FC2ブログ

番外編で盛り上がりはMAXへ

 コミュニケーションのための楽描き会の最終レポートです。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 今回の楽描き会では前半をインプロゲームの体験、後半にフィードバックの時間をとりました。

  • コミュニケーションのための楽描き会(インプロ体験)

  •  3つのグループのコミュニケーションに対する気づきを発表してもらい、予定どおり終わったつもりでしたが・・・。

    1.グラレコをリバースエンジニアリングしよう
    2.やったことないのにインプロに惹かれる
    3.インプロゲームで盛り上がる
    4.フィードバックでグラレコ大活躍
    5.番外編で盛り上がりはMAXへ(本日の記事)


     講師の方から、こんな言葉が。

    「あー! 忘れてた!!」

     実は楽描き会のオープニングで、1枚のカードを書いていたのでした。

    「3年前の自分に言いたい言葉」または
    「愛するひとに言いたい言葉」を書いて下さい。


     さて、何を忘れちゃったのでしょうか?

    180923_インプロ14

     今日のスキーマです。

  • Scheme732:日常生活に台本はない。すべての瞬間が即興の掛け合いである。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    インプロゲームで盛り上がる

     さあ、インプロ体験がはじまりました。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     コミュニケーションのための楽描き会。

  • コミュニケーションのための楽描き会(インプロ体験)

  •  なぜコミュニケーションのテーマで、インプロなのか?

     いろいろ考える前に、楽しんでみよう!

    1.グラレコをリバースエンジニアリングしよう
    2.やったことないのにインプロに惹かれる
    3.インプロゲームで盛り上がる(本日の記事)
    4.フィードバックでグラレコ大活躍
    5.番外編で盛り上がりはMAXへ


     というわけで、ここからは講師のにしむ、はぎさんにバトンタッチして進行していただきました。

    180923_インプロ8

     今日のスキーマです。

  • Scheme730:無茶ぶりでも、やってみればなんとかなる。なんとかするのがインプロである。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    やったことないのにインプロに惹かれる

     さて、コミュニケーションのための楽描き会のレポートに入っていきます。 こんにちはAha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今回はインプロ体験というちょっと変わった企画となりました。

  • コミュニケーションのための楽描き会(インプロ体験)

  •  2回目のレポートは、なぜ「インプロ」に注目したのか?

     を書いていこうと思います。

    1.グラレコをリバースエンジニアリングしよう
    2.やったことないのにインプロに惹かれる(本日の記事)
    3.インプロゲームで盛り上がる
    4.フィードバックでグラレコ大活躍
    5.番外編で盛り上がりはMAXへ


     これはインプロ体験が終わったところで記念撮影。実は、終わってからが大いに盛り上がってしまったのです。

    180923_インプロ1

     今日のスキーマです。これ深いです。

  • Scheme729:こどもは未発達の大人と考えず、大人が退化したこどもと考えるべき。そこから創造性を育む方法が見えてくる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    メタファーから教訓を導く

     「Aha2!シェイピング・ゲーム」の続きをレポートします。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     前回は「Aha2!シェイピング・ゲーム」と題して第191回宮の朝カフェのメンバーにて体験してもらったワークについて紹介しました。



     この本のレビューを見ると、なんだかいろんな角度のコメントが並んでいます。

    「これから動物の訓練を始めたいというひとにオススメ」

    「応用行動分析学の良き入門書」

    「現実生活にすぐに応用できそうな理論が書いてある」


     著者は動物園のコンサルティングや、イルカのトレーナーなどの経験を経て、動物だけでなく人間や社会においても「うまくやる強化の原理」が有効であることを示しています。

     今回は本書で紹介されている「シェイピング・ゲーム」を通じて、行動について考えてみました。

    Aha2シェイピング・ゲーム7

     今日のスキーマです。

  • Scheme599:予想外のメタファーが新たな教訓を導いてくれる。それがお題と離れていればいるほど。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    シェイピング・ゲーム

     先日、ある本をパラパラ読んでいたら気になったキーワードを見つけました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     それは

    シェイピング

     です。

     日本語では「行動形成」という意味です。

     初めて知った言葉だったんですが、面白そうなワークが紹介されていたので「Aha2!シェイピング・ゲーム」と題して第191回宮の朝カフェのメンバーにて体験してきました。

     ある本とはこちらです。



     なんだかサブタイトルが気になりませんか?

    「飼い猫から、配偶者まで」

     おいおい、飼い猫と配偶者を一緒にするなよ・・・。と思いつつ読んでみました。

    Aha2シェイピング・ゲーム1

     今日のスキーマです。

  • Scheme598:ひとの行動は常に好子と嫌子でコントロールされている。それがシェイピング。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    世代をつなぐハシゴ

     「Aha2!チームビルディング」のレポート3回目です。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     この中で実践した「餃子ジャンケン」。

     これは小学校の先生が考えた子供と大人のチームワークを創り出す、とっても有効なアイスブレイクです。

     いつも朝カフェには多様な参加者が集まってきます。

     年齢、性別、職種、働き方、価値観、好み、専門性

     すべてバラバラ。

     そんな人達が初めて出会っても対話を活性化できるのは、継続して築いてきた雰囲気があるからです。

     継続は信頼を生み、その信頼が自己開示を促してくれます。

    1.やってみた「餃子ジャンケン」
    2.アタマワークとカラダワーク
    3.世代をつなぐハシゴ(本日の記事)


     さて、そんな朝カフェに今回も初参加の仲間が加わりました。

    Aha2チームビルディング2

     ちょっとちっちゃな子がいますよね。なんと小学校2年生です。これこそ多様性。

     場を活性化させるノウハウはこちらの本にも紹介されています。



     その初参加の仲間から教わったことがこちらです。

  • Scheme562:世代をつなぐハシゴが成長した大人の失ったものに気づかせてくれる。

  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    やってみた「餃子ジャンケン」

     おっと、ブログ更新がどうやら1ヵ月ぶりのようです。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     このFC2ブログでは1ヵ月以上更新がないと、広告に占領されてしまうようです。

     ということで気を取り直して3件記事を書こうと思っています。

    1.やってみた「餃子ジャンケン」(本日の記事)
    2.アタマワークとカラダワーク
    3.世代をつなぐハシゴ


     前回の記事は6月に行われたフューチャーセッションのクロージングセッションに参加したときのレポートでした。

  • Scheme560:対話には体INPUT、頭OUTの活動が大切。対話の文化を広めるのはそこから。

  •  ここでは当日のゲストと参加者から「対話の文化をひろめること」がテーマとして導かれました。

     そのときの経験を今回の朝カフェでシェアしてみました。

     もうひとつの目的は当日教わった「餃子ジャンケン」をみんなで楽しむこと。

    第149回朝カフェ


  • Try429:餃子ジャンケンを活用しよう。それは多様性を超えてつながる有効な手段。
  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    ブラインド研修の本当の意味

     先日、WBSを見ていたら「ブラインド研修」という特集が紹介されていました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     ブラインド研修とは、視覚に頼らない知覚をベースに学びを深める取り組みのこと。

     そのひとつが「ダイアログ・イン・ザ・ダーク」です。

     私も昨年、ビジネスワークショップを経験させてもらいました。

     そのレポートがこちらです。

  • Scheme466:視覚情報を手放したとき、コミュニケーションの原点が見えてくる。それは存在感、空気感、相互理解からなる。

  •  この体験では、普段8割以上を視覚に頼っていると言われている要素がまったく役に立たなくなります。

     本当に、何も見えません。

     最初は、なんとかなにかを見ようと悪銭苦闘するんですが、そのうちあきらめます。

     WBSの取材では、なんと赤外線カメラを導入して真っ暗闇の中を撮影していました。

    ダイアログ・イン・ザ・ダークの赤外線映像

    No.588

    まっくらな中での対話 (講談社文庫)まっくらな中での対話 (講談社文庫)
    (2011/01/14)
    茂木健一郎 with ダイアログ・イン・ザ・ダーク

    商品詳細を見る

     本日のタスク宣言です。

  • Task171:ダイアログ・イン・ザ・ダークに参加し、本当のコミュニケーションとは何かをダイアログする。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    面接官から見た面接のポイント

     先日、面接官なる仕事をしてきました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     正直、面接に対するアドバイスなんて、したことがありませんでした。

     でも実際に面接官の立場になってみると、いろいろ見えてきました。

     せっかくなので、紹介していきたいと思います。

     就職活動に励む学生さんには、ぜひ考えてみて欲しいです。

     あなたのその努力が報われるかどうか。

    記憶力記憶力
    (2013/08/07)
    ウィリアム・ウォーカー アトキンソン

    商品詳細を見る

     それは面接官の記憶に残るかどうかがポイントとなります。

  • Scheme500:面接はエピソード記憶が支配する。自分の価値観をインパクトをもって与えよう。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    2014年を小さな一歩から変えていこう

     今日はあるプレゼンテーションを紹介します。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     そのプレゼンは今回のTell the story 2014の中でも紹介したものです。

     自分の新たな行動を踏み出すときに、大いに力になってくれます。

     ある友人からシェアしてもらったTEDxのプレゼンです。

    1.Tell the story 2014 in 宇都宮、タスク完了
    2.2014年チャレンジしたことは?
    3.TeamETOがデザインした2014年
    4.2014年を小さな一歩から変えていこう(本日の記事)
    5.3週間チャレンジ:自分のチャートを振り返る


     ジェスチャーはプレゼンテーションにはとても重要です。それはコミュニケーションの要素として非常に影響力が大きいからです。その要素を「ノン・バーバル・コミュニケーション」と呼びます。

     それに関する新たな気づきをもらいました。

     今日のスキーマです。

  • Scheme476:ノン・バーバル・コミュニケーションは誰かのためでなく、自分のためのメッセージである。Fake it'til you become it. by Amy Cuddy

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス