最新コミットメント

勝間流・読書法に学ぶ

勝間さんの「新・知的生産術」から、ガツーンときたフレーズを紹介します。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
(2007/12/14)
勝間 和代

商品詳細を見る

1.「著者と対話するつもりで読め」
彼女は毎月50-100冊くらいの読書をするそうです。ちょっと私には想像できませんが、中でも読書はスピードであると。線引きやまとめなど面倒なことはしないと。
そして、「著者と対話するつもりで読め」と説く。
なるほど。そこで、わたしは彼女に笑われている場面を想像しました。なぜなら・・・。

付箋紙

最近、ポストイットを貼って、気に入ったフレーズをメモするようにして読んできました。
読み終えたときに、ポストイットの量がその本の良さを示してくれる。そんな気がしています。さて、この本は・・・。すごいです。こんなにつけちゃいました。
でも著者との対話を想像すると、大笑いしてそうです。

2.「まとめる必要はない。目次で十分。」
さらに、ポストイットの部分をメモして見直してみると、それはほとんど目次に載っているんですよね。本書にも「まとめる必要はない。目次で十分。」とある。参りました。

3.「ある程度、読みたい本を持っておく」
 また、読書はちょっとした時間に読めるという手軽さがあります。そこである程度読みたい本を手元に持っておくというアドバイスがありました。今、私のストックは2冊。規模は小さいけど、0冊にならないようにしよう。

4.「3点観測により、読書の幅を広げる」
 読みたい本を探す方法論として「3点観測」を推奨しています。ひとつのテーマから違った視点で捉えている本を選ぶという考え方。これがフレームワーク力を養うと説いています。これは私に新たな本の選び方を与えてくれました。通常、本のタイトルやレビューを見て、気に入った物を選んできました。でもそうではなく、自分の気に入らない視点での書籍を読むことも新たな発見が出てくるかもしれません。

最後に、気に入ったフレーズをもうひとつ。

5.「小さくても、うれしい体験の積み重ねが私達の行動を変える」
そう、それです。どんなに忙しくてもこの「うれしい体験」「ワクワクする体験」を見つければ、新しい行動に移していける。そしてその体験をみんなにも味わってもらいたいのです。

Try5:読書を継続する
読みたい本を持っておこう。それを切らさないことが読書を継続する秘訣だ。


theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

ブログ立ち上げのきっかけ2

 ブログ立ち上げのきっかけのもうひとつはこの本です。プレゼンスキル向上のため、いろいろ本を探してみると、必ずぶつかるのが「マッキンゼ・アンド・カンパニー」。これはアメリカのコンサルティング会社ですが、そのプレゼン技術、思考術等が評価され、その出身者が出すノウハウ書は著名なものが多いです。

効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法効率が10倍アップする新・知的生産術―自分をグーグル化する方法
(2007/12/14)
勝間 和代

商品詳細を見る

 さて、この著者の勝間さんもマッキンゼーの出身者。それだけで注目に値しますが、さらに育児と仕事の成功を両立させたキャリアウーマンでもあり、彼女の常に最大限のアウトプットを出すための生活には目から鱗が落ちました。

 アウトプット力を高めるひとつの技術として、ブログを勧めています。
いろいろな良書に出会い、そのインプレッションや実践の記録などを体系的に残すにはブログは非常に便利なんじゃないかと感じ、即、実践に移してみました。

Try4:「新たな習慣へのトライ」ブログを開始
読み終えた日にブログをスタート。いっちょ続けてみようじゃないか。


theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

会議のやり方、議事録の取り方講習

 みなさんは「会議のやり方、議事録の取り方」について教えてもらったことはあるでしょうか。私はありませんでした。
 ビジネスの基本的な技術というかあたりまえの力だ思いますが、これができてないひとが非常に多いです。また、それらを教えてもらう機会もありません。
 そのやり方を3ステップでわかりやすく紹介しているのが以下に紹介する「ビジネスは手帳で変わる」です。

ビジネスは手帳で変わる フランクリン・プランナービジネス実践―一冊の手帳がビジネスを成功へ導く!ビジネスは手帳で変わる フランクリン・プランナービジネス実践―一冊の手帳がビジネスを成功へ導く!
(2007/11)
フランクリン・コヴィー・ジャパン

商品詳細を見る

 わたしはここ2ヶ月ほど、複数のプロジェクトにまたがって議事録を書き続けました。多忙な中で、ただ業務をこなすのでは精神的にも体力的にも辛い。そこで本書で学んだ要素をちょっとずつ反映し続けた結果、いままで以上に、確実な、効率的な会議運営ができるようになりました。ちょっとワクワクした体験でした。

 そんな体験を踏まえ、講習会を企画、実施しました。人に教えるためには、自分が実体験をもって習得する必要があります。

次は部下がこの3ステップで成功体験をしてほしいです。

STEP1. フロントローディング(準備)
 目的、議題を明確化した会議の設定、必要最低限のメンバー選出、そして会議開始5分前の準備(ホワイトボードへの議題の板書)ここが大事。

STEP2. フォーカス(集中)
 議題が書かれたボードを使って、会議を推進する。会議には予定された議題をこなし、出席者の意志整合結果を議事に残す。そして推進項目とその担当者を決める。協力者がいる場合は書記をお願いする。

STEP3. フォロースルー(支援)
 議事録は開催日中に配信すること。配布すべき資料が間に合って無くとも、議事録はすぐに送信。スピードが重要。各推進担当には次回会議開催前に進捗を確認する。

 この着実な繰り返しが目標達成に導いてくれます。逆にどれかを怠ると、無駄な会議が繰り返されることになります。

 本書はビジネスの成功のためにどうすべきかをテーマとして扱っているため、「フランクリン・プランナーの手帳」の宣伝という側面は非常に小さいです。目標設定やマネージメント、コミュニケーションのノウハウもたくさん紹介されており、わたしはこちらの方が価値ありました。

Try3:会議、議事録技術の向上(ノウハウの伝承)
3ステップによる効率的な会議推進は会議の回数を減らしてくれる


theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

手帳を見直す:縦時間軸週間見開きの勧め

最初にトライした、習慣の改善はまず、手帳でした。メンバー全員の手帳の使い方、工夫点、問題点を洗い出した結果、ひとつの合意された方向性が出てきました。

1.大きさはA5サイズ以上
 メモ欄が十分なのはA5以上。自分はバイブルサイズ。来年を境にA5サイズに変更しようと思っています。
2.1週間の見開きスケジュール
 「なぜか仕事がうまくいく習慣」で推奨されている見開き1週間のスケジュール。週間スケジュールを利用することで、1週間単位で、計画を立案、実行する思考回路ができてくるということです。そのとおりだと思います。
※フランクリン・プランナーの手帳はデイリーのリフィルがメインとなっています。正直、フランクリン・プランナーの推奨方法は敷居が高いです。まずはウィークリーからはじめましょう。
3.縦時間軸の表記
 縦に日付、横に時間をレイアウトした手帳も多い。しかし、その逆を勧めたい。メモを横書きにすると、横時間軸ではすぐにいっぱいになってしまう。
 縦時間軸ならば、矢印を縦にひっぱり、メモを横書きにすると効率よくメモが書けるのです。以下のリンクが現在、私が使用しているウィークリースケジュール。土日が合わさっているので、ウィークデイの領域が最大限に確保されているのが良いです。

日本能率協会 308 WEEKLYフリーダイアリー 308日本能率協会 308 WEEKLYフリーダイアリー 308
()
不明

商品詳細を見る


4.システム手帳
 サイズがA5を勧める理由はもうひとつ。業務であふれる紙はほとんどA4。A4を半分に折れば、手帳にはさむことも可能。日々必要な資料をとじるにはシステム手帳を活用しましょう。
5.プランニングツールの統合
 最近はIT化のおかげで、便利なツールがたくさんあります。PDAやPCによるスケジュール。それらを併用することはもちろん良いことですが、「統合」が非常に大切です。いかにIT化が進んでもわたしはアナログの手帳をなくすことはできないです。スケジュールはまずアナログ手帳に一元化。その補助として、ITツールを活用している。いろんなとこに情報が分散しているのだけは避けないといけません。

以上のことが、メンバー全員の調査結果から得られました。現在、ほとんどのメンバーがこのレイアウトに切り替えています。当然、自分のやり方が違うというひともいると思います。でもまずはこのレベルを使いこなしてから、自分のスタイルを探して欲しいです。

Try2:手帳術の底上げ(縦時間軸の普及)
IT時代と言えど、やはりアナログ手帳は手放せない。


theme : ビジネスブログ genre : ビジネス

ブログ立ち上げのきっかけ1

 この本をきっかけに継続的な「習慣」の改善をやっていこうと決めました。そして、その記録をこのブログに残していこうという新たな試みに踏み切ったのも本書のおかげです。

なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)なぜか、「仕事がうまくいく人」の習慣 (PHP文庫)
(2003/04/02)
ケリー・グリーソン

商品詳細を見る

 著者の実体験に基づく改善すべき事例とPEP導入による変化,成果が紹介されており,自分にもあてはまる例がたくさん出てきて,自分にもできるんじゃないかと思わせてくれます.例えば,最近のIT技術進化でペーパーレスという言葉が当たり前になりつつありますが,実際にはEメールや電子文書等が気軽に印刷できてしまうので、紙であふれかえっていると指摘しています。自分の職場でもそのとおり。このような「そうそう」という内容がたくさん紹介されており、それに対する具体的な改善するための「すぐやる」習慣を教えてくれるので大変価値ある内容と思いました。 日頃、忙しくて時間がないと感じている方にお勧めします。「すぐやる」方式が時間をわけてくれます。その時間を新たな習慣を作るために費やしてみましょう。わたしも「すぐやる」方式を習慣にすべく、チャレンジ中です。30日継続すれば「習慣」になるそうです。

Try1:「すぐやる」方式を身につける。それは新たな時間を提供してくれる。


theme : 自己啓発 genre : ビジネス

ブログ立ち上げの目標

ここ最近、業務多忙により自分の限界を実感。
自分がひとりでがんばってもダメなことがあります。組織力をあげるためには、メンバーそれぞれの力がつながって発揮されます。それに気づき、自分以外のメンバーの力をあげることに焦点をあててみました。

自分の組織は発足から3年目。3年の間に変わったことは・・・? 即答できない。
今から変えるのだ。自分も仲間も変えていこう。

まだ、その効果が出てる気はしませんが、あきらめることなく新しい習慣にチャレンジしていきたいです。

09年3月末に、振り返ったとき自分に「よくやった」と言える目標を設定します。今から半年。SMARTな目標とは次のとおり。

 1.Specific:具体的な
 2.Measurable:測定可能な
 3.Action-oriented:行動に結びつく
 4.Relevant:自分の価値観と一致する
 5.Time-bound:刈り取る期限がついている


1.ターゲット:09年3月末
2.新たなトライ:120個以上
(20トライ/月を6ヶ月継続する。1トライ/実働日。)
3.習慣化:80個以上
(新たなトライを70%以上習慣化する。習慣化とは30日以上の継続とする)

  • Scheme0:目標設定を見直し 08.10.17
    目標はそれが達成できたか判断できる設定でないと意味がない


  • <多ぁ忙の拡張型SMARTはこれだ!08.10.26>
    1.Gradual:段階的な
    2.Environment Improved:環境を設定する
    3.Time bounded:刈り取る期限がついている
    4.Specific:具体的な、(コントロールできる)
    5.Measurable:測定可能な
    6.Action-orianted:行動に結びつく
    7.Responsible:自ら責任をもつ
    8.Trackable:自己成長を把握する
    9.Strategies:戦略を立てた

    続きを読む...

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    07月 | 2008年08月 | 09月
    - - - - - 1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31 - - - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)