FC2ブログ

アクションの連鎖

 ストレングスファインダーを取りあげた楽描き会の最終レポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 前回は「グラフィックレコーディングde振り返り」として、グループでストレングスファインダーをどう活かすかのアイデアを考えて、発表してもらった内容を報告しました。

 これによって、参加者の主体的な行動につながっていくことを期待しています。

 さて、イベントが終わって以降の参加者からの動きを今回は紹介したいと思います。

  • 満席御礼!私達の強みを活かすための楽描き会 ~ストレングスファインダーで出会う新たな自分~

  •  楽描き会はグラフィックレコーディングを活用する場です。

     毎回、異なるテーマを選び、参加者と共に創りあげていく場をめざしてきました。

     今回もストレングスファインダーを講師の方から教えてもらい、わかったつもりで帰っていくということは避けたいと考えていました。

     そこで最後の1時間をもらって、グラレコを活用しながら、自分が今後どう活用していきたいのか?を皆さんと考えることとしました。

    1.私達の強みを活かすための楽描き会
    2.ストレングスファインダーの誤解と理解
    3.自分の取り扱い説明書
    4.グラフィックレコーディングde振り返り
    5.アクションの連鎖(本日の記事)


     誰かが行動し、「私、こんなことやってみました!」っていう報告が、誰かの背中を押すことになります。

     そして次の誰かが「私は、こんな工夫をしてみました!」というように、行動は連鎖していきます。

     ここに仲間と学ぶ価値があるんじゃないかなと感じています。

    SF楽描き会1

     今日のスキーマです。

  • Scheme746:誰かの行動がきかっけとなり、次の誰かの行動につながる。そのためには小さなアウトプットが鍵となる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    自分の取り扱い説明書

     2019年の最初の楽描き会、3回目のレポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今回は参加者のイベント終了後の感想からヒントをもらって書いていこうと思います。

  • 満席御礼!私達の強みを活かすための楽描き会 ~ストレングスファインダーで出会う新たな自分~

  •  この診断結果を活用すると、34もの資質から自分の特徴が見えてくるので、さまざまな気づきが得られます。

     それは言い換えると、こんなことが実感できます。

    「なるほど!自分はこういうひとだったのか。」

     そこにはこれまで気づかなかったこともあったり。

     改めて、自分の強みに自信を持ってたり。

     あるいは自分の弱みを自覚して、あきらめることも大切です。

    1.私達の強みを活かすための楽描き会
    2.ストレングスファインダーの誤解と理解(本日の記事)
    3.自分の取り扱い説明書(本日の記事)
    4.グラフィックレコーディングde振り返り
    5.アクションの連鎖


     というわけで、今回は学んだことを活かして自分の説明書を書き残してみようと思います。

    SF楽描き会8

     今日のスキーマです。

     グラフィックレコーディングde振り返り

  • Scheme744:34資質から自分の取り扱い説明書を書いてみる。それが自分を楽にして、強くしてくれる。
  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ストレングスファインダーの誤解と理解

     2019年の最初の楽描き会、2回目のレポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     今回からストレングスファインダーの中身に入っていきます。

  • 満席御礼!私達の強みを活かすための楽描き会 ~ストレングスファインダーで出会う新たな自分~

  •  実際に診断を受けた方は、その内容を理解し、このワークショップに参加する意味を十分に理解できていると思います。

     一方で、その中身を知らないひとにとって、34もの資質に分解する理由がそもそもわからないという方もいるかと思います。

     2回目のレポートはそんな疑問に答えていこうと思います。私にとっても今回初めて理解が深まったところがたくさんありました。

    1.私達の強みを活かすための楽描き会
    2.ストレングスファインダーの誤解と理解(本日の記事)
    3.自分の取り扱い説明書
    4.グラフィックレコーディングde振り返り
    5.アクションの連鎖


     こちらは講師の森川さんと、主催の5さんとの3ショットです。このイラストは森川さん作。うまいです!!

    SF楽描き会6

     今日のスキーマです。

  • Scheme743:人と違うのは当たり前。自分とは違う前提でコミュニケーションを取ろう。
  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    IAFから学んだこと

     IAFのファイナルレポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     ここまで多ぁ望がチャレンジした経緯と、その思い、そして結果について紹介してきました。

     あるきっかけをもらい、そのチャンスをつかみ、そしてやったことない世界へ飛び込んでみる。

     大きな期待も持ちつつ、当然、不安もありました。

     でもやってみれば、それ以上のフィードバックが得られることも実感できました。

     今回はIAF2018を経験して、今後どう活動していきたいか?を整理していこうと思います。

  • IAF Asia Conference 2018: Osaka, Japan September "Co-Creating Learning Communities"

  • 1.Dance with chaos
    2.Challenges make the results
    3.That’s our Graphic team
    4.世界の近さ
    5.IAFから学んだこと(本日の記事)


     このグラレコがよい結果を創り出してくれました。

    IAF2018-グラレコ2
    多ぁ望Map No.0316


     今日のスキーマです。

  • Scheme726:Imagination with reality gives self-affirmation. It is a source of action power.

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    グラレコとは?ファシグラとは?

     前回はVFFのワークショップについて紹介しました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • ビジュアルファシリテーションフォーラム2017 〜描くことで開かれる道〜

  •  今回はテーマセッションのひとつをレポートしたいと思います。

    1.ビジュアルファシリテーションフォーラムのインパクト
    2.グラフィックレコーダーのアウトプット
    3.感情を道具化するエモグラフィ
    4.グラレコとは?ファシグラとは?(本日の記事)
    5.グラレコからビジュアルファシリテーションへ


     スケッチノート3ページ目がこちら。

    VFF-グラレコ3

    多ぁ望Map No.0297

     今回取りあげるテーマセッションはこちらです。

    「語り合う、学び合う場を作る」

     今日のスキーマです。

  • Scheme661:目的に応じた手法を選択できるテキスト言語とビジュアル言語のバイリンガルをめざそう。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    グラフィックレコーダーのアウトプット

     前回からビジュアルファシリテーションフォーラムのレポートを書いています。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • ビジュアルファシリテーションフォーラム2017 〜描くことで開かれる道〜

  •  このイベントにはグラレコを日々活用しているグラフィックレコーダーが全国から集まってきました。

     例えば、なんらかのセミナーを受けたときに、その講義録をマインドマップをつかって取っている方を見かけたことがあるかもしれません。

     そうすると・・・。

    「すてきなノートですね。」

    「変わった描き方ですね。」

    「マインドマップ使っているんですね。」


     というような物珍しそうな目線で、声をかけてくれる方がいます。最近では「マインドマップ」という言葉がある程度、認知されてきているように思います。

     では「グラレコ」でノートを取っていたとしたら?

     正直にあまり出会ったことがないので、想像ができません。

     マインドマップでもめずらしいのに、グラレコを使っている方はもっと少ないように感じています。

     でも、10/22の一日は、全く違った世界でした。

    1.ビジュアルファシリテーションフォーラムのインパクト
    2.グラフィックレコーダーのアウトプット(本日の記事)
    3.感情を道具化するエモグラフィ
    4.グラレコとは?ファシグラとは?
    5.グラレコからビジュアルファシリテーションへ


     最近では講義録をマインドマップとグラレコとたまに使い分けて描いています。今回はVFFなので当然、グラレコで記録を残そうとはりきって脳をフル回転してました。

     その様子を1枚残しておきました。

    VFF2017-8

     このようなグラレコを使ったノート術をスケッチノートと呼んでいます。

     前を見ると同じようにスケッチノートを取っている方が・・・。

     今日のスキーマです。

  • Scheme659:グラレコ隊が描くアウトプットとは、多くの参加者によって作られた作品である。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ビジュアルファシリテーションフォーラムのインパクト

     先日、大きなイベントに参加してきました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     そのイベントはこちらです。

  • ビジュアルファシリテーションフォーラム2017 〜描くことで開かれる道〜

  •  第3回グラフィックレコーディング勉強会を宇都宮で開催した際に、講師陣より告知のあったイベントが開催されました。

     昨年からグラレコにハマっている私ですが、全国からグラレコの強者が集まるってことで興味津々。

     想像以上のインパクトを受けて帰ってきました。

     5回シリーズで、レポートしていきたいと思います。

    1.ビジュアルファシリテーションフォーラムのインパクト(本日の記事)
    2.グラフィックレコーダーのアウトプット
    3.感情を道具化するエモグラフィ
    4.グラレコとは?ファシグラとは?
    5.グラレコからビジュアルファシリテーションへ


     まずこの写真を見て下さい。

    VFF2017-1

     ものすごい箱の数・・・。

     その箱にはグラレコが!

     今日のスキーマです。

  • Scheme658:ビジュアルファシリテーションの世界は広い。描くことで開かれる道は無限にある。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    そして続けられるグラレコへ

     さてグラレコ勉強会のレポートが5回目となりました。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第3弾

  •  第3回目のグラレコ勉強会のテーマはこちらでした。

    「まずは始める。そして続けられるグラレコへ。」

    1.グラレコ勉強会「チャレンジ編!」のねらい
    2.リアルタイムグラレコのジレンマ
    3.グラレコでチームワークを加速しよう!
    4.ペンが滑るようになった瞬間
    5.そして続けられるグラレコへ(本日の記事)


     どうやったらグラレコを身につけられるのか?

     どうやったらグラレコの練習を続けられるのか?

     そんなことを最終レポートでは書いていきたいと思います。

    グラレコ実践会

     続けるためには実践あるのみ! というわけで11月に実践会を行います。

  • グラフィックレコーディング実践会 in 宇都宮 第2章

  •  実践会に参加して、続けられる自信をつかみましょう! 皆さんのご参加お待ちしております。

     今日のタスク宣言です。

  • Task184:グラレコ実践会第2章を開催する。続けるためには筋トレを共に楽しむ仲間が必要である。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    ペンが滑るようになった瞬間

     今回はグラレコ勉強会のもうひとつの特徴に注目したいと思います。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第3弾

  •  第1回目のレポートではグラレコ勉強会の特徴に触れました。

     それはノートを取らないこと。

     その代わり、A3の紙をガンガンつかって、描きまくるのです。

     でもやっぱり、勉強会で学んだことって振り返りたくなりますよね。私もセミナーに参加したときは、必ず講義録を取るタイプなので、なんだかメモを取らないのはモヤモヤします。

     もうひとつの特徴とは、かならずグラレコ勉強会に「グラフィック・レコーダー」がいること。

     今回はココに注目します。

    1.グラレコ勉強会「チャレンジ編!」のねらい
    2.リアルタイムグラレコのジレンマ
    3.グラレコでチームワークを加速しよう!
    4.ペンが滑るようになった瞬間(本日の記事)
    5.そして続けられるグラレコへ


     第3弾でグラフィック・レコーダーをつとめてもらったのは講師陣のヒロミツさんです。

    グラレコ第3弾チャレンジ編11

     表舞台デビューということでしたが、そんなことは微塵も感じさせない堂々とした姿勢と集中力、そしてグラレコの表現力。圧巻でした。

     今日のトライ宣言です。

  • Try439:グラレコの目標はペンの滑る瞬間をつかむこと。緊張を超えた先に見えてくる状態がある。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    グラレコでチームワークを加速しよう!

     3回目のグラレコ勉強会のレポートはグループワークを取りあげます。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

  • グラフィックレコーディング勉強会 in 宇都宮 第3弾

  •  グラレコ勉強会第3弾となる今回は「チャレンジ編!」としました。

     第1弾、第2弾と参加しても、なかなか使えてないという声が多く、実際にグラレコの効果を体験できるようなワークを希望していました。

     今回、グラレコ講師陣が用意してくれたグループワークはまさにそのためのもの。

     例えば、5人くらいのグループで意見をまとめるってなかなか難しいですよね。

     そんなシチュエーションを作り出し、グループをまとめるためにグラレコを活用しよう!というワークを紹介していきます。

    1.グラレコ勉強会「チャレンジ編!」のねらい
    2.リアルタイムグラレコのジレンマ
    3.グラレコでチームワークを加速しよう!(本日の記事)
    4.ペンが滑るようになった瞬間
    5.そして続けられるグラレコへ


    グラレコ第3弾チャレンジ編7

     今日のスキーマです。

  • Scheme656:グラレコは情報を整理する道具である。使い方は十人十色。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス