最新コミットメント

忘却は整理術のひとつ

 今日は「忘却」について書いてみたいと思います。

 あるきっかけで、この本にたどりつきました。初版は86年。今から24年も前の著作です。

 でも極めて、新鮮な内容でした。

 「思考の整理」ってタイトルをかかげる本はたくさんあるんですが、およそ「整理」に関する記述はないことがほとんどです。

 でもこの本は、

「なるほど、だから整理なのか。」

 と妙に納得できた本でした。そのキーワードは

「忘却」

 です。

 以前、こんな記事を紹介しました。手帳にメモして、安心して忘れよう!という姿勢です。

  • Scheme127:人間は忘れる動物。外部記憶を活用し、手帳に記憶を残そう。

  •  これはメモすれば、あとで思い出せるから。というねらいでした。

     でもその先に、本来のねらいがあったんですね。それをこの本が教えてくれました。

    フォトリーNo.139
    思考の整理学 (ちくま文庫)思考の整理学 (ちくま文庫)
    (1986/04/24)
    外山 滋比古

    商品詳細を見る


  • Scheme140:忘却は思考の整理の手順のひとつ。メモして忘れ、メモ見て思考すること。

  • 続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    ブログカテゴリを整理する

     多ぁ忙@新習慣クリエーターです。こんばんは。この肩書き、自分に対して、大きな効果がありそうです。昨日のスキーマでこんな言葉を書きました。

  • Scheme51:新習慣クリエーターとは、自分で習慣を作り出すひとであり、そして誰かの習慣を作り出すひとである

  •  「新習慣クリエーター」をこのように定義し、そしてそれを自分の名前と合わせて名乗る。これって、なんかネクタイをキュッと締めたような気分になります。
     毎日、ブログやメールなどで、この名前を自ら書くということは、「新習慣クリエーター」になることを潜在意識にたたき込むことになるような気がします。

     この考え方はすでに、神田正典さんのこの本でも書かれていました。

    非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣非常識な成功法則―お金と自由をもたらす8つの習慣
    (2002/06)
    神田 昌典

    商品詳細を見る

    続きを読む...


    theme : 資格・スキルアップ・仕事 genre : ビジネス

    tag : ブログカテゴリ

    これは読まねば。整理達人のスゴ技。

     またまたタイトルに負けて買ってしまいました。日経ビジネスAccosieの12/16号は「みるみる片づく、仕事がはかどる。整理達人のスゴ技」です。
     相変わらず、整理術の分野ではうまく習慣化できない私には、ぜひともすがりたい技を参考にしてみたいと思います。
     停滞中の項目がこれ。「Try6:文書整理の習慣へのトライ」もう一度書いておきます。

     1.毎週、月曜日は電子文書の整理
     2.毎週、木曜日は紙文書の整理


     今日はその特集の中からいくつか実践してみたい内容を紹介します。

    日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 12/16号 [雑誌]日経ビジネス Associe (アソシエ) 2008年 12/16号 [雑誌]
    (2008/12/02)
    不明

    商品詳細を見る

    続きを読む...


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    tag : 整理術 Associe 仕事楽ハック

    整理術講座1:超整理法に学ぶ

     本日のスキルアップ講座のテーマは「整理術」です。今回の講師は私ではありません。優秀な部下のひとり。順次全員に「講師」をやってもらおうと継続的に企画をしていきます。
     そんな彼が選んだ教科書は「超整理法」です。15年ほど昔の著作ですが、彼なりにアレンジした内容でプレゼンしてもらい、私も良い勉強になりました。この流れを継続してきたいと思っています。

    「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)「超」整理法―情報検索と発想の新システム (中公新書)
    (1993/11)
    野口 悠紀雄

    商品詳細を見る

     「押し出しファイリング」とか、「超整理手帳」などで有名な野口 悠紀雄氏の代表著作です。「超整理法」の特徴は図書館方式の分類に警笛を鳴らし、時間軸管理を推奨することです。

    整理術講座まとめ
    1.分類はなぜうまくいかないのか?

     一般的に項目等で分類しますが、その分類につまずいた経験は誰もがあると思います。このファイルはAの項目にいれるべきか?Bの項目にいれるべきか?どちらも該当する場合は多々あります。これをこうもり問題と呼びます。(こうもりは獣と鳥の両方の要素を持っていることに由来)

    2.整理方法比較結果
     ・図書館形式:内容で分類 徐々に崩壊していく 共有情報に適している
     ・辞典形式:五十音順で分類 名付けルール困難 崩壊していく 個人管理不向き
     ・時系列形式:分類しない 捨てる判断用意 個人管理に適している

    3.つまり分類せず、時系列に並べるだけ
     これが超整理法です。押し出しファイリングというのもこの時系列管理によって、古くなった物を捨てていくという手法です。ひとの記憶は時系列に強いそうです。
     まずは個人管理のファイルは時系列で並べてみましょう。そして、共有ファイルはきちんと分類すること。

    4.PCのファイル検索を活用しよう
     さて、本書では電子文書についての記述はありませんが、電子文書についての応用です。
     最近のPCはHDの容量も無尽蔵に増えていき、ファイルの再整理なんて、手にも負えない状況になっていることと思います。そんな時代には整理は二の次で、「見つかること」つまり検索機能を如何に利用するかだと思います。その基本はファイル名の付け方。これに気を遣うことで、より検索しやすくなります。

    5.Googleデスクトップ
     勝間和代さんの「自分をグーグル化する方法」で紹介されている、Googleデスクトップを私も使ってみました。あのGoogle検索エンジンを自分のPCのローカルファイルに利用するというもの。あらかじめインデックスが構築されるので、検索時間がほとんどかかりません。一瞬で検索結果が現れます。これがあると、ファイルの整理なんていらないかも。


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    魔法の3分整理術

    この週末に読んだ本を紹介します。9/6の「書類の山を持ち歩くひと」で書き込みましたが、今週末に整理術の講習会を予定しています。それにあたって、こんな本を選んでみました。自分も含めて、整理が得意のメンバーが少ないんです。なので高尚な整理術を紹介しても、挫折するだけという不安があります。そこでこれ。

    魔法の3分整理術  3つに分ければ3分で片づく魔法の3分整理術 3つに分ければ3分で片づく
    (2006/12/16)
    和田 茂夫

    商品詳細を見る

     まず、ネーミングがいいですね。よく書籍のタイトルはインパクトを求めるあまり、内容がタイトル負けしている本が多くあります。でもこの「魔法の3分」は十分タイトルに負けない内容が紹介されていました。
     細かく考えずに3つに分けることから整理をはじめる.このようなシンプルな考えをベースにすると3分程度の時間で整理が可能となる.そうなると,「整理しなきゃ」という強迫観念から解放されて,「整理を習慣づけなきゃ」とか考える必要もなく気づけば習慣になっている.そんな内容です.
     冒頭での紹介ではいろんな整理のハウツー本が注目されていますが,それぞれ実際にやってみようとすると整理が苦手なひとにとってはかなり難易度が高く,長続きしない.自分の得意な方ではないので妙に納得しました。気楽に整理を身につけたいと考えているひとにはこの3分整理術がお勧めです。几帳面でしっかり整理したい人はこのタイトルを見ても読まないでしょう。整理だけでなく、仕事の効率の良い進め方、スケジュールの立て方など参考になる内容もたくさん紹介されています。

    3分整理術のまとめ
    1.空間を3つにわける(3分する)

     必要度、優先度、利用度から決定する
    2.頻度の高い空間に絞って片づける(3分で整理)
     頻度の低い領域は整理しないと割り切る
    (いやー、整理術の本に整理しないで良いと書いてあるのは気持ちいいです。)
    3.パレートの法則
     20%の整理ができれば80%は問題なし

    最後に重要なことは「整理」のとらえ方です。
    Try13:整理を習慣にしようと考えない、自然に整理が習慣になるやり方を選び、実践する。それが3分整理術である。




    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    書類の山を持ち歩くひと

    あるプロジェクトの重要な議事録が翌日になっても、届かず本人に確認に行きました。

    1ヶ月くらい前に実施した「会議のやり方、議事録の取り方講座」ではSTEP3のフォロースルーと呼ぶ「議事録は開催日中に配信すること」がいかに大切か講義したはずなんですが。

    さて、忙しそうにパソコンに向かっているAさんに、昨日の議事録を見せて欲しいとお願いすると、

    Aさん:「すみません。まだ配信してませんでした」

    とわびながら、書類の山を切り崩し始めました。

    Aさん:「あれ、ここにあったはずなんですが・・・。」
    Aさん:「いや、今朝見てたので本当なんです。」


    その書類の山はくちゃくちゃになった紙も含めて厚さは、もはや5cmを超えています。

    5分後・・・。

    Aさん:「すみません。別の引き出しにありました。」


    多ぁ忙:「こんな書類の山もってる人、初めてみたよ。もっと整理しようよ。」

    Aさん:「いや、いつもは捨てる紙と、保管する紙をわけて持っているんですけど。」
    Aさん:「昨日、あわててたら、全部混ざっちゃってわからなくなっちゃったんです。」


    多ぁ忙:「それは整理しているうちには入らないよ。」
    多ぁ忙:「捨てる紙を持っているということは、捨ててないってことだよね?」


    彼の回答には非常にユーモアを感じましたが、笑いをとるために発言したのであれば、いいんですけど。彼は「整理」という概念を誤って認識しているようです。自らの意志で、理解し、整理することがどれだけの効率をあげるのか実感させたいと考えています。実はタイミング良く、次週の講習会は「整理術」です。というわけで、Tryコメントは次週予定します。

    PS:そんな私のバインダーの厚みも、たまに1cmになる。現在Try6を習慣化すべく継続中。


    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    文書整理の習慣を身につける

    こんにちは!FC2ブログトラックバックテーマ担当ほうじょうです。今日のテーマは、「この秋の『やるぞ!』はなんですか?」です。9月です。みなさん、9月ですよー!!夏休みの宿題終わりましたか!その宿題の一番初めの授業日が提出日ですか。「宿題やったけど家に忘れてきました」にならないようにいそいで、いそいでー。さ...
    FC2 トラックバックテーマ:「この秋の『やるぞ!』はなんですか?」



    わたしの「やるぞ」は日常の整理整頓を実行する。頭の整理をするためにはまず、身の回りから。

     1.毎週、月曜日は電子文書の整理
     2.毎週、木曜日は紙文書の整理

    これを続けます。そうそう、みなさん名刺の管理はもうデジタル化しているでしょうか。
    私はできていません。近々導入してみようかと思っています。これも新たなトライです。

    Try6:文書整理の習慣へのトライ
    毎週、電子文書、紙文書の整理の時間を決める。
    Task1:名刺のデジタル化 名刺スキャナの導入



    theme : 自己啓発 genre : ビジネス

    プロフィール

    多ぁ望@新習慣クリエイター

    Author

    多ぁ望@新習慣クリエイター
     多忙な毎日にめげず、日々、新たな習慣を身につけるべく、努力するエンジニア

    ストレングス・ファインダー
    1.戦略性
    2.最上志向
    3.親密性
    4.責任感
    5.着想

    詳細はこちらへ

  • 多ぁ望マインドマップ一覧
  • 多ぁ望のTWITTER
  • 多ぁ望のFaceBook
  • 多ぁ望のSlideShare
  • マイ・クレド

  • 新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ
  • 最新記事
    最新コメント
    FaceBook
    リンク
    お勧めコーナー by 多ぁ望
    Powered By FC2ブログ

    今すぐブログを作ろう!

    Powered By FC2ブログ

    このブログからのお知らせ

    このブログのねらい

     日々おなじような生活を送ってませんか?ちょっとした改善にチャレンジすることで、新たな一面が見えてきます。見つけよう自分のパラダイムシフト。

    多ぁ望のコミットメント

  • 最新一覧と目標達成度グラフ
  • Try:新たな習慣を得る行動
  • Task:「有言実行」の宣言
  • Scheme:行動から得た教訓
  • Check:目標達成状況
  • 多ぁ望のSMART目標設定

  • Phase13
  • ターゲット:15年02月28日
  • 何かのきっかけを得られる書籍を3冊以上紹介する
  • ワクワクする体験をアウトプット
  • 今までにないひらめきをコンセプト化
  • 以上条件のどれかを満たす記事が毎月7以上あること。
    カレンダー
    プルダウン 降順 昇順 年別

    02月 | 2017年03月 | 03月
    - - - 1 2 3 4
    5 6 7 8 9 10 11
    12 13 14 15 16 17 18
    19 20 21 22 23 24 25
    26 27 28 29 30 31 -


    カテゴリ
    NLP (7)
    スポンサードリンク
    読書記録(ブクログ)