4つのタイプで、円滑なコミュニケーションを

 職場のコミュニケーションがうまく行かない。周りでもコミュニケーションのトラブルをよく見かけます。上司が部下へ指示したときに、言い合いになったり、会議中がまとまらず、けんかのような状態になったり。何度言っても、期待の答えが返ってこなかったり。

 コミュニケーションがもうちょっとうまく働けば、スムーズに仕事が回り出すのになぁ。と感じることが多いです。そんな状況で、出会った本がこれ。

熱いビジネスチームをつくる4つのタイプ―コーチングから生まれた熱いビジネスチームをつくる4つのタイプ―コーチングから生まれた
(2002/09/09)
鈴木 義幸

商品詳細を見る

 CSI(Communication Style Inventory)といって、コミュニケーションの特徴から4つのタイプに分ける診断法が紹介されています。それらには大きな違いがあって、その特徴に応じたコミュニケーションをとることで、円滑な会話が可能ということです。その4タイプとは

1.コントローラー
 決断力にすぐれ行動的、人から指図されることを嫌う。

2.プロモーター
 場の雰囲気を盛り上げるタイプ。自分の話はよくするが、人の話はあまり聞かない。

3.サポーター
 他人の思いやりが強い。協力関係を大事にする。自己主張は小さいが、他人から認められ得たい。

4.アナライザー
 細かい分析が得意。慎重で、コツコツやるタイプ。あまり感情を出さない。

というものです。
 わがグループで、この診断を各自実施してもらい、みんなでお互いの特徴がどのタイプになるのかを共有しました。こういう行動に出る自分は・・・本書の通りコントローラーでした。周りのメンバーも日頃の行動、言動からほとんど予想通りの結果でした。
 おもしろかったのは、それぞれの特徴を頭に入れておくと、彼らの反応が予想できることです。こうなると、彼らもモチベーションを上げる言葉のかけかたというのが見えてきます。
 この特徴の共有によって、コミュニケーションが円滑になることを期待しています。

Try8:4つのタイプをチームメンバーで共有し、コミュニケーションを円滑化
タイプを知ると、コミュニケーションが楽しくなる。

テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

プレゼンテーション講座1:チャート編

 日頃の業務で、プレゼンテーション技術が求められることを痛感しています。大きなプロジェクトの報告会、上司への報告、会議、部下への指示など、すべてはプレゼンテーションに該当します。組織で仕事を動かすためには、説得力=プレゼン力が不可欠です。

 プレゼンの技術向上が得られれば、わがグループの仕事も円滑に進むはず。ということで、プレゼンの書籍を参考に講習会を実施しました。「プレゼン」をキーワードに書籍を探すと、「マッキンゼー」がヒットします。これはアメリカのコンサルティング会社で、プレゼンの技術の高さで有名です。先に紹介した勝間さんもその出身者のひとり。

マッキンゼー流図解の技術マッキンゼー流図解の技術
(2004/08/20)
ジーン ゼラズニー数江 良一

商品詳細を見る


 さて、最初のプレゼン講座はチャート編としました。実はもう一冊あるので、こちらは次回の予定です。
 本書では、グラフの選び方などの基礎知識はもちろん、悪い例とそれをどう改善すればよいのかが紹介されています。非常にわかりやすい例題です。講習会用に作った資料は20枚。
 会議講座同様に3ステップで構成しました。

STEP1.メッセージを決める
 トピックタイトルではなく、メッセージタイトルを決める
STEP2.比較方法を選ぶ
 コンポーネント比較、アイテム比較、時系列比較、頻度比較、相関関係
STEP3.グラフを選ぶ
 パイチャート、バーチャート、コラムチャート、ラインチャート、ドットチャート

本書に登場するおもしろいキーワードを紹介します。
・APK症候群 Anxious Parade of Knowledge
 データをつめこみすぎて、聞き手が理解できないこと
・スパゲッティチャート
 線がたくさんありすぎて、なんだかわけわかんないグラフのこと
・報告書のチャート=雑誌広告
 文字がたくさんあって、時間をかけて読むことを想定
・プレゼンのチャート=道路の看板
 画面はプレゼンターが切り替えていくため、パッと見てわかるシンプルな内容でなければならない。

Try7:プレゼン技術を磨く=プレゼン講座チャート編の実施
日々の業務はすべてプレゼンなのだ。プレゼン力の向上が、ゴール到達のスピードを決める。

テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

ブログ記事の文章構造について

本ブログでの記事の構造を定義します。これに伴い、過去の文章を見直しました。

タイトル:わかりやすいメッセージとする
内容:簡潔な文章と、箇条書き、構造化

 1.******
 2.****
 3.**

Try *:具体的な行動を記録する
まとめ:言いたいことを1文にする
Problem *:解決すべき課題を記録する
Task*:実行すべきタスクを宣言する

テーマ: ビジネスブログ | ジャンル: ビジネス

文書整理の習慣を身につける

こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは、「この秋の『やるぞ!』はなんですか?」です。9月です。みなさん、9月ですよー!!夏休みの宿題終わりましたか!その宿題の一番初めの授業日が提出日ですか。「宿題やったけど家に忘れてきました」にならないようにいそいで、いそいでー。さ...
FC2 トラックバックテーマ:「この秋の『やるぞ!』はなんですか?」



わたしの「やるぞ」は日常の整理整頓を実行する。頭の整理をするためにはまず、身の回りから。

 1.毎週、月曜日は電子文書の整理
 2.毎週、木曜日は紙文書の整理

これを続けます。そうそう、みなさん名刺の管理はもうデジタル化しているでしょうか。
私はできていません。近々導入してみようかと思っています。これも新たなトライです。

Try6:文書整理の習慣へのトライ
毎週、電子文書、紙文書の整理の時間を決める。
Task1:名刺のデジタル化 名刺スキャナの導入


テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス