見えてきた次のチャレンジ

 「グラレコ・リーディングのための楽描き会」の最終レポートです。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

 このイベントは読書会とグラレコを組み合わせたワークショップでした。

  • グラレコリーディングのための楽描き会

  •  読書会なので、各自がもってきた本をその場でグラレコにまとめることと、さらに仲間が持ち寄った本を交換し、初めて読むオンをグラレコにすることを体験してもらいました。

     そしてさ最後にグループワークを通して読書に対する気づきなどをシェアしてもらいました。

     今回はその部分と、今後のアクションについて紹介していきます。

    1.プルーストとグラレコ
    2.私にもできた体験の提供
    3.フレームワークのプラスマイナス
    4.未来へ求められるリテラシーとは?
    5.見えてきた次のチャレンジ(本日の記事)


     振り返りのやり方には様々なフレームワークがありますが、イマイチしっくりこなかったので勝手ながらこんなフレームワークをつくってみました。

    YNAフレーム

     です。

    グラレコリーディング8


     今日のトライ宣言です。

  • Try442:YNAフレームで振り返りをまとめよう。そこから必ずチャレンジが見えてくる。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    未来へ求められるリテラシーとは?

     今度は「リテラシー」という言葉に注目します。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     最近はいろんなところでこの言葉が氾濫しているような気がします。

  • グラレコリーディングのための楽描き会

  •  ITリテラシーとか、情報リテラシー、ネットリテラシーなどなど。

     今回は私もひとつ○○リテラシーって言葉を作ってみました。

    1.プルーストとグラレコ
    2.私にもできた体験の提供
    3.フレームワークのプラスマイナス
    4.未来へ求められるリテラシーとは?(本日の記事)
    5.見えてきた次のチャレンジ


     以前、「レポーティング・コンフィデンス」では文章を組み立てる上で、二つのアプローチを紹介しました。

     それはたくさんの事実から結論を導く帰納法と、全体像から先に結論を類推する演繹法です。

     今回のグラレコリーディングにも当てはまります。

     この演繹法のアプローチを今回からグラレコ思考と呼ぶことにしました。

    グラレコリーディング6

     今日のスキーマです。

  • Scheme683:グラレコ力=ビジュアル・リテラシーこそ、次に求められるスキルである。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス

    フレームワークのプラスマイナス

     「フレームワーク」という言葉は良く聞きますよね。 こんにちは、Aha2ファシリテーターの多ぁ望です。

     SWOT分析とか、3Cフレームワークとか、4Pとかとか。

     これらは予め整理のやり方がフレームとして用意されているため、そこに当てはめればある程度の答えが導けるという便利な道具です。

  • グラレコリーディングのための楽描き会

  •  今回は「グラレコリーディング」という新しい読書スタイルにチャレンジしてもらいました。

     そこでグラレコを描きやすくするためのテンプレートを用意しました。これがフレームワークのひとつです。

    1.プルーストとグラレコ
    2.私にもできた体験の提供
    3.フレームワークのプラスマイナス(本日の記事)
    4.未来へ求められるリテラシーとは?
    5.見えてきた次のチャレンジ


     そんなフレームワークにも良いところと、悪いところがあります。そこを理解して活用していきたいものです。

    グラレコリーディング3

     今日のスキーマです。

  • Scheme682:フレームワークに頼ってはグラレコ力はつかない。自ら創り出すこと。

  • テーマ: 資格・スキルアップ・仕事 | ジャンル: ビジネス