FC2ブログ

SIMみや第3回シナリオミーティング

 ようやく楽描き会のレポートが完了したところですが、もう一つレポートが。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 それはSIMうつのみや2030に向けた活動報告です。

 前回は第2回のシナリオミーティングを行いました。

  • Scheme733:未来を描くために重要なことは問いづくりである。そこができれば未来が見えてくる。

  •  ここでは4つの2030年の未来を描き、想定されるシナリオを作っていこうという構想をつくりました。

     今回は、おなじ問いで学生さんに考えてもらった新たな軸を参考にして、未来観についてもう一度イメージを固めていきました。

     その問いとはこちらです。

    「どのようにしたら住んでる人も、住んでない人もFANになれる宇都宮を実現できるだろうか?」

     第3回の参加メンバーで記念撮影。ポーズは宇都宮の「U」です。

    SIMみや第3回ミーティング1

     今日のスキーマです。

  • Scheme738:未来観を導くなら物語のメタファーを設定せよ。それが想像力を引き出してくれる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    離のABDへ

     守のABD、破のABDを体験し、次は離です。こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     こちらの楽描き会の最終レポートとなりました。

  • ActiveBookDialogueのための楽描き会 〜チームワークが読書を変える〜

  •  今回はこれまでの経験を振り返り、「離のABD」に向けた課題と新たなアイデアを残しておこうと思います。

    1.ActiveBookDialogueのための楽描き会
    2.守のABDを体験する
    3.グラレコチームが読書を変える
    4.破のABDを創り出す
    5.離のABDへ(本日の記事)


     そのアイデアを新たなActiveBookDialogueとして、やってみたいと思います。ご期待ください。

    ABD楽描き会27

     
  • Task188:グラレコ・サマライズで1冊の本を1枚へ。離のABDへチャレンジする。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    破のABDを創り出す

     さて楽描き会ならではのABDとは? こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     ActiveBookDialogueは参加者全員で1冊の本を一気に読む手法です。

     今回の楽描き会ではAMに1冊を読み、PMにもう1冊をグラレコを活用してまとめる方法にチャレンジしました。

  • ActiveBookDialogueのための楽描き会 〜チームワークが読書を変える〜

  •  4回目のレポートは「破のABD」ということで、基本ルールを破った新たなABDを紹介していきます。

    1.ActiveBookDialogueのための楽描き会
    2.守のABDを体験する
    3.グラレコチームが読書を変える
    4.破のABDを創り出す(本日の記事)
    5.離のABDへ


     前回紹介したように、こちらの問いに対してグループワークで答えを考えていきました。

    「どのようにしたらグラレコを活用して、もっとABDを楽しくできるだろうか?」

     そこから出てきたアイデアを実践したら、こんなABDとなりました。

    ABD楽描き会14

     いやー、このグラレコ+ABDの組み合わせはバッチリでした。あまりに面白かったのでもう再び企画したいと思っています。

  • Scheme737:グラレコABDは理解のスピードを加速させる。これが破のABDである。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス