最新コミットメント

チャレンジのギャップ

 「オタ・トーキング」の3回目のレポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 今回の朝カフェのテーマは私にとってはひとつのチャレンジでした。

 1回目のレポートではジョハリの窓を使って、チャレンジについて説明しました。

 現在の自分にとって心地の良いコンフォートゾーンにいる限り、チャレンジはできません。

 その外側のディスコンフォートゾーンに踏み出す勇気が必要です。

1.自己開示へのチャレンジ
2.オタク文化を読み解く
3.チャレンジとのギャップ(本日の記事)



なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践
(2013/10/24)
ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 他

商品詳細を見る

 今日のスキーマです。

  • Scheme555:チャレンジへの壁はおよそ自分が勝手につくりあげたもの。第三者視点に立つと小さなものである。

  • 続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    自己開示へのチャレンジ

     みなさんには人に言いたくないことってありませんか? こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     昨日行われた第132回 宮の朝カフェではそんなことをテーマにお話させていただきました。

     テーマは「自己開示」です。

     人に言いたくないことというよりも、こんなことです。

    「この友達には、この話はあまりしたくない。」

     誰にも様々なな人づきあいがあって、それぞれある共通点をもった友達がいることと思います。

     それが趣味でつながっていたり、仕事、学校、あるいは何かの勉強会仲間だったり。

     朝カフェとは、土曜日の8:00〜9:00の1時間に集まった仲間が学び合うコミュニティです。

     そんな仲間の中では、私は自分の趣味の話をしたことはほとんどありませんでした。

     なぜなら「きっと合わないだろう。きっとわかってもらえないだろう。」という気持ちがあったからです。

     でもチャレンジしてみました。その結果について3回シリーズでレポートしていきます。

    1.自己開示へのチャレンジ(本日の記事)
    2.オタク文化を読み解く
    3.チャレンジとのギャップ


     自分を変えたいって思ったときにはこちらの書籍が参考になります。

    なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践なぜ人と組織は変われないのか――ハーバード流 自己変革の理論と実践
    (2013/10/24)
    ロバート・キーガン、リサ・ラスコウ・レイヒー 他

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。

  • Scheme553:ディスコンフォートゾーンの中にも楽しみがある。未知への恐怖ではなく未知への楽しみをイメージしよう。

  • 続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    感動するストーリーとは何か?

     前回にひきつづき、Macintosh30周年の話題です。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     今日は「感動するストーリーとは何か?」というテーマで書いていこうと思います。

     前回紹介したこの映像。

     AppleのMacitosh30周年を記念したWebサイトが今年の1月24日よりスタートしています。

  • 30年と1日で作った物語。

  • Macintosh30周年1

    「30年前、AppleはMacintoshを発表。テクノロジーを、人々の手に届けることを約束した。」

     Webサイトには二つの動画のリンクがあります。「2014.1.24を見る」というリンクに加えて、制作の舞台裏を紹介する映像があります。こちらです。

  • 制作の舞台裏をビデオで見る

  •  これを見て、おお!って思ったことがあります。さらに感動してしまいました。

     そうか、感動するってそういうことだったのかという気づきを残しておきたいと思います。

     今日のスキーマです。

  • Scheme493:感動するストーリーには、それを際だたせる裏のストーリーがある。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    1年越しの期待を超える体験

     昨日より、この映画が公開されました。さっそく見てきました。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

  • 2013年12月21日公開 映画「永遠のゼロ」

  •  この映画を見ることを実は、昨年の11月に宣言していました。なのでタスク完了です。

  • Task163:映画永遠のゼロを見に行こう。人は誰のために生きるのか? 13.12.21完了

  •  この記事では、百田 尚樹さんのデビュー作である「永遠のゼロ」を読んで感動した体験を書いています。それを読んだのは実は新幹線の中。

     涙ぼろぼろのまま、新幹線を降りた覚えがあります。

     そんな小説が映画化されるなんて、期待しますよね。あれから丸1年・・・。

     ついにやってきました。

    No.487

    永遠の0 (講談社文庫)永遠の0 (講談社文庫)
    (2009/07/15)
    百田 尚樹

    商品詳細を見る


  • Scheme470:1年越しの期待感が充実感をつくり出す。それに応えてくれる作品こそ「永遠の0」である。

  • 続きを読む...

    ジョブス氏の一言に動かされる

     最近、iMovieをiPadとMacBookにインストールしました。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     これは動画を編集するソフトです。

     かなり以前より、動画を編集することはMacでやっていたんですが最近はご無沙汰。

     ストレージも圧迫させることもあって、ちょっと避けていました。

     実は、けっこう好きなんですよね。こういう作業。

     で、買っちゃったわけです。

     誰かが背中を押してくれたんですよね。

     こちらの本です。これを読んだら、あなたもポチッと買っちゃうかも知れません。

    No.496

    Steve Jobs Special ジョブズと11人の証言Steve Jobs Special ジョブズと11人の証言
    (2012/09/27)
    NHKスペシャル取材班

    商品詳細を見る

     今日のトライ宣言です。

  • Try379:ビデオライブラリが眠ってませんか?動画編集で感情を伝えてみよう。

  • 続きを読む...


    theme : iPad genre : コンピュータ

    子供と大人の判断力

     今日は再びヒューリスティクスの話題を書きたいと思います。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     前回は「クーティーズ・ヒューリスティクス」という言葉を取りあげました。

  • Scheme403:3秒ルールとはクーティーズ・ヒューリスティクスによるもの。人の判断にはゆがみが常に存在する。

  •  今回は「なじみヒューリスティクス」を取りあげます。

     先週の9月1日、防災の日にNHKでは東日本大震災に関連したTV番組をやっていました。

     ちょうどこの本を読んでいたときだったので、その内容がこの本で紹介されていたヒューリスティクスに一致したんです。

  • NHKスペシャル「釜石の“奇跡”~いのちを守る特別授業~」

  •  3.11の大震災では大津波による甚大な被害がありました。そんな中で注目されているのが「釜石の奇跡」と呼ばれる釜石小学校134名全員が助かったという事実です。

     そこには偶然の奇跡ではない、子供達の行動がありました。

     それは避難訓練の成果でもあり、子供達のヒューリスティクスに左右されない判断力があったからでもありました。

    No.480

    思い違いの法則: じぶんの脳にだまされない20の法則思い違いの法則: じぶんの脳にだまされない20の法則
    (2012/04/05)
    レイ・ハーバート

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。
  • Scheme405:経験が想定を創り出し未来を見通す。それが判断をゆがめる危険性がある(なじみのヒューリスティクス)。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    3秒ルールとヒューリスティクス

     今日は「3秒ルール」について考えてみたいと思います。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     まず、こんなシチュエーションを想像してみて下さい。

    あなたはマクドナルドに親友と来ました。チキンナゲットの最後のひとつを食べようとしたところ、手から落ちてしまいました。

    「さてあなたは床に落ちたチキンナゲットを食べますか?」

     私だったら・・・。

    「3秒以内に拾えば大丈夫かな。と言って食べる。」

     これは一緒に食事する相手にもよると思いますが、気心知れた友人とならばこんな言葉で笑いながら食べちゃうでしょう。

     実は、こんな経験を私はアメリカ出張中に経験しました。相手はもちろんアメリカ人。

    No.480

    思い違いの法則: じぶんの脳にだまされない20の法則思い違いの法則: じぶんの脳にだまされない20の法則
    (2012/04/05)
    レイ・ハーバート

    商品詳細を見る

     今日のスキーマです。

  • Scheme404:3秒ルールとはクーティーズ・ヒューリスティクスによるもの。人の判断にはゆがみが常に存在する。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    私達の間にいるゴリラ

     今日は「錯覚」の本を紹介します。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     この本は、久々にインパクトがありました。

     私達は「錯覚」の存在は、当然ながら知っていても、自分がどれだけ錯覚によって、情報を失っているかという理解はほとんどありません。

     この本でインパクトがあったのは、過去の事件や、事故が錯覚によって引き起こされていたこと。

     このような事実が、実際には埋もれているのが現実です。

     第三者的立場から見ると、当たり前の事実でも、当事者には見えない事実があります。

     どういうことかというと・・・。

    No.472

    錯覚の科学錯覚の科学
    (2011/02/04)
    クリストファー・チャブリス、ダニエル・シモンズ 他

    商品詳細を見る

     まずこちらの動画を見て、質問に答えてみて下さい。

    「白いシャツを着たひとがパスした数は何回ですか?」



     この動画がいろんなことを教えてくれます。

     今日のスキーマです。

  • Scheme398:カラーバス効果の逆効果がゴリラを見えなくする。錯覚を認め、私達の間にいるゴリラを見つけよう。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    感動の図式

     今日は「感動」について書きたいと思います。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     「感動」とは、何かを感じることで心が動かされること。

     小説、映画、あるいは日常のエピソードでも、みなさん感動して涙したことがあると思います。

     こちらの本には、そんな感動的なエピソード「愛の奇跡の物語」が満載です。

     そんな感動を感じながら、どうして感動するのか?という感動の図式について考えてみました。

    No.446

    こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語こころのチキンスープ―愛の奇跡の物語
    (1995/07)
    ジャック キャンフィールド、マーク・ビクター ハンセン 他

    商品詳細を見る

     本来、そんなことを考える必要なんてなくて、ただ感じるままに感動してもらえればいいんです。

     今日は久々にカラーのマインドマップです。

    心のチキンスープ
    多ぁ望Map No.233


  • Scheme376:日常の風景と解釈していたら・・・。パラダイム・シフトが感動を与えてくれる。これが感動の図式。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    モチベーションを上げる方法

     最近、忙しくなってきました。こんにちは、コンセプトデザイナーの多ぁ望です。

     忙しくなってくると、やりたいことが後回しになって、うまくいかないことが積み上がってきます。

     そうなると、なかなか自分ではモチベーションを維持することが難しくなってきます。

     そんな中、ひとつ学んだことがあります。それが今日のスキーマです。

     最近、おなかまわりが気になってきて、運動しなきゃといつも考えています。でも、考えているだけで、なかなか行動には移せません。

     かつて、こんな報告をしたことがあります。

  • Task106:バージョン3.0のマインドマップを21枚描く!(21枚完 10.07.31)

  •  マインドマップを21枚描く!という目標を達成したことで、自分へのご褒美として自転車を購入しました。

     あれから、チャリ通が習慣化されているかというとなかなかそうはいきませんでした。

  • Try342:カラダを動かせば、脳は活性化される。モチベーションを上げるためにはカラダをまず動かそう。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    03月 | 2017年04月 | 05月
    - - - - - - 1
    2 3 4 5 6 7 8
    9 10 11 12 13 14 15
    16 17 18 19 20 21 22
    23 24 25 26 27 28 29
    30 - - - - - -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)