秘伝すごい会議秘伝すごい会議
    (2007/10/19)
    大橋 禅太郎雨宮 幸弘

    商品詳細を見る

     すごい会議の具体的手法が紹介されており。今回の実践において参照させてもらいました。会議中にも何度か開き、おかげさまで滞ることなく推進ができました。

    「すごい会議」実践レポート
     会議のルールを説明する。時間厳守、携帯はOFF、時間を守れない場合は交渉すること。
    手順1:自分自身のうまくいっていることを3つ書く(仕事とプライベート含めて)
     ポストイットに書いてもらい、前に貼りだして発表する。ここで、書くことの良さを言ってもらった。
    ・スピーチが始まらない
    ・書いている時は,周りの人が何を書いているかわからない
    ・口頭で順番に発表すると「私も同じです.」とならない
    ・時間がかからない

    我々は効率よく一人一人が平等に意見を言える環境を手に入れた。
    うまくいっていることを共有し、全員のモチベーションを向上させた。


    手順2:自分が達成したいことを「09/03/31までに~(測定可能なこと)を達成することによって、~(精神的意味合い)となる」という文章を書く

    手順3:望む成果を得るために誰を呼べば一番うまくいくか、この部屋のひとりを選んでください
     それぞれが別のひとをさす。3人は自分を指していた。
    多ぁ忙:この成果を達成することに一番影響を与えるのは誰でもなく、自分ですよね?
     「そりゃそうだな。」「なるほど。」という声があがる。
    我々は自分自身の責任を100%としてこの会議に望んでいることを認識した

    手順4:この会議で得たい成果を紙に書いて発表
     ポストイットの下に、自分がコメントを追記。こんな声が出た。「北京オリンピックの日本選手団のようなチームワーク力を得たい」。あの日本選手団の感動をこのメンバーで起こしたいという気になってきた。

    手順5:達成の障害となっている問題はなにか? →「どのようにすれば~」と書き換える
     2枚のポストイットに書いてもらって、ひとつずつ言い換えてもらった。フォーマットに従ってないひとはもう一周。(ここで「どのようにすれば解決するのか」という答えを書くひとがいた。そうではなく、言葉を変えるだけ)

    手順6:言えない問題はなにか? →「どのようにすれば~」と書き換える
     「えー!言えないことは言えないよ。」
    多ぁ忙:答えられないことに答えること,あなたのその覚悟にこの質問はチャレンジしています。
     「がんばってやっている内容を無駄と言う」 → 笑い 「それは会社では言えないよなぁ」
     「名指しでもっと周りを見てほしい、アドバイスしてほしい」 → これは突き刺さります。
     この場の雰囲気がかわってきた。普段会社では口にできないことを言い合える雰囲気ができてきた。
     「どうすれば~」言い換えることによって、愚痴が克服すべき課題に聞こえるようになる。これがすごいOSの効果だ。
     正直この質問がうまくいくか不安だった。7名がそれぞれに勇気をもって、言えないことを言った。それを聞いたメンバー全員が認めてくれた。「言ってよかった」と感じるようになった。

    我々は言えないことを言える雰囲気を獲得した。

    手順7:「あなた自身のひどい真実はなにか」? →「どのようにすれば~」と書き換える
     日ごろの第3者の視点と自分が考える真実と共通する点が多い。これらが解決されればチームワークは向上するという実感がわいてきた。
    自分の弱点を改めて認識すること、それを全員が共有することができた

    手順8:「戦略的フォーカス」を参加メンバー全員で創り、合意し、約束する
    ※この時間から大きな変化を体感。AMには意見をあまり言わなかったメンバーから意見が出てくる。
     司会進行役であった私の緊張も減ってきた。気づけば、今現在、会議を進めているのは私ではなく、ここにいる全員に変わっていた。

    グループとしての戦略的フォーカスをひとりずつ発表
     精神的な意味合いを大きくとらえようとするひとと、細かくとらえようとするひとが出現。前者は大きな理由はなく、気持ちを優先。後者は3/31という日程を考慮した現実的な発想。
     ここでも普通のOSとすごいOSの違いを改めて説明。現実できそうな内容は「戦略的フォーカスではない」

     ひとり1票で投票した結果、たたき台ができた。それをホワイトボードに記入し、全員で細かい言葉の修正を約1時間かけて実施した。その結果、次のようになった。

    <合意、約束された戦略的フォーカス>
    09年3月31日までに、私たちは○○○○○を達成することにより、世界TOPの○○○○○集団となる


     この内容は誰が出したものでもない。全員で創った文章。そして、この文章に対し、全員が合意し、約束をした。

    手順9:戦略的フォーカスにニックネームをつける。それを達成する分野を決める
     達成するために必要な分野を6つ決定。メインパイロット、サブパイロットを選出。
     ここで、上司からこんな言葉が・・・。「俺も名前をいれなきゃいけないのかな?」
     あえて「入れてください」とは言いませんでした。その代わりに

    多ぁ忙:「この戦略的フォーカスを創ったのは誰でしたっけ?」
     「ここにいるメンバーがそれぞれ100%の責任をもって、約束したはずですよね?」

     「そうだった。失言でした。」
     会議の全員の意思で担当が決まった。
     ここに「やらされる」という雰囲気はひとつもない。自分は何をやりたいのか?という観点で担当を決めた結果だ。

     6分野を記入後に、もういちどそれらが達成できたときに、戦略的フォーカスが達成できるのか眺めてみた。何かが足りない。これら6項目は業務上の課題。課題を並べれば解決できるのか?今までの力では解決できない。今までの力を数倍に拡大する何かが必要だと思った。そこで、
    7.スキルアップ
    を急遽追加。ヒューマンスキル、テクニカルスキルともに向上させないとこの大きな目標は達成できない。もやもやしたイメージしか昨日まではなかったが、想像以上のすばらしい戦略的フォーカスがここに完成した。私ひとりでは創れなかったものだ。

    手順10:コミットメントリストを作成する
     各担当分野のリストアップを実施。「コミットメント・リスト」が何なのか? 私自身もよく理解できてなかったので、みんなで「秘伝・すごい会議」や「付録すごい会議」を回覧して、全員で理解を深めた。

    手順11:今から1ヶ月以内に自分の起こす一番大きな,インパクトは何か?を紙に書き、発表する
     我がグループには当然、消極的な性格のメンバーも数名いた。でも今、ここにいる全員には積極的という言葉しか頭にない。ひとりずつ発表してもらうと、「おお。それはインパクトがあるよね。」というフレーズがたくさん出てきた。特に消極的だったメンバーから「1ヶ月後に、みんなに変わったと言われるようになる」という言葉が出てきたときには、涙が出そうなほど、嬉しかった。

    Task5:「すごい会議」の実践。10/3完了。
    参加者全員が本気で戦略的フォーカスを実現する。(次回は3月予定)


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    09月 | 2008年10月 | 11月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)