FC2ブログ

地図は領土ではない

 今回はNLPについて学んできました。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 3月のセミナーに引き続き、オビワンによるNLPイントロ講座。

「地図は領土ではない」

 に参加してきました。

 前回受講した内容はこちらでレポートしています。

  • Scheme593:5つのキャラクターが脳内でマインドマップを描き起こす。それがインサイド・ヘッドで起きていること。

  •  実はこのときラストスパートでついていけなかった部分にNLPの内容が少し入っていました。

     今回はその部分にフォーカスした内容だったので、私にとっては続きのセミナーとして捉えることができました。

    160508オビワンNLPセミナー1

     今回も熱いトークで大きな気づきを与えてくれた大本インストラクターです。

  • Scheme596:リトルミーを飼い慣らせ!2つの問いでいつものパターンから脱却することが可能。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    成功と感じる理由、失敗と感じる理由

     今日は久々に本の紹介です。

     しばらくイベントレポートとかばかりだったので。

     このブログでは積極的に、自分が成功と感じたことをアウトプットするよう心がけてきました。

     もちろん時には失敗することもあります。

     でもそれは気の持ちよう。よく聞く言葉ですよね。

     あらためてこの本からそれを学びました。アンソニー・ロビンズによるNLPをベースとした自己啓発書です。

    フォトリーNo.194

    一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える一瞬で自分を変える法―世界No.1カリスマコーチが教える
    (2006/11)
    アンソニー ロビンズ

    商品詳細を見る


     「一瞬で自分を変える法」ってうそではありません。今ある自分を変える必要はありません。ただ解釈を変えるだけ。これは確かに一瞬で可能なんです。今日のスキーマです。

  • Scheme187:この世に失敗はない。あるのは結果だけ。結果と捕らえた瞬間に失敗から開放される。


  • テーマ: 自己啓発 | ジャンル: ビジネス

    「NLP速読術」と「フォトリーディング」

     NLPとは「神経言語プログラミング」と日本では呼ばれています。その応用の幅は広く、コーチング、学習、カウンセリングなどでよく耳にします。

     私の解釈としては人の行動を3つの視点でとらえて、得たい姿に向かう具体的なアプローチと理解しています。

    1.Neuro(神経=五感)
    2.Linguistic(言語=言葉と非言語)
    3.Programming(プログラム=潜在意識)


     人の行動は80%以上潜在意識でコントロールされていると言われています。そこには過去の経験で積み上げられた「自分のプログラム」が支配していて、その人の能力を制限していることがほとんどです。

     つまりそのプログラムを書き換えることができれば、より能力を引き出せることが可能になるわけです。

     さて今日紹介する本は、そんなNLPのテクニックを読書に応用した速読術の本です。

     この本を読んだら、フォトリーディングのスキルをより理解することができました。もともとフォトリーディングとはポール・シーリィ氏がNLPをベースに開発したものですからね。

    フォトリーNo.169

    NLP速読術~1冊10分で本が読める!時間がなくてもスキルアップ&試験合格~NLP速読術~1冊10分で本が読める!時間がなくてもスキルアップ&試験合格~
    (2010/01/08)
    松島直也

    商品詳細を見る


     今日のトライ宣言です。

  • Try259:マインドマップを描いたら、新行動生成を宣言しよう!

  • テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス

    自分とまわりの変化を楽しむために

     NLPとは人の行動は脳のプログラムにより決まるという考え方から、様々な分野で応用されるテクニックです。

     私は直接学んだことはありませんが、この方からいろいろとお話を聞く機会がありました。

  • ☆KIMUCO(きむこ)のCandy BOX☆

  •  KIMUCOさんが実際に学んだトレーナーの方の著作ということで、さっそく読んでみました。

     実はこのタイトルに惹かれたんです。

     なぜなら・・・。マイクレドにぴったり呼応したからです。

  • Scheme81:新たな試みでワクワクし、自分とみんなの変化を楽しむ

  •  こんなクレドを実現させてくれる魔法のトレーニングがきっとある。そう感じました。

    自分とまわりを変える魔法のNLP実践トレーニング (アスカビジネス)自分とまわりを変える魔法のNLP実践トレーニング (アスカビジネス)
    (2009/11/16)
    椎名 規夫

    商品詳細を見る


     さて、そのトレーニングとは・・・。これです。

  • Scheme117:相手は理解できないもの。自己決定感を持たせるプロセスを重視する。


  •  今までの考え方ではダメなんだという気づきがありました。

    テーマ: ビジネス書レビュー | ジャンル: ビジネス

    価値観の満足度をチェックする

     昨日のNLPセミナーの実践結果から引き続き、もう一つのステップを紹介します。
     それが「価値観の満足度」です。自分の価値観の優先順位を把握しておくことは、自分の行動を決める上で、重要なことです。これがないと、どう行動すべきか迷ってしまいます。

  • タイムマネジメント講座

  •  この記事で取り上げた「TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究」にその重要性が語られています。

    TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究TQ―心の安らぎを発見する時間管理の探究
    (1999/01)
    ハイラム・W. スミス

    商品詳細を見る


     実はこの優先順位を考えるのって、意外と難しいことだと昨日のセミナーの体験でわかりました。今日はその結果を使って、現在の満足度を確認してみようと思います。

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    NLPモチベーションアップ術を体感

     1月にコーチングセミナーを実施したことをレポートしました。これは自分が受講してきたセミナーを、今度は自分が講師になりきって、社内でセミナーを行うというもの。

  • Task13:コーチング・セミナーを部署内で実施する 1/21完了

  •  この企画は自分が受講して得たものを社内で共有するという目的で実施したんですが、それ以外に大きな効果がありました。それは次の3つでした。

    1.講師として実施するためにより理解を深めることができた
    2.今までのブログの記事を使って、オリジナリティを加えることができた
    3.社内でビジネススキル向上のニーズが高いことがわかった


     この経験が後押しして、第2回目を企画しました。今度は自分は事務局側および参加者側に徹して、後輩に講師をお任せしました。内容は以前も紹介したNLPセミナーです。
     今回のワークによるNLPテクニックの実体験のおかげでよりNLPを理解できました。今回の経験を加えて、以前のマインドマップも更新しました。NLPの概要についてはこちらの記事を参照ください。

  • 2/8:NLPによるモチベーションアップ術


  • 多ぁ忙Map No.0026(3/4更新)


    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    NLPによるモチベーションアップ術

     かつてから気になっていたNLPという名前。モチベーションを上げるとか、コーチングとかいろんな方面で活躍している手法と聞いていました。
     今回NLPのセミナーを受講した方から、セカンドティーチングをしてもらいました。このNLPに興味を持った理由はこんな疑問からでした。

    「モチベーションをあげて仕事しろ!」

     普段の職場でこんなこと言われてもどうしていいかわかりません。こんな漠然とした指示には答えられませんよね。決してこんな言葉を部下に言ってはいけません。

    モチベーションをあげる具体的な手法があるのか?

     今回こんなコンセプトでこのNLPについて講義を聞いてみました。今までも「モチベーション」について取り上げてきましたが、結論は

  • Scheme11:モチベーションは自ら引き起こすもの.

  •  と思っていました。上司がいくらがんばっても部下である本人がモチベーションを上げるしかないと。しかしそうではないようです。具体的に自分のモチベーションも、部下のモチベーションも大いに上げることができる手法が存在します。それがNLPです。


    多ぁ忙Map No.0026

    テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス